いて座KW星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いて座KW星
データ
元期 J2000      Equinox J2000
星座 いて座
赤経 17h 52m 00.7s
赤緯 −28° 01′ 20.6″
視等級 (V) ? (B mag is 11)
特徴
スペクトル分類 M1.5 Iab
変光星 SRc
アストロメトリー
距離 9,000-13,000 光年
詳細
光度 370,000 L
他の名称
HD 316496, HIP 87433.
参照データベース
SIMBAD data

いて座KW星は、太陽から約9000 - 13000光年離れたところにある赤色極超巨星で、学名はKW Sagittarii(略称はKW Sgr)。直径は太陽の1460倍あり、現在知られている恒星の中では特に大きいものの一つとされており、また光度は太陽の370000倍あるとされている。この恒星はいて座の中に位置しており、SRc型の脈動変光星でもある[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]