赤福餅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
赤福餅
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

赤福餅(あかふくもち)は、三重県伊勢市和菓子赤福和菓子商品である。餅菓子であり、いわゆるあんころ餅の一種。餅を漉し餡でくるんだもので、漉し餡には三つの筋が付き、五十鈴川の川の流れを表しているとされる。餅は傾けて持ち帰ると崩れることがあるほど非常にやわらかい。

「ええじゃないか」のテレビCMと「赤太郎」というキャラクターで知られ、中京近畿圏のJR線主要駅や近鉄沿線の特急停車駅、サービスエリア百貨店空港売店などで、広範囲に発売されている(遠くは岡山県でも販売された)。この販売エリアは伊勢神宮の信仰が特に強い地域とほぼ等しいという説もある[要出典]。基本的に直営店と在庫を管理する営業所の近辺に限られる。

茶店風の本店が伊勢神宮内宮前のおかげ横丁にあり、そこでは例年、夏場に「赤福氷」という、抹茶氷に赤福餅を入れたもの、冬場は赤福の餅と餡を使った「ぜんざい」が供されている。この「赤福氷」と「赤福ぜんざい」は、本店の他に、伊勢志摩地区・名古屋地区・大阪地区の一部の直営店でも、季節限定品として供されている。

来歴[編集]

正確な創業年は不明だが、江戸時代初期には皇大神宮(伊勢神宮内宮)前、五十鈴川のほとりで既に「赤福」の屋号を持つ餅屋が存在したといわれる。1707年宝永4年)執筆、1708年(宝永5年)刊行の市中軒浮世草子美景蒔絵松』に、伊勢古市の女が「(恋仲になった男が)赤福とやら青福とやら云ふあたゝかな餅屋に聟に入りを見向きもしなくなってしまい、その裏切りがくやしうて泣いております」と嘆いたという話があり、これが「赤福」の屋号の初出である。そのため、現在は1707年を赤福の創業年としている。

赤福」の名は1895年明治28年)の『神都名勝誌』では、餡を入れた餅を大福と呼ぶ対比として、赤い餡をつけた餅であるから赤福と称したと推察している。1929年昭和4年)の『宇治山田市史』ではこの説を採用し、その他の説はこじつけであるとしている[1]が、赤福のホームページではまごころ(赤心)をつくすことで素直に他人の幸せを喜ぶことが出来る(慶福)という意味の「赤心慶福」(せきしんけいふく)に由来するとしている。名前の「赤」にちなんで包装も商品名のロゴも赤いが菓子自体の色は厳密には小豆色であり赤ではない[2]

赤福もち製造風景

当初は、砂糖が貴重品であったために味の餡であった。1727年江戸幕府の8代将軍徳川吉宗が砂糖の原料となるサトウキビの栽培を奨励し、砂糖の生産高が増えたことから、赤福も次第に黒砂糖餡を使うようになった。 1911年明治44年)、昭憲皇太后明治天皇皇后)が神宮参拝の折、赤福餅を注文した。赤福は、甘みと灰汁の強い黒砂糖餡では、「皇后陛下のお口に合わないのではないか」と案じ、白砂糖餡の特製品を献上した結果、無事好評を博したという。この結果、一般販売にも白砂糖餡を使うようになり、現行の赤福餅が完成した。赤福では、昭憲皇太后の注文を受けた5月19日を「ほまれの日」と定め、包装紙にも「ほまれの赤福」と称するようになった[3]。 しばらくの間は、黒砂糖餡を「赤福」、白砂糖餡を「ほまれの赤福」として販売していたが、その後後者に統一された。なお消費期限及び製造日、原材料表示偽装事件発覚後、営業再開した新パッケージでは、「ほまれの」と言う文字は削除された。

パッケージと製品表示[編集]

商品包装紙の上面には伊勢神宮の神殿と内宮前の宇治橋が、底側には赤福にちなんだ俳句が記されている。また箱の中には、「伊勢だより」というその日にちなんだ文章と絵の入った紙片が入っており、500種類ほどある。

