白滝村 (北海道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
白滝村
廃止日 2005年10月1日
廃止理由 新設合併
遠軽町・丸瀬布町生田原町白滝村遠軽町
現在の自治体 遠軽町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 網走支庁
紋別郡
団体コード 01557-1
面積 342.96km²
総人口 1,152
(住民基本台帳人口、2005年9月末)
隣接自治体 丸瀬布町滝上町上川町
村の木 イチイ
村の花 エゾムラサキツツジ
白滝村役場
所在地 099-0111
北海道紋別郡白滝村字白滝138-1
座標 北緯43度53分9.9秒
東経143度11分34.8秒
北海道内における白滝村の位置
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

白滝村(しらたきむら)は、網走管内の中西部に位置していた村。 村名は、村内にある滝「白滝」から。

2005年10月1日生田原町・遠軽町・丸瀬布町と合併し、遠軽町の一部となった。

地理[編集]

四方を山に囲まれている。西部は上川支庁と接する。 村中部を東西に湧別川が流れ、それに沿って国道333号石北本線が通る。

村名の由来にもなっている白滝は、村西部の下白滝駅付近にある。

  • 山: チトカニウシ山 (1,446m), 平山 (1,771m)
  • 河川: 湧別川
  • 滝: 白滝

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

経済[編集]

基幹産業は酪農、畑作。

姉妹都市・提携都市[編集]

地域[編集]

教育[編集]

  • 中学校
    • 白滝
  • 小学校
    • 白滝

交通[編集]

空港[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

観光[編集]

  • 白滝遺跡群 - 本村の北北西6.5キロに位置する赤石山(標高117メートル)山頂部から湧別川流域にかけて集中する遺跡は、標高800メートル以上にある切り出し基地、標高600メートル付近にある中継地、そして標高400メートル付近につくられた聚落とに分かれ、石材の採掘・搬出・製作に分かれる分業システムあったと推定できる。そして、全道各地の拠点的中継地に運ばれた。[1]
  • 白滝温泉

その他[編集]

合気道ゆかりの地。

出身の有名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 関口明「文化は北から南から」15ページ(田端宏・桑原真人・船津功・関口明『北海道の歴史』山川出版社 2003年3月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]