米国化学会誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Journal of the American Chemical Society 
略称 (ISO) J. Am. Chem. Soc., JACS
学術分野 化学
言語 英語
詳細
出版社 アメリカ化学会
出版国 アメリカ
出版歴 1879 to present
出版間隔 Weekly
インパクトファクター 10.677(2012年)
分類
ISSN 0002-7863 (印刷物用)
1520-5126 (ウェブ用)
外部リンク
プロジェクト:出版Portal:書物
テンプレートを表示

米国化学会誌 (Journal of the American Chemical Society) はアメリカ化学会により発行されている学術雑誌である。略記はJ. Am. Chem. Soc.。しばしばJACS(「ジャックス」あるいは「ジェイ・エーシーエス」)という略称が用いられる。アンゲヴァンテ・ケミー・インターナショナル・エディション (Angewandte Chemie International Edition) やネイチャー ケミストリー(Nature Chemistry)とともに化学分野における最高峰の学術雑誌である。

1879年に創刊され、1893年に Journal of Analytical and Applied Chemistry が、1914年には American Chemical Journal が吸収された。世界各国、化学全般における研究者より投稿される論文はピアレビューにより精査され、基準を満たすもののみが掲載される。科学情報研究所 (Institute for Scientific Information, ISI) の統計によると、米国化学会誌は化学分野の中でもっとも引用数の多い雑誌である。2011年のインパクトファクターは9.907。2002年から2013年の現在まで、編集責任者はユタ大学のピーター・J・スタングが務めている。[1]

週に1回刊行され、4-10ページ程度の論文と2-4ページの速報が掲載されている。

参照[編集]

外部リンク[編集]