保存料を使わない生菓子であり、本来の消費期限は夏期は製造年月日を含め2日間、冬期は3日間である。創業300年となった2007年に、冷凍保存していた製品を、解凍日を製造年月日として出荷していたこと、さらに売れ残り商品の再利用をしていたことが明るみに出た。三重県が10月19日より「赤福」を無期限の営業禁止処分としたことで(2008年1月30日に解除)、経営問題に発展した。このことについては、後掲消費期限及び製造日、原材料表示偽装事件を参照。

2008年度は、2月6日の販売再開時から5月16日までの間と、同年10月11日から翌年2009年5月17日までが冬季用の消費期限設定に、2008年5月17日より10月10日までの間は、夏季用の消費期限が設定された。包装紙の底側の俳句は、冬季用は正岡子規の句が、夏季用は山口誓子の句が記された。また折箱や銘々箱の帯封は、冬季用が臙脂色、夏季用が水色となっている。原材料表記も「砂糖・小豆(北海道産)・餅米(国産)」と書かれていることは共通であるが、冬季用は「糖類加工品(大豆を含む)」を使用している旨が追記されているのに対し、夏季用は表記の原材料のみの使用のため、追記は除外されている。

なお2008年2月6日の営業再開時から3月末までは前述の「伊勢だより」に替えて、不祥事のお詫びと営業再開についての挨拶文が入れられていたが、4月1日より「伊勢だより」が再び入れられるようになった。またこの「伊勢だより」には社長名も入れられていたが、不祥事後の営業が再開されてからは社長名は入れられていない。また2008年5月17日より、包装紙に記載される製造年月日(「謹製」と表示)と消費期限の年月日の表示も、これまでの西暦表示から、元号表示に変更された。

上記の消費期限の設定や配達日数の関係もあり、地方配送は例年、気温の高い6~10月の間以外のみ対応している。

コマーシャル[編集]

長年、赤太郎という侍をイメージしたマンガのキャラクターがCMに登場し「伊勢の名物・赤福餅はええじゃないか」のCMソング(作曲:宮崎尚志・歌:藤田まこと成田賢他)とともに人気を博した。また、このCMソングをオフヴォーカルで使った企業イメージCMも、名古屋・大阪地区を中心に放映された(「赤福伊勢だより」シリーズなど)。

赤太郎のキャラは、三重県の県域新聞社・伊勢新聞(朝刊専売)の1面題字下に赤福提供で連日掲載していた「まんが天気予報」にも登場した(これは三重県を北中部、南部、伊賀の3地域に分けて天気予報を掲載し、それに関連した赤太郎のイラストを掲載していたというもの)。他に週刊文春週刊新潮に広告を掲載。また、伊勢市・鳥羽市・志摩市周辺の国道沿いや近鉄の駅には赤福の広告看板が多数設置されている。

なお、後述する消費期限及び製造日、原材料表示偽装事件のため、一時期、これらのCM・広告掲載は自粛した(伊勢新聞の天気予報記事も中止)。

主な商品と2008年2月現在の価格[編集]

赤福餅中折箱
  • 小折箱 8個入 700円
  • 中折箱 12個入 1,000円
  • 大折箱 20個入 1,700円(2008年2月の販売再開直後に取り扱いを中止。その後2009年11月18日より取り扱いが再開された。)
  • 銘々箱(2個入)220円
  • 三個パック(3個入)280円
  • 店頭飲食のみ
    • 盆(3個入1盆とほうじ茶) 280円(ほうじ茶は併設されているイカ焼き等を提供する店の客にも振舞われている)
    • 赤福氷(あかふくこおり) 500円 夏季(5~9月頃)のみ
    • 赤福ぜんざい 500円 冬季(10~4月頃)のみ
    • 赤福冷やしぜんざい 500円 夏季(5~10月頃)のみ、二見支店、鳥羽支店、外宮前特設店限定

