阿保剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

阿保 剛(あぼ たけし)は、日本ゲーム音楽作曲家。1990年代中頃より株式会社KIDのサウンドスタッフとして、同社が発売した多数の恋愛アドベンチャーゲームの音楽、効果音を担当した。2006年12月にKIDが倒産した後、株式会社5pb.(現株式会社MAGES.)に入社、同社の音楽関連の活動に携わる。

作風など[編集]

  • ピアノの音色を多用するスタイルを取っている。また、ゲームミュージックとしては珍しく、1曲あたりの演奏時間が比較的長め(3~4分)の作品が多い。
  • 英国のポップスやダンスミュージックの影響を色濃く受けている音作りである。
  • 音楽制作ソフトはPropellerhead社のReasonおよびYAMAHA社のCubaseを愛用。近年のプレイステーション2作品では、Reasonで制作したものをストリーミングで演奏しているものがほとんどである。
  • 作曲のペースはかなり速いらしく、KID時代に作曲した数は毎年100曲前後に上った。また、作曲だけでなく編曲や打ち込み、効果音までを一手に担う。

人物[編集]

  • ファンから貰った感想に積極的に返事をするなど、大変気さくな人物である。
  • 大変な自動車好きであり、しばしば一般参加の出来るカートレースに参加している。
  • 音楽制作には他の多くの作曲家と同じくMacintoshを愛用している。

ホンダ・プレリュードの愛好家でもある。

代表作[編集]

外部リンク[編集]