直径の大きい恒星の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

直径の大きい恒星の一覧(ちょっけいのおおきいこうせいのいちらん)は、直径の大きい恒星の一覧である。地球からみた大きさではなく、その星の実際の直径をさす。

直径の大きい恒星の一覧
固有名 半径
太陽 = 1)
備考
ウェスタールンド1-26 1,951–2,544 [1][2][3] 非常に不確実。
はくちょう座V1489星 1,650[4] 2012年現在、はっきりとわかっている中では最も大きな恒星。
いっかくじゅう座V838星 1,570 ± 400 [5] この恒星は非常に低温のL型超巨星であり、2009年時点で太陽半径の380倍となるなど、数年間で1/4に縮小している[6]
WOH G64 1,540[7] LMC最大の恒星であるが、ハローの大きさではっきりしない大きさである。最近まで太陽半径の2000倍と思われていた。
いて座VX星 1,520[8] 脈動変光星でありサイズは変化する。
ケフェウス座V354星 1,520
いて座KW星 1,460
はくちょう座KY星 1,420–2,850 [9] 理論モデルと整合性があるのは下限値。上限はKバンドによる推定。
おおいぬ座VY星 1420[10][11] 最近まで宇宙最大の恒星で、1,800から2,100倍と思われていた[12]
ガーネット・スター(ケフェウス座μ星) 1,420
ケフェウス座RW星 1,260 - 1,610
ケフェウス座VV星A 1,050–1,900
ベテルギウス(オリオン座α星) 950 - 1,000 [2]
カシオペヤ座V509星 910
いっかくじゅう座V838星 (en) 800
りゅうこつ座V382星 747
アンタレス(さそり座α星) 700 [3]
おおいぬ座VY星
(Massey-Levesque-Plez Model)
600 [4]
ペガスス座S星 580 [5]
ケフェウス座T星 540 [6]
オリオン座S星 530 [7]
うみへび座W星 520 [8]
おうし座119番星 (en) 510 [9]
カシオペヤ座R星 500 [10]
おおいぬ座δ星 482
はくちょう座χ星 470 [11]
ヘルクレス座α星 460
カシオペヤ座ρ星 450
ミラ(くじら座ο星)A 400[12]
りゅうこつ座η星 400
かじき座S星 100-380
かじき座R星 (en) 370
りゅうこつ座HR星 (en) 350
しし座R星 350 [13]
ピストル星 340
りょうけん座Y星 300
はくちょう座γ星 225
デネブ(はくちょう座α星) 220 あくまで光度が太陽比5万倍のときであり、10万倍であれば108倍相当になる。
LBV 1806-20 200
ぎょしゃ座ε星A 175 以前は半径比で太陽の2500~3000倍あると言われていた。
ぎょしゃ座ζ星 160 [14]
ペガスス座ε星 150
みなみじゅうじ座γ星 113
アンドロメダ座γ星 83
うさぎ座α星 77
リゲル(オリオン座β星) 70
りゅうこつ座ε星 70
かんむり座R星 65
カノープス(りゅうこつ座α星) 65
オリオン座δ星 60
オリオン座ζ星 60
ペルセウス座α星 60
ふたご座ζ星 (en) 60
わし座η星 60
りゅう座γ星 50
アルデバラン(おうし座α星) 43 [15]
こぐま座β星 41
アルビレオ(はくちょう座β星)A1 16

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Clark, J. S.; Ritchie, B. W.; Negueruela, I.; Crowther, P. A.; Damineli, A.; Jablonski, F. J.; Langer, N. (2011). “A VLT/FLAMES survey for massive binaries in Westerlund 1”. Astronomy & Astrophysics 531: A28. arXiv:1105.0776. Bibcode 2011A&A...531A..28C. doi:10.1051/0004-6361/201116990.  編集
  2. ^ A bot will complete this citation soon. Click here to jump the queuearXiv:1209.6427v1. 
  3. ^ Clark, J. S.; Ritchie, B. W.; Negueruela, I. (2010). “A serendipitous survey for variability amongst the massive stellar population of Westerlund 1”. Astronomy and Astrophysics 514: A87. arXiv:1003.5107. Bibcode 2010A&A...514A..87C. doi:10.1051/0004-6361/200913820.  編集
  4. ^ Zhang, B.; Reid, M. J.; Menten, K. M.; Zheng, X. W.; Brunthaler, A. (2012). “The distance and size of the red hypergiant NML Cygni from VLBA and VLA astrometry”. Astronomy & Astrophysics 544: A42. arXiv:1207.1850. Bibcode 2012A&A...544A..42Z. doi:10.1051/0004-6361/201219587.  編集
  5. ^ B. F. Lane, A. Retter, R. R. Thompson, J. A. Eisner (April 2005). “Interferometric Observations of V838 Monocerotis”. The Astrophysical Journal Letters 622 (2): L137–L140. arXiv:astro-ph/0502293. Bibcode 2005ApJ...622L.137L. doi:10.1086/429619. 
  6. ^ Tylenda, R.; Kamiński, T.; Schmidt, M.; Kurtev, R.; Tomov, T. (2011). “High-resolution optical spectroscopy of V838 Monocerotis in 2009”. Astronomy & Astrophysics 532: A138. arXiv:1103.1763. Bibcode 2011A&A...532A.138T. doi:10.1051/0004-6361/201116858.  編集
  7. ^ Emily M. Levesque, Philip Massey, Bertrand Plez, and Knut A. G. Olsen (June 2009). “The Physical Properties of the Red Supergiant WOH G64: The Largest Star Known?”. Astronomical Journal 137 (6): 4744. arXiv:0903.2260. Bibcode 2009AJ....137.4744L. doi:10.1088/0004-6256/137/6/4744. 
  8. ^ Nicolas Mauron; Eric Josselin (2010年). “The mass-loss rates of red supergiants and the de Jager prescription”. arXiv:1010.5369 [astro-ph.SR]. 
  9. ^ Table 4 in Emily M. Levesque, Philip Massey, K. A. G. Olsen, Bertrand Plez, Eric Josselin, Andre Maeder, and Georges Meynet (August 2005). “The Effective Temperature Scale of Galactic Red Supergiants: Cool, but Not As Cool As We Thought”. The Astrophysical Journal 628 (2): 973–985. arXiv:astro-ph/0504337. Bibcode 2005ApJ...628..973L. doi:10.1086/430901. 
  10. ^ Wittkowski, M.; Hauschildt, P. H.; Arroyo-Torres, B.; Marcaide, J. M. (2012). “Fundamental properties and atmospheric structure of the red supergiant VY Canis Majoris based on VLTI/AMBER spectro-interferometry”. Astronomy & Astrophysics 540: L12. arXiv:1203.5194. Bibcode 2012A&A...540L..12W. doi:10.1051/0004-6361/201219126.  編集
  11. ^ Y. K. Choi; Hirota; Honma; Kobayashi; Bushimata; Imai; Iwadate; Jike et al. (2008). “Distance to VY VMa with VERA”. Publications of the Astronomical Society of Japan (Publications Astronomical Society of Japan) 60: 1007. arXiv:0808.0641. Bibcode 2008PASJ...60.1007C. 
  12. ^ [1]