2008年度は「赤福氷」が、5月30日に五十鈴川店と鳥羽支店で、6月は4日に内宮前支店・二見プラザ店と、ジェイアール名古屋タカシマヤ松坂屋名古屋本店の直営店「赤福茶屋」で、18日に本店向かいの別店舗で販売を開始し、いずれも9月~10月頃まで販売された(終了日は店舗により異なる)。

また「赤福ぜんざい」については、10月18日より内宮前支店・五十鈴川店・鳥羽支店・二見プラザ店と、上記名古屋市内の直営「赤福茶屋」2店で、11月8日に本店向かいの別店舗で販売を開始し、いずれも2009年4月頃まで販売された(終了日は店舗により異なる)。

「赤福冷やしぜんざい」は、2009年に二見支店で試験的に出され、2010年より鳥羽支店でも供するようになった。2012年には新規開店した、外宮前特設店にも拡大した。

赤福氷。抹茶シロップかき氷である。 
かき氷の中に赤福の餡と餅が別々に入っている。 
中折箱 12個入 
冷やしぜんざいと盆 

朔日餅(ついたちもち)[編集]

毎月(1月を除く)1日にその月にちなんで発売される餅。

朔日参り(とは元来は太陰太陽暦である和暦旧暦における新月でもある月の1日のこと)の参拝客へのもてなし用に1978年に発売開始した。 開始当時は、店で食べるのみであったが、後に持ち帰り用が発売されるようになり、現在では、本店及び四日市市名古屋市大阪市神戸市にある百貨店内の直営店で予約販売をするようになった。

本店では午前4時45分から発売開始するが、買い求める人が長蛇の列を作り悪質な場所取りや近隣への騒音が問題になってきたため、整理券を午前3時30分から配付するようにした。ところが、まもなく整理券待ちの長蛇の列が発生するようになった。

整理券を受け取った時間待ちの客を目当てに、周辺のおはらい町やおかげ横丁にはこの日のみ早朝営業する店舗があるほか、朝市なども深夜から行われるようになった。

2007年度は、10月の営業停止処分により、11月・12月分は中止となった。その後2008年度は再開第一号として、8月1日に八朔粟餅が伊勢市内の本店にて販売された。なお2008年12月27日に赤福は、翌年2009年3月1日以降、各月の朔日餅の販売を本格的に再開する予定である、とのプレスリリースを発表した。そして翌年2009年3月1日より、各月の朔日餅の販売が本格的に再開された。

朔日餅の例
立春大吉餅(2月)

各月の内容は次のとおり

おかげ横丁[編集]

「赤福」が『約300年間変わらず商いを続けてこられたのもお伊勢さんのおかげ』との感謝の気持ちを込めて立ち上げた、現代の鳥居前町。伊勢の代表的な建築様式を取り入れた町並みに、四十あまりの伊勢名物の店舗が軒を並べており、おみやげ購入やつまみ食いを楽しめる無料のミニテーマパーク(一部有料の資料館あり)となっている。

企業としての赤福[編集]

株式会社 赤福
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
516-0025
三重県伊勢市宇治中之切町26番地
設立 1954年
事業内容 和菓子の製造・販売
代表者 濱田勝子(代表取締役社母兼社長)
資本金 7,700万円
売上高 約92億円(2013年9月期)
従業員数 527名(平成24年10月1日現在)
関係する人物 濱田益嗣
外部リンク http://www.akafuku.co.jp/
テンプレートを表示

現在の代表取締役社長は12代目(企業化4代目)の濱田勝子(はまだ まさるこ。株式会社初代社長[4]・濱田ますの孫である濱田益嗣(はまだ ますたね)の妻。前社長・濱田典保の母)。2014年4月23日より現職。非上場企業であり、赤福の発行済み株式は濱田一族が大株主の濱田総業が84%を保有。残りは益嗣と典保が二分している[5][6]

企業としても、伊勢市における影響力は大きく、10代目・2代社長で元会長の濱田益嗣は伊勢商工会議所会頭を兼ねていた(消費期限偽装問題の責任を取って会長は2007年10月31日付で、会頭は同じく10月18日付で辞職)。伝統企業の国際組織であるエノキアン協会会員企業(他には清酒大手の月桂冠などが加盟している)。

