クロス・アンド・ブラックウェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
C&B社のピクルスの広告。1870年〜1900年頃のものと思われる

クロス・アンド・ブラックウェルCrosse & Blackwell、略称: C&B)は、1706年イギリスで創業した食品会社。

もともとスープの仕出しなどをする「ウェスト・アンド・ワイアット」という会社を、従業員のエドモンド・クロスとトーマス・ブラックウェルが1830年に買い取り、現在知られる名前になった。以後会社の規模を拡大し、貴族のパーティー、議会の催し物、宴会などを受注したり、缶詰瓶詰乾燥食品などの保存食品調味料香辛料などの販売も手がけるようになった。日本ではカレー粉のメーカーとして知られているが、カレー粉はこの会社の数多い取扱い品目のひとつにすぎず、初めて販売したときの資料も会社に残っていないという[1]

1950年スイスネスレ社によって買収され、2002年に手放された。現在はアメリカ合衆国J.M.スマッカー社の傘下に入っている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 森枝卓士『カレーライスと日本人』(講談社新書) 講談社、1989年7月 ISBN 4061489372

外部リンク[編集]