饒平県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 広東省 饒平県
簡体字 饶平
繁体字 饒平
Ràopíng
カタカナ転記 ラオピン
国家 中華人民共和国
広東
地級市 潮州市
行政級別
面積
- 総面積 1,670 km²
人口
- 総人口(2003) 96 万人
経済
- GDP(2008) 102.6億元
電話番号 0768
郵便番号 515700
ナンバープレート 粤U
行政区画代碼 445122
公式ウェブサイト http://www.raoping.gov.cn/

饒平県(じょうへいけん)は中華人民共和国広東省潮州市に位置する

歴史[編集]

漢代南海郡揭陽県晋代以降は義安郡海陽県の管轄とされた。1477年成化13年)、海陽県の一部を分割し饒平県が設置され、潮州府の管轄とされ、県治は弦歌(清代は元歌と改称)都下饒堡(現在の三饒鎮)に設けれ、1953年に現在の黄岡鎮に移転するまで沿襲された。

中華民国が成立すると潮汕地区行政公署の管轄となり、中華人民共和国が成立すると汕頭市の所轄とされた。1991年12月に潮州市に移管され現在に至る。

行政区画[編集]

下部に21鎮を管轄する

  • 黄岡鎮、大鎮、所城鎮、柘林鎮、海山鎮、洲鎮、銭東鎮、樟渓鎮、浮山鎮、湯渓鎮、三饒鎮、聯饒鎮、新鎮、新豊鎮、饒洋鎮、上饒鎮、建饒鎮、高堂鎮、浮浜鎮、新塘鎮、東山鎮