りょうけん座Y星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
りょうけん座Y星
データ
元期 J2000.0      Equinox J2000.0
星座 りょうけん座
赤経 12h 45m 07.83s
赤緯 +45° 26' 24.92"
視等級 (V) +4.8 to +6.3
アストロメトリー
固有運動 (μ) 赤経: -2.20 ミリ秒/
赤緯: 13.05 ミリ秒/
年周視差 (π) 4.590 ミリ秒
距離 711 ± 113 光年
(218 ± 35 パーセク)
特徴
スペクトル分類 C54J, C-N5, C-J4.5
変光星 半規則変光星
詳細
質量 3 M
半径 215 R
光度 4,400
(bolometric) L
表面温度 2,800 K
他の名称
Y Canum Venaticorum, HR 4846, HD 110914, BD+46°1817, FK5 1327, HIP 62223, SAO 44317, GC 17342
Y CVnとCelestiaによるシミュレーション

りょうけん座Y星(Y CVn, Y Canum Venaticorum)は、りょうけん座恒星である。非常に赤く見えることからよく知られている。固有名は、ラ・スパーバ(La Superba)。

物理的な性質[編集]

りょうけん座Y星は半規則変光星で、最も明るい時の明るさは約+4.8等級、最も暗い時は約+6.3等級である。明るさは160日の周期で変動している。全天で最も赤く見える星の1つで、最も明るい炭素星である。19世紀の天文学者アンジェロ・セッキは、その美しさに感激し、この恒星を命名した[1]

りょうけん座Y星の温度は、約2,800Kと考えられ、既知のフューザーの中では最も冷たい。放射光のほとんどが可視光領域ではないため、裸眼ではほとんど見えないが、赤外線まで考慮すると、りょうけん座Y星は太陽よりも4,400倍も明るく、その半径は2天文単位に達する。もしこの恒星が太陽の位置にくると、その表面は、火星の軌道よりも外になる。

見え方[編集]

その極端な色調を説明するためには、中間程度の大きさの恒星は、での水素からヘリウムへの核融合が終わるとヘリウムから炭素への核融合が始まることを理解する必要がある。この段階は、いわゆる赤色巨星で、外層は膨張して冷え、放射は、電磁スペクトルの赤端に遷移する。寿命が近くなると、核融合生成物は対流によって核から外側に移動し、大気の炭素濃度が上昇し、一酸化炭素やその他の化合物を形成する。これらの分子は短い波長を吸収し、通常の赤色巨星よりもスペクトル中の青色や紫色の成分が少なくなり、非常に際立った赤色を呈するようになる。

今後[編集]

りょうけん座Y星は、ヘリウムから炭素への核融合の最終段階にあるとみられ、太陽からの太陽風の約100万倍の速度で質量を減らしている。過去に噴出した物質でできた約2.5天文単位の幅の殻に囲まれ、いずれは現在の50倍もの速度で質量を失うと考えられる。りょうけん座Y星の外層は、既にほぼ惑星状星雲になっていると考えられ、核は白色矮星になる。

出典[編集]

  1. ^ Jim Kaler: La Superba

外部リンク[編集]