王丹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
王丹
王丹
プロフィール
出生: 1969年2月26日(45歳)
出身地: 中華人民共和国の旗 中国
職業: 民主化運動家
各種表記
繁体字 王丹
簡体字 王丹
拼音 Wáng Dān
和名表記: おう たん
発音転記: ワン タン
テンプレートを表示

王丹(おう たん、ワン タン、1969年2月26日 - )は中華人民共和国中国民主化運動活動家、歴史学者1989年第二次天安門事件の学生指導者であり、当局指名手配者の筆頭。国立清華大学(台湾)客員助理教授。ハーバード大学博士。

人物[編集]

学者の両親の下に北京市で生まれ、両親の母校である北京大学に進学。天安門事件を主導したときは、北京大学の一年生であった。1989年と1995年にそれぞれ逮捕され有罪判決を受ける。また母親で歴史学者の王凌雲も不当拘束を受け、後遺症が残る。錦州監獄で政治犯として収容されていたが、国際的な圧力で1998年に仮釈放されると同時に、アメリカに亡命する。2008年にハーバード大学東アジア史博士号を取得し、現在はオックスフォード大学に上級研究員として籍を置き、台湾で中国民主化運動を続けている[1]。現在でも、世界で最も有名な中国民主運動家の一人に数えられ、劉暁波の08憲章に賛同したほか、2012年に盲目の法律家・陳光誠が米国に亡命した直後に対面した。

2011年4月、収賄などの容疑で起訴された元中華民国総統陳水扁から機密費40万ドルを受け取っていたと、台湾メディアから報じられた。陳の機密費横領事件の裁判での証言が漏れた形だが、王は「事実と違う」と真っ向から否定した。しかし、真実を隠しきれないと解るや一転、台湾の新聞に寄稿し「このカネは中華民国政府のカネだ」と、機密費受け取りを認めた[2]

2011年6月、天安門事件から22年になるのを前に、讀賣新聞のインタビューに応じ、「民主化、人権を巡る状況は、天安門事件当時より悪い。事件以前、政府批判や民主化、人権の議論が出来た。今や人々は当局の弾圧を恐れて何も出来ず、何も言えない」と語っている[3]

2012年7月に国際人権団体アムネスティ・インターナショナル日本支部と映画会社シグロの招聘で初来日。慶応義塾大学東京工業大学日本外国特派員協会自由報道協会で講演したほか、NHKや主要全国紙、通信社の取材を受けた。また自身が出演する翰光監督の映画「亡命」上映会に登壇し、日本人、在日中国人の双方から反響を呼んだ。中国民主化・人権問題に関してはインターネットの重要性を強調し、辛亥革命期に日本人の協力を得ていた孫文を引き合いに出して、日本国内での中国内情への関心を訴えている。

脚注[編集]

  1. ^ 『天安門事件から4日で20年、元学生リーダー王丹氏が心境を吐露』 AFP 2009年6月2日
  2. ^ ニューズウィーク 2011.5.4/11号 長岡義博
  3. ^ 『中国の人権状況「天安門事件時より悪い」 元学生リーダー王丹氏』 讀賣新聞 2011年6月4日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]