食品偽装問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

食品偽装(しょくひんぎそう)とは、食品に対して何らかの偽装を行う行為のことである。

食料品の小売り・卸売りや飲食店での商品提供において、生産地、原材料、消費期限賞味期限、食用の適否などについて、本来とは異なった表示を行なった状態で、流通・市販がなされることがある。販売以外の目的で偽装を行う場合もある(牛肉偽装事件など)。

事件化された件については、食品偽装事件とも言う。

偽装の種類[編集]

  • 産地偽装 - 生産地を偽って表示する。
  • 原材料偽装 - 原材料を偽って表示する。
  • 消費期限・賞味期限偽装 - 消費期限および賞味期限を本来より後の日付に偽って表示する。
  • 食用の適否の偽装 - 食用でないとされたものを食用と偽って販売する。

飲食店のメニューに産地や原材料を偽って掲載することはメニュー偽装と呼ばれる。

主な偽装事件[編集]

発覚した時期の順に示す。

関連する法令[編集]

参考文献[編集]

  • 『危ない食卓 十九世紀イギリス文学に見る食と毒』横山茂雄編 新人物往来社 2008年
  • 『食品偽装の歴史』ビー・ウィルソン/高儀進訳、白水社、2009年7月

関連項目[編集]