西古川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西古川駅*
駅舎
駅舎
にしふるかわ - Nishi-Furukawa
塚目 (3.8km)
(3.2km) 東大崎
所在地 宮城県大崎市古川新堀字旭町1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 陸羽東線
キロ程 15.9km(小牛田起点)
電報略号 ニフ
ニヒ(改称前)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
503人/日(降車客含まず)
-2003年-
開業年月日 1913年大正2年)4月20日
備考 無人駅(自動券売機 有)
* 1957年に中新田駅から改称

西古川駅(にしふるかわえき)は、宮城県大崎市古川新堀字旭町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)陸羽東線である。加美郡加美町の中心部である旧中新田町の最寄駅でもある。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅である。ホーム上には木造の待合室がある。駅舎との間は跨線橋で連絡している。

以前は駅員の配置があったが、現在は無人駅で、自動券売機も簡易型のものに変更されている。古川駅管理。

のりば[編集]

1 陸羽東線(下り) 鳴子温泉新庄方面
2 陸羽東線(上り) 古川小牛田方面

利用状況[編集]

  • 2003年度の乗車人員は1日平均503人である。
乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員
2000 571
2001 588
2002 568
2003 503

駅周辺[編集]

周辺は住宅が多い。タクシーの待ち合いがある。電話がある。

バス乗り場[編集]

歴史[編集]

当時、宮城県加美郡で唯一の町(は無し)だった中新田町が町内への駅誘致をしたが実らず、隣村の志田郡志田村に陸羽線(現・陸羽東線)の駅として1913年大正2年)に開業した。そのため、中新田町の門戸として駅名は「中新田駅」にしてもらった。1929年昭和4年)に仙台鉄道が当駅に乗り入れした際、同鉄道は中新田町の中心部に駅を設置したため、そちらは「加美中新田駅」とされた。1950年(昭和25年)12月15日、志田郡古川町が志田村などを編入合併して市制施行し、古川市となった。すると、市内の駅が隣町の名を名乗るのが問題となり、現名称に改称された。

年表[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
陸羽東線
塚目駅 - 西古川駅 - 東大崎駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]