赤と黒の十字架

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
赤と黒の十字架
The Scarlet and the Black
監督 ジェリー・ロンドン
脚本 デヴィッド・バトラー
製作 ビル・マッカッチェン
出演者 グレゴリー・ペック
クリストファー・プラマー
ジョン・ギールグッド
バーバラ・ブーシェ
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 ジュゼッペ・ロトゥンノ
公開 1983年2月2日
上映時間 143分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

赤と黒の十字架』 (The Scarlet and the Black) は、グレゴリー・ペッククリストファー・プラマー主演による1983年のTV映画。

この映画は、J. P. ギャラガーの小説『バチカンの紅はこべ』(1967年出版)を原作とし、実在のアイルランド人カトリック司教、ヒュー・オフラハーティを描いた物語である。彼はナチス・ドイツ軍占領下のローマにおいて、数千人のユダヤ人や脱走した連合軍捕虜を助けた。

あらすじ[編集]

1943年、ドイツ占領下のローマでは、ヘルベルト・カプラー大佐の指揮するゲシュタポによる数々の残虐行為が目撃されていた。アイルランド人司教、ヒュー・オフラハーティは、教皇ピウス12世の下、バチカンに勤めていた。公式にはバチカンは中立にもかかわらず、また自らの教会における地位と身の安全に対する重大な危険にもかかわらず、オフラハーティはナチスの手からユダヤ人や連合軍捕虜を救うべく、巨大な民間ネットワークを組織した。オフラハーティが連合軍捕虜に隠れ家を提供していることに気づいたカプラー大佐は、バチカン周縁に白線を引くよう命じた。後に、この境界線に沿ってドイツ兵を配置し、出入国者の身分証を査照し、これによりオフラハーティが手助けする捕虜の流入を防ごうとした。映画では、レジスタンスの闘士を支援していた司祭を拷問・処刑するゲシュタポの残忍な戦術を描いている。そしてカプラーはオフラハーティの活動阻止を狙うのみならず、彼の暗殺を考える。

キャスト[編集]

グレゴリー・ペック:ヒュー・オフラハーティ司教

クリストファー・プラマー:ヘルベルト・カプラーSS中佐

ジョン・ギールグッド:教皇ピウス12世

ラフ・バローネ:ヴィットリオ神父

ケン・コリー:ヒルシュSS大尉

ウオルター・ゴテル:マックス・ヘルムSS大将

バーバラ・ブーシェ:ミーナ・カプラー

ジュリアン・ハロウェイ:アルフレッド・ウェスト(イギリス大使館員)

アンジェロ・インファンティ:モロシーニ神父

オルガ・カラトス:フランチェスカ・ロンバルド(ローマ市民)

マイケル・ビルヌ:リーンハード・ベック (ゲシュタポ)

T. P. マッケンナ:ハインリッヒ・ヒムラー長官

バーノン・ドッチェフ:ランゲンタール伯爵(スイス領事)

ジョン・テリー:ジャック・マニング米中尉

ピーター・バートン:ダルシー・オズボーン卿(イギリス公使)

フィリップ・ハットン:ハリー・バーネット英中尉

マーク・ルイス:レス・テイト米伍長

ファビアナ・ウデニオ:ジュリア・ロンバルド(ローマ市民)

レモ・レモッティ:ラビ・レオーネ(ユダヤ系ローマ市民代表)

ジョヴァンニ・クリッパ:サイモン・ワイズ(ユダヤ系ローマ市民)


トリビア[編集]

登場人物のマックス・ヘルム将軍は、実在のカール・ヴォルフ親衛隊大将を完全なモデルとしている。彼は1944年に、イタリア親衛隊及び警察指導者を務めた。このSS将軍は、1981年にはまだ存命であったため、映画ではヴォルフの実名を使用することができなかった。彼が亡くなったのは1984年である。

映画詳細[編集]

  • 別タイトル : 「スカーレット&ブラック」(テレビ東京放映時)、The Vatican Pimpernel、Scarlatto e nero(イタリア語版)
  • 制作 : 1983年
  • 公開 : 米/英/伊
  • 言語 : 英語/ドイツ語/イタリア語
  • 色彩 : カラー
  • 上映時間 : 143分

受賞[編集]

1983年、赤と黒の十字架は、エミー賞の Outstanding Film Editing for a Limited Series or a Special 部門でノミネートされた。

外部リンク[編集]