第13回世界青年学生祭典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第13回世界青年学生祭典
Fmje-13.jpg
大会ロゴのワッペン
概要
イベントの種類 世界青年学生祭典
通称・略称 平壌祝典
正式名称 第13回世界青年学生祭典
開催時期 1989年7月1日 - 7月8日(8日間)
会場 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮平壌市
青春街スポーツ村
綾羅島メーデー・スタジアム
金日成競技場
主催 世界民主青年連盟
国際学生連盟
最寄駅 凱旋駅(金日成競技場)
テンプレートを表示

第13回世界青年学生祭典(13th World Festival of Youth and Students、제13차 세계청년학생축전)、通称平壌祝典(평양축전)は、1989年7月1日から7月8日にかけて、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の平壌市を開催地に、「反帝国主義の連帯と平和親善」をスローガンに開催された世界青年学生祭典の大会である[1]

開催の経緯[編集]

もともと、北朝鮮は東側諸国ということもあって、1953年にブカレストで開催された第4回世界青年学生祭典に連動して、記念10ウォン切手を発行するなど、世界青年学生祭典に対して大規模な援助を行なっていた。

1981年第24回夏季オリンピックの開催地が大韓民国ソウル特別市に決定して以降、北朝鮮はオリンピックの共同開催を強硬に主張し始め、青春街スポーツ村の整備を行ない、1987年8月には五輪マークをあしらった金日成競技場の切手を発行するなど、共同開催が可能であることをアピールした。だが、オリンピックの都市開催原則もあり、1987年10月に共同開催案は頓挫。そこでソウルオリンピックに対抗すべく、青春街スポーツ村の競技場を転用できる世界青年学生祭典の開催を決定したとされている[1][2]

参加国[編集]

180カ国と約60の国家・地域機構祝典代表者、国家首班をはじめとする多くの賓客が来訪したと発表された。なお、グリーンランドルムンバ友好大学(モスクワ市内にある大学)、西ベルリンも1国としてカウントされている。ソウルオリンピックに北朝鮮が不参加を表明したのに対し、第13回世界青年学生祭典へは韓国の学生運動家林秀卿が参加しており、北朝鮮は全民族の参加により祭典が実行されたことをアピールした[1]日本からは総評青年局長を団長とする「特別交流団」が、自治労系の旅行会社の主催の元、日教組国労などの労働組合から召集された90名により組織され、事実上の研修として派遣された[2]

整備[編集]

祭典の開催に伴い、青春街スポーツ村や綾羅島メーデー・スタジアム柳京ホテルなどの宿泊施設、記念建造物が急遽建設されたが、これらには当時の北朝鮮のGNPに匹敵するともいわれる約47億ドルが投入された。結局、柳京ホテルは完成せずに両江ホテル西山ホテルが急遽建設された[2]ほか、インフラ整備による多くの債務が残り、柳京ホテルに至っては現在も建設中という経済に与えた影響が極めて大きかった[1]

記念発行物[編集]

1989年6月に記念5ウォン切手(大会ロゴと朝鮮語・英語で「第13回世界青年学生祭典」を表記)と記念10ウォン切手(大会ロゴとプラカードを背景に演説する青年)が発行され、記念スタンプも用いられた[1]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e 内藤陽介『北朝鮮事典―切手で読み解く朝鮮民主主義人民共和国』竹内書店新社 2001年 ISBN 4-8035-0316-8
  2. ^ a b c 加藤将輝・著、中森明夫・プロデュース『北朝鮮トリビア』飛鳥新社 2004年 ISBN 978-4-87031-619-5

外部リンク[編集]