風のクロノア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

風のクロノア(かぜのクロノア)は、旧ナムコおよびバンダイナムコゲームスから発売されている、日本アクションゲームシリーズ

概要[編集]

1997年12月11日プレイステーションゲームソフトとして第1作『風のクロノア door to phantomile』が発売。以降、対応プラットフォームを拡大し、多数のジャンルでシリーズ化されて発売された。

シリーズ作品[編集]

シリーズの設定・世界観[編集]

世界観[編集]

風のクロノアシリーズは各ゲームの繋がりが薄く、特定の繋がりは明示されていない。

1997年〜2001年作品
夢を渡り歩く力を持っている「夢見る黒き旅人」クロノアと、彼が訪れる世界、そして自らの存在と運命を知ることになるクロノアを描いた作品。据置型ゲーム機作品ではファントマイル語の存在が大きな特徴である。
2002年作品
2001年から2003年まで別冊コロコロコミックで連載された『疾風天国 風のクロノア』を境に世界観が一新され、クロノアはヒーローを目指す少年的なキャラクターになった。また、過去作品のキャラクターたち(作品毎に舞台は異世界であった)が共存するなど、パラレルワールド的な内容になっている。

ファントマイル語[編集]

初期作品ではクロノアたちが架空の言語を喋り、画面上ではその日本語訳が表示されるという演出でストーリーが進んでいく。これは当時のハードでは日本語を発音させたとき違和感が生じる、聞き取りにくい、イメージを損なう等の恐れがあったため、その解決策として考案されたと言われている。

独自の単語や文法に基づいた完全な独立言語であるが、一部実在の言語を参考にしていたり、スキー用語などをもじって利用しているものもある。例えば、ガディウスの喋る言語はドイツ語が基になっている[1]。また、ファントマイル語はゲームに登場する言語の総称であるが、各キャラクターはイメージ作りのため別の言語を喋る設定であり(別言語でも翻訳無しに意思疎通する)例えばクロノアが喋る、わ行・は行・ら行を中心とした言語をクロノア語とするなど、使用するキャラクター+語という名前で呼ぶこともある。

音楽[編集]

井村絵里子を中心とし、大久保博中西哲一小沢純子、柿埜嘉奈子、高橋コウタ、辰田朋子、堀込高樹、柴野浩美、といったスタッフが楽曲制作に関わっている。

なお上記のうち、井村絵里子、小沢純子、堀込高樹は既に同社を退社している。

キャラクター[編集]

クロノアのゲスト出演[編集]

クロノアは様々なナムコ(現:バンダイナムコゲームス)のゲームにゲスト出演している。名称のみが登場した場合もあった。

出演した作品[編集]

ここではクロノアが登場した作品を紹介する。

  • アルペンレーサー3』(PS2) - 隠しキャラとしてクロノアが登場。『風のクロノア2』などにおけるフロートボード姿での登場。
  • ケロロRPG 騎士と武者と伝説の海賊』(DS) - サポートキャラクターとしてクロノアが登場。
  • スマッシュコート3』(PS) - 隠しキャラとしてクロノアが登場。
  • 太鼓の達人シリーズ
    • 『太鼓の達人 タタコンでドドンがドン』(PS2) - 『風のクロノア2』から「STEPPING WIND」が収録(後にAC版『太鼓の達人4』にも移植)。踊り子としても登場。
    • 『太鼓の達人 あっぱれ三代目』(PS2) - 「わっふ〜音頭」という曲がある。踊り子としても登場。
    • 『太鼓の達人(新筐体)』(AC) - 「The Windmill Song」が2013年12月11日のアップデート「モモイロVer.」にて収録。
  • NAMCO x CAPCOM』(PS2) - プレイヤーユニットとしてクロノア&ガンツ、敵ボスとしてジョーカーとジャンガ、ザコ敵としてムゥ一族、サブキャラとしてロロと大巫女が登場。キャラクター設定は『クロノアヒーローズ』、クロノア関連のステージは『風のクロノア2』をそれぞれベースにしている。
  • テイルズ オブ ハーツ』(DS) - サポートキャラクターとしてクロノアが登場。
  • ファミリーテニスアドバンス』(GBA) - 操作キャラクターとして登場。
  • プロ野球 ファミスタ2011』(3DS) - ナムコスターズの選手として登場。過去のファミスタシリーズでも1996年の『ワールドスタジアムEX』より不定期で登場していた。
  • MotoGP』(PS2) - 隠しライダーとしてクロノアが登場。マシンに「96」と描かれている。
  • 『ワールドキックス』(AC) - 隠しチーム「ナムコ90'チーム」の一員としてクロノアが登場。デザインはPS版『door to phantomile』がベース。

名称のみ登場した作品[編集]

ここでは名称のみ登場した作品を紹介する。

  • ゼノサーガ エピソードI[力への意志]』(PS2) - 『ビーチバレー』の宣伝のため、クロノアがシオンにメールを送信してくる。
  • ことばのパズル もじぴったん』(PS2) - 「くろのあ」や「かぜのくろのあ」と並べると意味が出てくる。また、『風のクロノア』をテーマとしたステージがいくつか存在し、背景がクロノア、BGMが『風のクロノア2』の「Going to Lunatea」となっている。
  • ファミリースタジアム2003』(GC) - ナムコスターズの本拠地球場として「クロノアスタジアム」が登場。クロノア選手も3番セカンドで登場。

アイテムなどで登場した作品[編集]

本人が登場した訳ではないが、アイテムや背景などで登場した作品を紹介する。

メディアミックス[編集]

漫画[編集]

以下の漫画作品が刊行されている。

ウェブコミック[編集]

2012年9月26日より、バンダイナムコゲームスのウェブコミックサイト「ShiftyLook」にて、ウェブコミック『KLONOA: Dream Traveller of Noctis Sol』(脚本:ジム・ザブ、作画:ありがひとし)の英語版が連載開始され、2012年11月18日には「ShiftyLook」日本語版対応と共に同作の日本語版も公開された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『風のクロノア 〜Door to Phantomile〜 公認ガイドブック』小学館、ISBN 9784091026149

外部リンク[編集]