暁のアマネカと蒼い巨神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
暁のアマネカと蒼い巨神
ゲーム:暁のアマネカと蒼い巨神
暁のアマネカと蒼い巨神 -パシアテ文明研究会興亡記-(Xbox 360・PSP)
ゲームジャンル 冒険部運営アドベンチャー(PC)
アドベンチャー(Xbox 360・PSP)
対応機種 Windows 2000/XP/Vista (PC)
Xbox 360PSP
必要環境 ※以下全てPC
CPU:Pentium 1GHz以上必須
メモリ:256MB以上
ビデオカード:64MB以上でDirectX9.0以降に対応したグラフィックカード
サウンド:DirectX9.0と完全互換のあるドライバを備えたサウンドカード
ハードディスク:3GB以上の空き容量
DirectX:9.0以上
推奨環境 CPU:Pentium4以降
開発元 工画堂スタジオくまさんちーむ
発売元 日本の旗工画堂スタジオ(PC)
日本の旗サイバーフロント(Xbox 360・PSP)
中華民国の旗 松崗科技(PC中国語)
キャラクターデザイン 駒都えーじ
メディア DVD-ROM(PC・Xbox 360)
UMD(PSP)
プレイ人数 1人
発売日 2008年5月30日(PC)
2010年3月11日(Xbox 360・PSP)
レイティング C(CERO)(Xbox 360・PSP)
画面サイズ 800×600以上、フルカラー(PC)
その他 シナリオ:竹内なおゆき
テンプレート - ノート

暁のアマネカと蒼い巨神』(あかつきのアマネカとあおいきょじん)は、工画堂スタジオより2008年5月30日に発売された一般向けPCゲーム台湾でも「發明工坊3 蒼之巨神」のタイトルで発売されている。

概要[編集]

Deep-Blueシリーズ」として、他のシリーズ作品と世界観を共有している。くまさんちーむによる駒都えーじの原画担当作としては第3弾に当たり、最初に発表されたときのタイトルは「帝国ジュニアアカデミー冒険部」(仮題)。 シナリオも、「蒼い海のトリスティア」、「蒼い空のネオスフィア」に続いて、竹内なおゆきが担当する。

2010年3月11日には、Xbox 360PlayStation Portableサイバーフロントから発売された。

ストーリー[編集]

帝国ジュニアアカデミーに通うアマネカ・マッハバスターは、傲岸不遜な性格ながらアカデミートップクラスの成績を誇る非常に優秀な学生。だが、その胸の内には世界征服という野望を抱いていた。そんな彼女が巻き起こす騒動と活躍、それに巻き込まれるパシテア文明研究会・通称パシ研部員達の姿を描いた物語。

キャラクター[編集]

Deep-Blueシリーズの登場人物を参照。

設定・用語[編集]

詳細はDeep-Blueシリーズを参照。

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]