2013年2月28日には、新設のサッカー場「伊勢フットボールヴィレッジ」のピッチ2面とクラブハウスなどを伊勢市へ寄贈した。総事業費15億円中、13億円を赤福が負担している。2007年の当初計画では7面のピッチを計画していたが、次項の#消費期限及び製造日、原材料表示偽装事件により計画を中断。5面に縮小した上で、2011年より工事を再開して完成させた[7]。『日本経済新聞』によると、サッカー場への出資は典保が主導で行った[8]

11代目・3代社長の濱田典保(益嗣の子)は2005年10月就任し、益嗣の辞職後は代表権を持ち名実共に経営の実権を握った。この時、外部から会長として玉井英二を迎えている。しかし2014年4月23日、赤福は臨時株主総会で典保を退任させ、益嗣の妻である勝子を後任社長に選任した。またこの時、平取締役として赤福に留まっていた玉井も退任した[9][10]。『毎日新聞』によると、関係者の話として、典保は「家業から企業へ」を掲げて近代的な企業経営への転換を図り、2008年に64億円だった売上高を2013年には92億円に押し上げたが、そこで従来の「家業型」経営を重視する益嗣と対立し、典保の実質的な解任劇に及んだという。典保は代表権のない会長に棚上げされた[11]。赤福は社長交代について、4月23日付で「経営体制変更のため」と発表した[9]。公式サイトでは、代表者・勝子は「代表取締役社母兼社長」という肩書で表示されている。

消費期限及び製造日、原材料表示偽装事件[編集]

経緯[編集]

2007年10月12日、食品の品質表示などを定めた農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律JAS法)違反容疑で農林水産省及び伊勢保健所の立ち入り調査を受けていることがわかった。関係者によれば、夏場に製造日と消費期限を偽ったことがあると伊勢保健所に情報が入り、その結果9月19日より農水省と伊勢保健所が任意調査を行ったという。

農水省[12]によると、赤福は出荷の際余った餅を冷凍保存して、解凍した時点を製造年月日に偽装して出荷していた。赤福は、解凍しての再包装を「まき直し」と称していた。

偽装は、未出荷のものもあれば、配送車に積んだまま持ち帰ったものもあった。さらには回収した赤福餅を、餅と餡に分けて、それぞれ「むき餅」「むき餡」と称して、自社内での材料に再利用させたり、関連会社へ原料として販売していた事実も発覚した。

偽装品の出荷量は、平成16年(2004年)9月1日から平成19年(2007年)8月31日までの間に、6,054,459箱(総出荷量の約18%)に上り、これ以外の期間にも日常的に出荷していた。10月18日23時赤福側が緊急会見を発表し、売れ残った商品を製造日を偽装再出荷したことを認めた[13]

これは食品衛生法違反行為であり、農林水産省は本社工場等を強制調査方針。これを受けて三重県は行政処分として19日より無期限営業禁止処分方針を決めた。また、原材料表示では、使用した重量順に「砂糖、小豆、もち米」と表示すべきところを、「小豆、もち米、砂糖」と表示していた。但し、赤福のまき直し行為は十数年前から地元保健所が把握していて、JAS法担当部署に連絡しなかった不作為行為が発覚。行政責任も問われている[14]

この問題が発覚後、三重県内や名古屋市大阪市など東海近畿売店、百貨店などでは赤福餅の販売を自粛し、伊勢市の赤福本店は臨時休業となった[15]。また、時事通信によれば、製造日偽装は34年前から行っていた[16]。さらに『日本経済新聞』は、少なくとも40年前(1967年頃)から偽装を始めていたと報じた[17]

10月31日付で濱田益嗣が会長職を辞任した後、12月14日に玉井英二を新会長とするなどの新人事を発表した。しかし、濱田典保は社長を留任した(ただしそれ以外の濱田一族は取締役を退任)。加えて前会長の益嗣は、いくつかの会合で、「新会長は飾りもので、二、三年もすれば、自分が会長に復帰する。自由の身のいまの間に、関連会社をばんばん作る」と発言したという[18]。その後の典保退任などについては#企業としての赤福を参照。

