丸瀬布町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
丸瀬布町
廃止日 2005年10月1日
廃止理由 新設合併
遠軽町・丸瀬布町生田原町白滝村遠軽町
現在の自治体 遠軽町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 網走支庁
紋別郡
団体コード 01556-3
面積 510.13km²
総人口 2,019
(住民基本台帳人口、2005年9月末)
隣接自治体 紋別市遠軽町生田原町留辺蘂町白滝村滝上町上川町
町の木 アカエゾマツ
町の花 エゾムラサキツツジ
丸瀬布町役場
所在地 099-0203
北海道紋別郡丸瀬布町中町115番2
座標 北緯44度0分16.7秒
東経143度20分14.1秒
北海道内における丸瀬布町の位置
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

丸瀬布町(まるせっぷちょう)は、北海道網走支庁管内の中部に位置していた町。

2005年10月1日生田原町・遠軽町・白滝村と合併した。新設合併で新町名は遠軽町

町名の由来は、アイヌ語の「マウレセプ」(3つの川の集まる広い所)から。

地理[編集]

四方を山に囲まれている。町面積のほとんどは森林。 町北部を東西に国道333号石北本線が走る。現在、これらに並行するように、旭川紋別自動車道(国道450号)が建設工事中である。

  • 山:北見富士 (1,306 m), 武利岳 (1,876 m), 支湧別岳 (1,688 m)
  • 河川:湧別川、武利川、丸瀬布川

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

経済[編集]

基幹産業は林業。

地域[編集]

教育[編集]

  • 中学校
    • 丸瀬布
  • 小学校
    • 丸瀬布

交通[編集]

空港[編集]

鉄道[編集]

昭和初期には木材を運ぶための森林鉄道武利森林鉄道」が敷かれた。 1962年にはすべての路線が廃止されたが、蒸気機関車「雨宮21号」は保存された。 その後1980年に機関車が修復、現在は「丸瀬布いこいの森」内で観光用に運行している。

バス[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

観光[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]