布崎駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
布崎駅
布崎駅ホーム
布崎駅ホーム
ぬのざき - NUNOZAKI
雲州平田 (3.6km)
(0.7km) 湖遊館新駅
所在地 島根県出雲市園町
所属事業者 一畑電車
所属路線 北松江線
キロ程 15.2km(電鉄出雲市起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
171人/日
-2009年-
開業年月日 1915年(大正4年)2月4日
備考 無人駅
布崎変電所

布崎駅(ぬのざきえき)は島根県出雲市園町に位置する一畑電車北松江線である。

駅構造[編集]

松江方面に向かって右側に単式ホーム1面1線を有する地上駅停留所)。無人駅である。ホームは急カーブ上に位置しており、乗降には注意を要する。

駅周辺[編集]

一畑電車の電力供給源として1927年(昭和2年)に建設された。2010年の映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』のロケ地として使用され、2011年1月26日に国の登録有形文化財に指定された。[1]

利用状況[編集]

1日平均の乗降人員は以下の通り。[2]

  • 270人(1999年度)
  • 265人(2000年度)
  • 211人(2001年度)
  • 144人(2002年度)
  • 117人(2003年度)
  • 136人(2004年度)
  • 172人(2005年度)
  • 155人(2006年度)
  • 159人(2007年度)
  • 163人(2008年度)
  • 171人(2009年度)

歴史[編集]

  • 1915年大正4年)2月4日 - 開業。
  • 1916年(大正5年)6月5日 - 位置変更。雲州平田 -(1哩8分)- 布崎-(1哩3分)- 園→雲州平田 -(2哩2分)- 布崎 -(1哩)- 園[3] 
  • 1983年昭和58年)1月17日 - 無人駅化[4]
    • ただし2004年頃までは学校の長期休暇期間を除く平日の朝(最末期は7時35分から8時35分まで)に係員が配置されていた。
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 一畑電気鉄道の持株会社移行に伴い、新設の一畑電車株式会社が鉄道事業を承継。

隣の駅[編集]

一畑電車
北松江線
特急「スーパーライナー」
通過
急行「出雲大社号」(休日のみ運転)・急行(平日夕方上り1本のみ運転)
雲州平田駅 - 布崎駅 - 一畑口駅
普通
雲州平田駅 - 布崎駅 - 湖遊館新駅駅

脚注[編集]

  1. ^ 一畑電車公式サイト
  2. ^ 出典:島根県統計書
  3. ^ 「軽便鉄道停留場位置変更」『官報』1916年6月13日(国立国会図書館デジタル化資料)
  4. ^ 寺田裕一『日本のローカル私鉄2000』、ネコ・パブリッシング、2000年、270頁。ISBN 4-87366-207-9

関連項目[編集]