酒井雄哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字のは公式の表記と異なる可能性があります。

酒井雄哉さかい ゆうさい1926年(大正15年)9月5日 - 2013年(平成25年)9月23日 ) は天台宗僧侶比叡山延暦寺千日回峰行を2度満行した行者として知られる。天台宗北嶺大行満大阿闍梨、大僧正、比叡山一山 飯室不動堂長寿院住職を務めた。

経歴[編集]

海軍入隊から得度まで[編集]

大阪市玉造生まれ。旧制中学卒業後、昭和16年(1941年慶應義塾商業学校慶應義塾大学の夜間商業学校)に入学。落第生で卒業が危ぶまれたため、慶應義塾の教授に薦められ、昭和19年(1944年)、熊本県人吉予科練に入隊した。そこで半年間の訓練を受けた後、宮崎の宮崎海軍航空隊(後の松島海軍航空隊、陸上攻撃機)所属を経て、鹿児島県鹿屋飛行場に移る。特別攻撃隊員として終戦を迎えた。

戦後は図書館職員を諸事情により職場放棄、ラーメン屋を開業するが火事で廃業、株売買の代理店を始めるが大暴落で1億円の負債を抱え借金取りに追われ、そば屋の店員、菓子店のセールスマンなど職を転々とする。33歳のとき結婚するが、結婚早々奥さんが大阪の実家に帰ってしまったため、連れ戻そうと迎えに行ったことがきっかけで妻が自殺してしまうという事件があり、ショックを受けて以後抜け殻のような生活を送る。そのことがきっかけで39歳のとき得度し比叡山延暦寺に入る。千日回峰行に挑む前には、明治時代に死者が出て以来中断していた「常行三昧」という厳しい行を達成。

千日回峰行[編集]

1973年(昭和48年)より千日回峰行を開始し、1980年(昭和55年)10月に満行した。この行の様子は1979年(昭和54年)1月5日NHK特集『行~比叡山・千日回峰~』で放送された。

しかし酒井はこれに満足せず、半年後に2度目の千日回峰行に入った。そして、1987年(昭和62年)7月、60歳という最高齢で2度目の満行を達成した。2度の回峰行を達成したものは1000年を越える比叡山の歴史の中でも3人しかいない。

その後[編集]

1990年(平成2年)、15年ぶりに下山。厳しい護摩供のほか国内各地、中国五台山エジプトシナイ山などを巡礼。1995年(平成7年)にはバチカンローマ法王ヨハネ・パウロ2世にも謁見している。同年、仏教伝道文化賞(功労賞)受賞。晩年は、比叡山麓の飯室谷不動堂に住み活動した。

2008年(平成20年)にはエジプトを訪問した。

2013年(平成25年)、心不全のため死去[1] 。87歳。

著書[編集]

  • 『比叡山・千日回峯行 酒井雄哉画賛集』(寺田みのる画 小学館 2001)のち文庫 
  • 『一日一生』(2008年 朝日新書ISBN 978-4022732385
  • 『人の心は歩く早さがちょうどいい』(2010年 PHP研究所ISBN 978-4569777757
  • 『賢(かしこ)バカ」になっちゃいけないよ』(2010年 PHP研究所) ISBN 978-4569790114
  • 『ムダなことなどひとつもない』(2011年 PHP研究所) ISBN 978-4569801827
  • 『いのち輝く癒しの言葉阿闍梨問答集』日文新書 2011
  • 『今できることをやればいい』(2012年 PHP研究所) ISBN 978-4569806952
  • 『がんばらなくていいんだよ』(2013年 PHP研究所) ISBN 978-4569810522
  • 『あなたには幸せになる力がある』PHP研究所 2013
  • 『この世に命を授かりもうして』幻冬舎ルネッサンス新書 2013

共著[編集]

  • 『生き抜く力をもらう』(孔健との共著 ビジネス社 2003)
  • 『「いま」このときを、生きる -仏さまと論語の教え 仏教と儒教の対話が導く「生きる智慧」』(孔健との共著日本文芸社 2009) ISBN 978-4537257281
  • 『幸せはすべて脳の中にある』茂木健一郎共著 朝日新書 2010
  • 『この世で大切なものってなんですか』池上彰共著 朝日新書 2011

写真集[編集]

  • 西川勇 写真・文『行 : 比叡山千日回峰 酒井雄哉師の足跡』(1981年、講談社) ISBN 4061293516

ドキュメント[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]