柴崎正勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「柴﨑正勝」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
柴﨑 正勝
人物情報
生誕 1947年1月25日(67歳)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学
学問
研究分野 有機化学不斉触媒
研究機関 微生物化学研究会
微生物化学研究センター
博士課程
指導教員
山田俊一
博士課程
指導学生
濱島義隆
主な受賞歴 日本薬学会賞(1999年)
ACS アーサー・C・コープ スカラー賞(2002年)
紫綬褒章(2003年)
日本学士院賞(2005年)
テンプレートを表示

柴﨑 正勝(しばさき まさかつ、1947年1月25日 - )は日本の有機化学者。財団法人微生物化学研究会微生物化学研究センター化学研究センター長、同常務理事(2010–)。2006年度日本薬学会会頭。埼玉県出身。

略歴[編集]

 日本薬学会 副会頭(2005–2006年)  日本学術会議会員(2005年-)  東京大学大学院薬学系研究科長・薬学部長(2006–2008年)  日本薬学会 会頭(2006–2007年)

  • 2010年– 財団法人 微生物化学研究会 微生物化学研究センター 化学研究センター長、同常務理事。

日本薬学会賞、コープ賞など受賞多数。2003年には紫綬褒章、2005年には日本学士院賞を受賞している。

その他受賞歴:井上学術賞/フルカ賞/エルゼビア賞/モレキュラーキラリティー賞/内藤記念科学振興賞/東レ科学技術賞/高峰記念三共賞/日本希土類学会賞(塩川賞) /アメリカ化学会賞/センテナリーメダル (イギリス化学会)/プレローグメダル(スイス連邦工科大学)/有機合成化学協会特別賞

業績[編集]

ビナフトール (BINOL) 骨格を有するものを中心に多数の不斉触媒を開発。それまで難しいとされてきたヘンリー反応シアノヒドリン化、ストレッカー反応ヘック反応マイケル反応など多くの反応を、高い不斉収率で不斉化することに成功した。不斉触媒分野における1995年から2005年の論文引用回数は世界一である[2]

またこれらの反応を応用し、エポチロン[3]ストリキニーネ[4][5]・ガルスベリンA[6]ラクタシスチン[7] など数多くの化合物の全合成を報告している。2006年にはシキミ酸を必要としないタミフルの合成経路を開発し[8]、安定供給に道を開くものと期待されている[9]。 受賞歴: 日本薬学会奨励賞 井上学術賞 フルカ賞 (Reagent of the Year 1996) エルゼビア賞 日本薬学会賞 モレキュラーキラリティー賞 内藤記念科学振興賞 アーサー・C・コープ スカラー賞 (アメリカ化学会) 紫綬褒章 東レ科学技術賞 日本学士院賞 高峰記念三共賞 日本希土類学会賞(塩川賞) アメリカ化学会賞 センテナリーメダル (イギリス化学会) プレローグメダル(スイス連邦工科大学) 有機合成化学協会特別賞

門下生[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 博士論文書誌データベース
  2. ^ 東京大学. “広報・情報公開 記者発表一覧 柴崎東大教授世界第1位不斉触媒分野引用回数”. 2009年8月20日閲覧。
  3. ^ Sawada, D.; Kanai, M.; Shibasaki, M. (2000). “Enantioselective Total Synthesis of Epothilones A and B Using Multifunctional Asymmetric Catalysis”. J. Am. Chem. Soc. 122 (43): 10521-10532. doi:10.1021/ja002024b. http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ja002024b. 
  4. ^ Ohshima, T.; Xu, Y.; Takita, R.; Shimizu, S.; Zhong, D.; Shibasaki, M. (2003). “Enantioselective Total Synthesis of (−)-Strychnine Using the Catalytic Asymmetric Michael Reaction and Tandem Cyclization”. J. Am. Chem. Soc. 125 (7): 2014. doi:10.1021/ja034038y. http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ja034038y. 
  5. ^ Ohshima, T.; Xu, Y.; Takita, R.; Shibasaki, M. (2004). “Enantioselective total synthesis of (−)-strychnine: development of a highly practical catalytic asymmetric carbon–carbon bond formation and domino cyclization”. Tetrahedron 60 (43): 9569-9588. doi:10.1016/j.tet.2004.06.141. 
  6. ^ Kuramochi, A.; Usuda, H.; Yamatsugu, K.; Kanai, M.; Shibasaki, M. (2005). “Total Synthesis of (±)-Garsubellin A”. J. Am. Chem. Soc. 127 (41): 14200-14201. doi:10.1021/ja055301t. http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ja055301t. 
  7. ^ Fukuda, N.; Sasaki, K.; Sastry, T. V. R. S.; Kanai, M.; Shibasaki, M. (2006). “Catalytic Asymmetric Total Synthesis of (+)-Lactacystin”. J. Org. Chem. 71 (3): 1220-1225. doi:10.1021/jo0524223. http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/jo0524223. 
  8. ^ Fukuta, Y.; Mita T.; Fukuda, N.; Kanai, M.; Shibasaki, M. (2006). “De Novo Synthesis of Tamiflu via a Catalytic Asymmetric Ring-Opening of meso-Aziridines with TMSN3. J. Am. Chem. Soc. 128 (19): 6312-6313. doi:10.1021/ja061696k. http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ja061696k. 
  9. ^ Yamatsugu, K.; Yin, L.; Kamijo, S.; Kimura, Y.; Kanai, M.; Shibasaki, M. (2009). “A Synthesis of Tamiflu by Using a Barium-Catalyzed Asymmetric Diels-Alder-Type Reaction”. Angew. Chem., Intl. Ed. 48 (6): 1070-1076. doi:10.1002/anie.200804777. 

外部リンク[編集]