また、赤福は11月12日にJAS法を根拠とした東海農政局の指示に従って、改善報告書を提出した。『中日新聞』は報告書の開示を求めたが、東海農政局は目次などを除き大部分を塗り潰して公開し、また添付資料の公開には応じなかった。東海農政局は、「赤福の競争上の地位や利益を害する恐れがある」「公にすることが前提となれば、(企業が記述する)報告書の内容が不十分になる恐れがある」などの理由を挙げた[19]

神宮への初詣でにぎわう正月は書き入れ時だが、2008年正月の営業再開は断念した。ただし、おかげ横丁運営の「伊勢福」など、関連企業のほとんどは通常通りに営業された。

赤福本体ではその間に、冷凍設備の撤去や、老朽化した設備の改修などを進めた。製造ラインには新たに、製品の再包装・再出荷と言った不正行為を防止するために、製造年月日(「謹製」と表示)を包装紙だけでなく、折箱の側面にも印刷する印字装置も設置された。

三重県に、1月中に完了の報告がなかったため、営業再開は2月の見込みとなった[20]。 偽装発覚前、赤福餅は直営21店、委託(駅、サービスエリア、土産物店など)307店で販売されていたが、営業再開後は当面、直営21店のみでの販売を予定していることも明らかになった[21]

1月25日、改善作業の終了を伊勢保健所に報告。1月28日より、伊勢保健所は営業解禁に向けた最終確認のため立ち入り検査を行った[22]

赤福本店

営業再開と現在の販売体制[編集]

2008年1月30日、三重県は赤福に対し営業禁止処分を解除した。これを受けて2月6日より、本店・内宮前支店・五十鈴川店の伊勢市内直営3店で、続いて2月12日より、松坂屋名古屋本店とジェイアール名古屋タカシマヤ内の直営店「赤福茶屋」で営業を再開した。

上記名古屋市内の「赤福茶屋」2店において、不祥事発覚以前は、名古屋営業所で製造された赤福餅が出されていたが、現在は伊勢市内の本社工場で製造された赤福餅が出されるようになった。

3月3日からは、近畿・東海2府5県にある、12の直営店(百貨店の和菓子売り場が中心)と、120の委託販売店(JR・近鉄の主要駅や空港の売店の一部、高速道路の一部サービスエリアなど)で販売が再開された。

委託販売店の再開はその後も続き、3月10日に13店、4月は1日に49店と21日に9店、5月は12日に8店と19日に14店が再開した。さらに6月は4日に直営2店と委託3店、23日には委託5店が、7月は7日に委託2店、10日に直営1店、21日に委託3店が、8月4日には委託1店が再開した。

9月は既存の委託2店が販売を中止した代わりに、10月に委託2店が新たに販売を再開した(いずれも店舗周辺の改築のため)。11月と12月にも、それぞれ委託店が1店ずつ再開した。

2009年は委託販売店が、2月と3月に各1店ずつ、4月に2店が新たに販売を開始したことにより、同時点で直営20店・委託233店の計253店にて販売されている。濱田典保社長によると、2009年2月の段階で、一昨年(の偽装発覚以前)に比べ、7割程度まで売上が回復したが、製造の3%は売れ残りとして廃棄処分となっているという[23]

なお、その他の店舗での販売の再開、並びに百貨店等での特別販売については、「取引先の要請があれば[24]」準備をすすめ次第、逐次再開するとしている。そんな中で久々の特別販売として、2008年10月15日から24日までの間、三越日本橋本店の催事場にて特別販売が行われた。

