神無月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

神無月(かんなづき、かみなしづき)は、日本における旧暦10月の異称である。今日では新暦10月の異称としても用いられる。

概要[編集]

「神無月」の語源は明確ではない。有力な説として、神無月の「無・な」が「の」にあたる連体助詞「な」で「神の月」というものがある。しばしば、人口に膾炙される出雲大社に全国のが集まって一年の事を話し合うため、出雲以外には神がいなくなると言われるものは、後付けの中世以降、出雲大社の御師が全国に広めた民間語源とされる。なお、その説においても、留守神という性格を持つ神も存在し、すべての神が出雲に出向くわけではない[1]

なお、御師の活動がなかった沖縄県においても、旧暦10月にはどの土地でも行事や祭りを行わないため、神のいない月として「飽果十月」と呼ばれる[2]

神在月[編集]

出雲では、出雲大社ほかいくつかの神社で旧暦10月に「神在月」の神事が行われる。

  • 旧暦10月10日の夜、記紀神話において国譲りが行われたとされる稲佐浜で、全国から参集する神々を迎える「神迎祭」が行われる。その後、旧暦10月11日から17日まで出雲大社で会議が行われるとして、その間「神在祭」が行われる。旧暦10月18日には、各地に帰る神々を見送る「神等去出祭」が出雲大社拝殿で行われる。出雲大社の荒垣内には、神々の宿舎となる「十九社」がある。
  • 日御碕神社(出雲市大社町)・朝山神社(出雲市朝山町)・万九千神社(出雲市斐川町)・神原神社(雲南市加茂町)・佐太神社(松江市鹿島町)・売豆紀神社(松江市雑賀町)・神魂神社(松江市大庭町)・多賀神社(松江市朝酌町)でも神在祭にまつわる神事が行われる。

出雲地方のほかに神在月とする地域が一ヶ所あり、諏訪大社の周辺となっている。これは伝承によれば、かつて諏訪大社の祭神であった「諏訪明神」があまりにも大きな体であったため、それに驚いた出雲に集まった神々が、気遣って「諏訪明神に限っては、出雲にわざわざ出向かずとも良い」ということになり、神無月にも諏訪大社に神が有ることから神在月とされている。

神無月にまつわる諸説[編集]

平安時代には国土と諸神の母神である伊邪那美神の供養月なので行われるという記述がある。出雲大社に神が集まるのは、一般には縁結びの相談のためとされている。そのため、かつて佐渡には10月の縁談を避ける風習が、北九州では神が出雲に向かう日と帰ってくる日には未婚の男女がお籠りをする風習があった。

出雲に行くのは大国主神系の国津神だけであるという説や、天照大神を始めとする天津神も出雲に行くという説もあり、この考えと一致するような、「出雲に出向きはするが、対馬の天照神社の天照大神は、神無月に出雲に参集する諸神の最後に参上し、最初に退出する」と言う伝承もある。

出雲に祭神(さいじん)が出向いてしまっては、その地域を鎮護(ちんご)するものがいなくなるということから、「留守神」と呼ばれる留守番をする神も考え出されるようになった。一般に留守神には恵比須神が宛てられ、10月に恵比須を祀る恵比須講を行う地方もある。

鹿島神宮の祭神は、地震を起こす原因と考えられた「地中に棲む大鯰(おおなまず)」を、押さえつける「要石」を鎮護するものであり、過去において神無月に起きた大地震の幾つかは、鹿島の神が出雲に出向いて留守だったために起きたと伝承されているものがある。

脚注[編集]

  1. ^ 『新版 神事の基礎知識』 講談社、2006年9月、135頁。ISBN 4-06-210641-8
  2. ^ 『年中行事事典』 西角井正慶、東京堂出版、1958年5月23日、18頁。

関連項目[編集]