松江イングリッシュガーデン前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松江イングリッシュガーデン前駅
駅ホーム(2009年3月)
駅ホーム(2009年3月)
まつえイングリッシュガーデンまえ
- MATSUE ENGLISH GARDEN-MAE -
朝日ヶ丘 (1.6km)
所在地 島根県松江市西浜佐陀町264-6
所属事業者 一畑電車
所属路線 北松江線
キロ程 29.6km(電鉄出雲市起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
127人/日
-2010年-
開業年月日 1928年(昭和3年)4月5日
備考 無人駅
改称前の駅名標(2007年1月)

松江イングリッシュガーデン前駅(まつえイングリッシュガーデンまええき)は、島根県松江市西浜佐陀町に位置する一畑電車北松江線である。

駅舎には島根県立松江ろう学校の美術部が制作した絵が飾られている。

駅名について[編集]

2001年、当駅近くにルイス・C.ティファニー庭園美術館がオープンしたのにあわせ、当駅の駅名を古江駅からルイス・C.ティファニー庭園美術館前駅へと改称した。これは駅名として南阿蘇鉄道南阿蘇水の生まれる里白水高原駅を抜いて日本一の長さとなり、現在もこれより長い駅名は現れていない。その当時は、車内放送や車内運賃表の次駅表示、整理券では「ティファニー庭園美術館前」「庭園美術館前」と省略された形で案内されていた。

しかし、美術館は2007年3月31日限りで閉館し、付属していた松江イングリッシュガーデンのみが残った。このため駅名も変更を余儀なくされ、同年5月21日付で松江イングリッシュガーデン前に再度改称された。これに伴い、日本一長い駅名は再び「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」に戻ることになった。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅無人駅である。構内の配線は一線スルー方式となっており、ホームへは西側の構内踏切から直接出入りする。

駅周辺[編集]

松江イングリッシュガーデン

バス[編集]

イングリッシュガーデン前

  • 松江市交通局
    • [10] 松江駅
    • [34/36] 運転免許センター
    • [35/37] 授産センター

利用状況[編集]

1日平均の乗降人員は以下の通り。[1]

  • 134人(1999年度)
  • 114人(2000年度)
  • 142人(2001年度)
  • 57人(2002年度)
  • 69人(2003年度)
  • 77人(2004年度)
  • 149人(2005年度)
  • 161人(2006年度)
  • 156人(2007年度)
  • 172人(2008年度)
  • 140人(2009年度)
  • 127人(2010年度)

歴史[編集]

1964年に浜佐陀駅古曽志駅を統合して誕生した(ただし古曽志駅移転の扱い)。開業以来40年近くの間古江駅を名乗り、駅前のスーパー等は現在でも店名に「古江」を冠している。

隣の駅[編集]

一畑電車
北松江線
特急「スーパーライナー」
通過
急行「出雲大社号」(休日のみ運転)
秋鹿町駅 - 松江イングリッシュガーデン前駅 - 松江しんじ湖温泉駅
急行(平日朝夕上り列車のみ運転)・普通
朝日ヶ丘駅 - 松江イングリッシュガーデン前駅 - 松江しんじ湖温泉駅

脚注[編集]

  1. ^ 出典:島根県統計書
  2. ^ a b 寺田裕一『日本のローカル私鉄2000』、ネコ・パブリッシング、2000年、270頁。ISBN 4-87366-207-9

関連項目[編集]

外部リンク[編集]