また地方配送については、2008年10月8日より、伊勢志摩地区の直営店(本店・内宮前支店・五十鈴川店・二見支店・鳥羽支店・伊勢市駅売店・宇治山田駅売店)と宅配係の直通電話にて、10月11日発送(12日到着)分以降の受付を再開した。また2009年3月6日より、赤福のホームページにて宅配の受付(3月7日発送(8日到着)分より)も行われた。ただし、発送ができるのは12個入りの中折箱のみであった。なお、2008年度の宅配の受付は、2009年5月15日受付(5月16日発送(17日到着))分で終了した。保存の問題上、6月から9月まで夏季の間、地方配送は行われていないので注意が必要である(2009年度以降も、10月から翌年5月までの対応としている)。

朔日餅については、2009年3月1日より、毎月1日毎の販売を再開した。

関連会社の問題[編集]

問題発覚以前から、関連会社を含めて製造年月日等に関する赤福餅に対する疑惑がなかったわけではない。「余った餅を、関連企業のマスヤおにぎりせんべいに再利用している」という都市伝説が存在し、マスヤ[25]と赤福が公式に否定したことがあった。マスヤの回答にあるように、赤福餅はもち米、おにぎりせんべいは粳米を使用しており、両者の融通はあり得ない。ただしその後の調査で、マスヤより分社した和菓子製造部門の「和菓子の万寿や」において、「むきあん」の再利用が発覚した[26]。「むきあん」は2000年5月から2007年1月の間、あんの3割に使われていた[27]。これを受け、万寿や製品を販売していた小売店は販売を自粛。万寿やはCSR(CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY)委員会を設置し、コンプライアンスなどの再認識を行った。2008年1月より、小売店の多くは万寿や製品の取り扱いを再開した。

なお、万寿やは生活協同組合に、朔日餅の廉価版的存在である「一週餅」を卸している。この製品については、初めから冷凍食品として販売され、むしろ冷凍技術の優秀さをアピールしていた[28]。「むきあん」使用発覚に伴い、「一週餅」の販売も中止された[29]。その後、他の製品と共に取り扱いを再開したが、売れ行き低迷で2014年から年4回の「四季のおくりもの」に改められた[30]

また、2007年12月11日、同じく関連企業の「益屋本店」も賞味期限切れの和菓子を販売していたことが判明。特に、本店の喫茶スペースで販売された和菓子は9割が賞味期限切れだった。同社は12月7日付で和菓子販売の廃業を届け出て、会社の清算を表明したため、三重県は処分を見送った。

関連企業[編集]

赤福(右)と五十鈴茶屋(中央)の各五十鈴川支店
  • 伊勢福 - 「おかげ横丁」企画運営
  • マスヤ - 米菓製造・販売
  • 伊勢萬 - 酒造・販売
  • 伊勢壽 - レストラン中華料理店「陶陶」、イタリア料理店「ロッソアンティーコ(ROSSO ANTICO)」など
  • 濱田カンパニー - 菓子箱製造・販売
  • 濱田総業 - 「五十鈴茶屋」運営、商標・不動産管理
  • 五十鈴茶屋 - 和菓子専門店。季節に合わせた和菓子を販売。
  • もめん屋藍 - 松阪木綿専門店
  • 伊勢ガードシステム - 警備保障業務

類似の製品[編集]

赤福に似た形状のあんころ餅は各地にある。中でも御福餅は赤福と同様、江戸時代に創業し、伊勢市で製造・販売されているあんころ餅で、波形の形状も赤福とそっくりであり、ピンク色基調のパッケージも赤福と同様である[31][32]。ほかに三重県伊賀市名阪国道下り線の伊賀インターチェンジ横にある伊賀ドライブインでは「伊賀福」と称する類似品が発売されている。これは赤福に比べ餡の色が薄く甘さも控えめである[32]

