大津町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大津町駅
駅舎
駅舎
おおつまち - OTSUMACHI
(2.1km) 武志
所在地 島根県出雲市大津町1398-6
所属事業者 一畑電車
所属路線 北松江線
キロ程 2.0km(電鉄出雲市起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
303人/日
-2009年-
開業年月日 1914年4月29日
備考 無人駅(平日朝のみ駅員を配置)

大津町駅(おおつまちえき)は、島根県出雲市大津町に位置する一畑電車北松江線である。

2010年5月29日公開の松竹映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』で、主人公の母の病状が悪化したことを主人公に伝えるために、主人公の娘が自転車で駆けつけるシーンの撮影は、当駅で行われた[1]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。基本的に無人駅だが、平日の6時47分から8時23分までは駅員が配される[2]。両ホームは構内踏切によって接続されている。かつては木造駅舎が建てられていたが、老朽化のため取り壊され、2003年に奥原設計事務所が設計した新駅舎が竣工した。

当駅における営業列車同士の交換はなく、通常は駅舎側のホームのみを使用する[3]

駅周辺[編集]

利用状況[編集]

1日平均の乗降人員は以下の通り。[4]

  • 278人(1999年度)
  • 296人(2000年度)
  • 290人(2001年度)
  • 253人(2002年度)
  • 259人(2003年度)
  • 277人(2004年度)
  • 305人(2005年度)
  • 339人(2006年度)
  • 333人(2007年度)
  • 303人(2008年度)
  • 303人(2009年度)

歴史[編集]

隣の駅[編集]

一畑電車
北松江線
特急「スーパーライナー」(平日下り1本のみ)・特急(土休日のみ)
電鉄出雲市駅 - 大津町駅 - 川跡駅
急行(平日上り1本のみ)
出雲科学館パークタウン前駅大津町駅 ← 川跡駅
普通
出雲科学館パークタウン前駅 - 大津町駅 - 武志駅

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞サイト【島根】デハニ50形 復活 RAILWAYSロケ”. 2010年11月2日閲覧。
  2. ^ 一畑電車公式サイト 路線・駅のご案内
  3. ^ 鉄道ジャーナル』2007年9月号(通巻488号)p74
  4. ^ 出典:島根県統計書
  5. ^ a b 寺田裕一『日本のローカル私鉄2000』、ネコ・パブリッシング、2000年、270頁。ISBN 4-87366-207-9

関連項目[編集]