林秀卿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
林秀卿(イム・スギョン)
임수경
生年月日 1968年11月6日
出身校 韓国外国語大学校
所属政党 民主統合党→民主党新政治民主連合
公式サイト 국회의원 임수경

国会議員
選挙区 比例代表
当選回数 1回
テンプレートを表示
林秀卿
各種表記
ハングル 임수경 
漢字 林秀卿
発音: イム・スギョン
日本語読み: りん・しゅうきょう
テンプレートを表示

林 秀卿(イム・スギョン、1968年11月6日 - )は大韓民国の元学生運動家出身の政治家。韓国外国語大学校フランス語学科卒。カトリック教徒。別名、「統一の花。」

訪北事件[編集]

1989年7月第13回世界青年学生祭典(通称・平壌祭典)が開催された。主体思想派全国大学生代表者協議会(以下「全大協」)も、代表を平壌に派遣する方針でいた。しかし韓国政府は、絶対阻止の方針を打ち出す。

韓国政府は、平壌に向かおうとする5万人の学生デモを戦闘警察の力で押さえ込んだが、韓国外国語大学校では一時戦闘警察が退却する姿が見られた。また、京義線で平壌に向かった学生たちは、最北の終着駅(当時)であった山駅で警察当局に拘束された。オートバイで平壌に向かった5人の学生は、臨津江のほとりで取り押さえられた。

林秀卿の訪北[編集]

しかし、こうなることを見越していた全大協は、当時外語大4年生だった林秀卿をひそかに派遣することを決定した。林秀卿は6月21日に韓国を出発、東京ベルリンを経由して6月30日に平壌へ到着した[1][2]。林秀卿が平壌で紹介した韓国の国民歌謡「我らの願いは統一」は、すぐに朝鮮中央放送の定番音楽になった。ソウル地下鉄公社(現:ソウルメトロ)広報部長であった林秀卿の父親は、「国民に対する謝罪文」を発表せざるを得なくなった。

林秀卿は、祭典終了後の8月15日、文奎鉉神父[3]と共に板門店経由で韓国に戻ったが、国家保安法違反容疑ですぐに逮捕され、軍用ヘリコプターで捜査機関に移送された[4]。既に民主化宣言を発表していた盧泰愚大統領は、直ちに談話を発表し「林秀卿氏の行為は実定法違反である」として、従来の政治弾圧とは異なる点を強調した。

逮捕と服役後の活動[編集]

裁判の控訴審で5年の懲役刑判決を言い渡され、3年4ヶ月に渡る服役後、1992年12月に特赦で釈放、99年に赦免復権された。釈放後、林秀卿は学生運動を引退し、西江大学校大学院に入学。ソウル市内で普通の主婦として生活していたが、アメリカコーネル大学博士課程に留学し、平和学の研究に打ち込んだ。

2005年、一人息子がフィリピン溺死したことに関連し、インターネット上に「北の手先め、ざまあみろ」といった類の書き込みが行なわれ、林は侮辱罪名誉毀損罪で書き込み者を刑事告訴。警察が捜査したところ、社会的地位の低い人間による憂さ晴らしではなく、元小学校長・銀行員・大学教授などが関与していたことが分かった[5][6]。林は悪質書き込みに対して「もし私の悲痛な目を見て語るならば、あのようなことは言えないはずだ」とコメント、書き込み者は略式起訴され罰金刑が言い渡された[7]

民主統合党議員として[編集]

2012年4月に行われた総選挙では民主統合党(民主党)の比例代表候補者(名簿順位21番)として立候補、民主党が比例で得た21議席中21番目で当選した[8]

6月3日、脱北者の大学生が林秀卿と会話した際に脱北者と与党セヌリ党河泰慶議員に対して「変節者」と暴言を吐いていたことが明らかになった。セヌリ党は報道官論評で「全国民に対する侮辱も同然の行為」と批判した上で、林議員は河議員と脱北者に対する発言内容を明らかにすべきと要求した。こうした事態に対し、林議員は脱北者と河議員に対して謝罪するとともに瞬間的に感情が激し飛び出した発言であると釈明した[9]

脱北者への暴言に引き続き、2012年初めに自身のツイッターで北朝鮮の対外宣伝サイト「わが民族同士」の主張を紹介していることも明らかになった。これは同サイトのツイッターに掲載された李明博政権に対する批判をリツイートしたもので、「わざと国家保安法に違反する」とのコメントも添えて、同法の廃止を訴えたものである[10]。検察は林議員による「わが民族同士」からのリツイートを国家保安法違反と捉えた保守系市民団体の告発を受け、捜査に着手することを明らかにした[11]

脚注[編集]

  1. ^ 全大協대표1명 平壌에 (全大協代表1名平壌へ) (PDF) 。東亜日報1989年6月30日付1面
  2. ^ 外大 林秀卿양 日 東獨거쳐 오늘入北(外大林秀卿嬢 日本・東ドイツ経て今日入北) (PDF) 。東亜日報1989年7月1日1面
  3. ^ 林秀卿を保護するため天主教正義具現全国司祭団が派遣した神父で、7月25日に平壌に到着した。
  4. ^ 林秀卿양 板門店넘어와(林秀卿さん板門店越える) (PDF) 。東亜日報1989年8月15日付1面
  5. ^ 악의적 댓글 '악플' 교수님까지… '임수경씨 악플' 25명 대부분 멀쩡한 중년남성 검찰 댓글처벌 놓고 일부선 "표현자유 위축"(悪意的コメント“悪質書き込み”25名大部分が健全な中年男性。検察コメント処罰めぐり一部では“表現の自由萎縮”)-2006年1月25日3時39分最終入力、朝鮮日報
  6. ^ 검찰, 인터넷 '악플' 형사처벌 방침 “무분별한 인신공격 도 넘었다”는 판단 때문 임수경씨 아들 사망 관련기사에 '악플' 단 네티즌 사법처리(検察、インターネット‘悪質書き込み’刑事処罰方針“無分別な個人攻撃が増えた”との判断から。林秀卿氏の息子死亡関連記事で‘悪質’ネチズン司法処理-2006年1月23日21時14分最終入力、朝鮮日報
  7. ^ 인터넷 ‘임수경 악플’ 정식 재판도 벌금형(インターネット‘林秀卿悪質書き込み’正式裁判でも罰金刑)-2006年3月17日0時42分最終入力、朝鮮日報
  8. ^ “`통일의 꽃` 임수경, 막차로 민주 비례대표 승선(‘統一の花’林秀卿、終車で民主比例代表乗船)”. イーダイアリー. (2012年4月12日). http://www.edaily.co.kr/news/NewsRead.edy?newsid=02548566599495464&SCD=&DCD=A01503 2012年4月13日閲覧。 
  9. ^ “脱北者と与党議員を「変節者」 野党議員暴言が波紋”. 聯合ニュース. (2012年6月4日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2012/06/04/0200000000AJP20120604001500882.HTML 2012年6月4日閲覧。 
  10. ^ “林秀卿議員、北朝鮮による韓国批判をツイッターで紹介”. 朝鮮日報(日本語版). (2012年6月7日). http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/06/07/2012060701244.html 2012年6月12日閲覧。 
  11. ^ “保守団体「国家保安法違反?」で林秀卿議員を告発”. 韓国速報. (2012年6月12日). http://www.worldtimes.co.jp/kansok/kan/seiji/120612-4.html 2012年6月12日閲覧。 

参考文献[編集]