赤福はこれらの類似品について「その件に関しまして、私ども赤福本社は、特に申し上げることもございません」と回答している[32]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『宇治山田市史 上巻 第六庶業篇 第四節名産 赤福餅 』(宇治山田市役所編、昭和4年1月20日発行、昭和63年復刻、国書刊行会発行、p.623)
  2. ^ 実際の色にかかわらず、「赤あん」は小豆あんの別名として使われている。赤インゲンなどのあんを指すこともある。餡#餡の分類参照。
  3. ^ 「ほまれの赤福」誕生
  4. ^ 当主の代数には数えていない。
  5. ^ 老舗和菓子「赤福」、突然の社長交代 後継は母 - 『日本経済新聞』 2014/4/24
  6. ^ 赤福社長を解任、後継に母 元社長の父と対立 2014年4月24日 17時06分 - 『中日新聞
  7. ^ 【三重】 伊勢に赤福寄贈のサッカー場完成 2013年3月1日 - 『中日新聞』 中平雄大
  8. ^ ひび割れた「赤福」 和菓子老舗の仰天人事 2014/5/9 7:00 - 『日本経済新聞』 岡本憲明 全文閲覧は会員登録が必要
  9. ^ a b 代表取締役の異動及び 取締役の異動に関するお知らせ - 赤福 代表取締役社母兼社長 濱田勝子
  10. ^ 会長退任年月は未詳。
  11. ^ 赤福:社長、突然の解任 父と対立、後継は母 毎日新聞 2014年04月24日 07時30分(最終更新 04月24日 09時00分) - 『毎日新聞』 谷口拓未
  12. ^ 平成19年10月12日 農林水産省 株式会社赤福が販売した商品(商品名「赤福餅」)における不適正表示に対する措置について
  13. ^ 中日新聞 2007年10月18日付
  14. ^ 中日新聞 2007年10月14日付
  15. ^ 伊勢名物「赤福餅」、製造年月日を偽装表示の疑い Yomiuri Online 読売新聞 2007年10月12日
  16. ^ 赤福、34年前から製造日偽装=最大14日改ざん-農水省が是正指示 時事通信社 2007年10月12日
  17. ^ 赤福改ざん、40年前から――「まき直し」「先付け」など 『日本経済新聞』、2007年10月23日
  18. ^ "偽装" 偽装の再建?  ― 赤福の営業再開問題 『伊勢新聞』
  19. ^ 「競争上、赤福の利益に害」 農政局が黒塗り“公開” 『中日新聞』 2007年12月21日
  20. ^ 営業禁止解除は2月に 赤福、改修完了未報告で  『中日新聞』、2008年1月22日
  21. ^ 赤福再開、21店に限定方針 当面、本店と直営のみ  『中日新聞』、2008年1月24日
  22. ^ 赤福本社工場、保健所が立ち入り検査 改修工事完了で  『朝日新聞』、2008年1月28日
  23. ^ 『朝日新聞』三重県版 「【とことんインタビュー】 赤福社長 浜田典保さん(46) 2009年02月06日
  24. ^ 赤福、6日に営業再開 本店など伊勢の直営3店で 『中日新聞』、2008年2月1日
  25. ^ https://web.archive.org/web/20071124024918/http://www.masuya.co.jp/syohin/qa/index.html 商品案内] 株式会社マスヤ、ウェブアーカイブによる保存。「おにぎりせんべいは、赤福餅の残りでつくっているとの「うわさ」は本当ですか?。」の項目を参照
  26. ^ 赤福プレスリリース
  27. ^ 【07.11.13】㈱和菓子の万寿や商品の企画中止について(2) - 生活協同組合コープみえ
  28. ^ 一週餅 ― 株式会社和菓子の万寿や 三重県伊勢市 ― - 生活協同組合コープみえ、ウェブアーカイブによる保存
  29. ^ 生活協同組合コープみえ 【07.10.22】㈱和菓子の万寿や商品の企画中止について(1)
  30. ^ コープみえの商品 季節が感じられる和菓子セットができあがりました「四季のおくりもの」 ―伊賀商品活動をすすめる会― - 生活協同組合コープみえ
  31. ^ 18世紀から共存共栄している伊勢名物『赤福餅』と『御福餅』 - 週刊ポスト2011年12月16日号
  32. ^ a b c 三重県にある銘菓「赤福」に似た「赤福そっくりさん」たちの実態に迫る! - OFFICE-SANGA、マイナビニュース、2014年1月19日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]