羅湖区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 広東省 羅湖区
羅湖口岸
羅湖口岸
深圳市中の羅湖区の位置
市中の羅湖区の位置
簡体字 罗湖
繁体字 羅湖
Luóhú
カタカナ転記 ルオフー
lɔ4wu4
国家 中華人民共和国
広東
地級市 深圳
行政級別 市轄区
政府所在地 黄貝街道
建区 1990年1月4日
区委書記 劉学強
区長 魯毅
面積
- 総面積 78.89 km²
人口
- 戸籍人口(2006) 33.27 万人
- 常住人口(2006) 86.78 万人
経済
電話番号 0755
郵便番号 518001
ナンバープレート 粤B
行政区画代碼 440303
公式ウェブサイト http://www.szlh.gov.cn/

羅湖区(らこ く)はに位置する区。香港に隣接し、区内は羅湖口岸(口岸は中国語で出入国検査所の意)が位置している。深圳市の都心部にあたり、東門商業区一帯は歩行者天国のある商業地区として栄えている。

歴史[編集]

羅湖区には深圳墟という墟市(定期市の建つ町)があり、香港植民地化以後は国境の街としても栄えるようになった。深圳墟は現在の深圳中心街の東門商業区にあたる。広九線の開通後はここに深圳駅が置かれ、1953年には、中世以来の中心地だった南頭(現在の南山区)にあった宝安県政府が交通の便利な深圳鎮に移転してきた。改革開放と深圳の経済特区化にともない、深圳は急速に都市化する。

羅湖区は1990年1月4日に深圳市の中心部に成立し、同年9月21日には羅湖区人民政府が成立した。2000年には掛園、黄貝、東門、翠竹、南湖、筍崗、東湖、蓮塘の八街道を、2004年には10街道を所轄するようになり、現在下部に115社区居委会、83社区工作站、10街道派出所が設置されている。

行政区画[編集]

  • 黄貝街道
  • 南湖街道
  • 桂園街道
  • 東門街道
  • 筍崗街道
  • 清水河街道
  • 翠竹街道
  • 東曉街道
  • 東湖街道
  • 蓮塘街道

経済[編集]

羅湖区は香港に隣接した立地条件も影響し、サービス業を中心とした商業が発展している。現在第三次産業が占めるGDP比重は88%を占めている。

商業中心地としては香港との国境に位置する「羅湖地区」、歩行者天国化された「東門地区」などがあげられる。

関連項目[編集]