御崎公園駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
御崎公園駅
プラットホームの壁画
プラットホームの壁画
みさきこうえん - Misakikōen
K06 和田岬 (1.1km)
(0.8km) 苅藻 K08
所在地 神戸市兵庫区金平町一丁目
駅番号  K07 
所属事業者 神戸市交通局神戸市営地下鉄
所属路線 海岸線
キロ程 5.7km(三宮・花時計前起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
3,164人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 2001年平成13年)7月7日
1番線ホーム(2008年12月26日)
2・3番線ホーム(2008年12月26日)

御崎公園駅(みさきこうえんえき)は、兵庫県神戸市兵庫区金平町一丁目にある、神戸市営地下鉄海岸線である。駅番号はK07

駅イメージテーマは「VIVID PARK SIDE STATION(活き活きとした公園に面した駅)」

歴史[編集]

  • 2001年平成13年)7月7日 : 開業。
  • 2011年(平成23年)4月 : この年度より2年間を期限として、駅名標下広告として「ホームズスタジアム神戸前」が掲出される[1]

駅構造[編集]

島式ホーム2面3線を有する地下駅。地下1階にコンコースと改札が、地下2階にプラットホームがある。地下2階のプラットホームは車庫の入出庫時対応のため、海岸線で唯一2面3線の構造である。中央の線路はイベント開催時に多数の利用客がいるため、両側から車両に乗車できる構造になっている。夜間滞泊の運用がある。

のりば[編集]

ホーム 路線 行先 備考
1 海岸線 三宮・花時計前方面
2 一部列車のみ
3 新長田方面 一部列車のみ
4

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗車人員は3,164人である[2]。海岸線では和田岬駅、新長田駅、三宮・花時計前駅、ハーバーランド駅に次ぐ第5位。

  • 2000年度に計画された、2005年度時点の予測乗車人員は4,783人で、海岸線では駒ヶ林駅に次いで乗車人員が少なくなるとされていた[3]。2012年現在でも乗車人員は計画時の約7割に留まっているが、海岸線の他駅と比較すると最も予測乗車人員に近い値となっている。

開業以降の1日平均乗降・乗車人員は下表のとおりである。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
2001年(平成13年) 1,908
2002年(平成14年) 2,410
2003年(平成15年) 2,909
2004年(平成16年) 2,874
2005年(平成17年) 6,160 2,899
2006年(平成18年) 3,091
2007年(平成19年) 3,050
2008年(平成20年) 3,167
2009年(平成21年) 3,270
2010年(平成22年) 3,149
2011年(平成23年) 3,212
2012年(平成24年) 3,345
2013年(平成25年) 3,164

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

  • 神戸市バス吉田町二丁目もしくは金平町バス停
  • 3系統:吉田町一丁目 止
  • 3系統(循環):東尻池二丁目→地下鉄長田駅前→名倉町→夢野町二丁目→新開地→和田岬方面
  • 3系統(循環):和田岬→新開地→夢野町二丁目→名倉町→地下鉄長田駅前→東尻池二丁目方面

エピソード[編集]

  • 駅ホームの1番線および構内は、映画「交渉人 真下正義」の撮影に使用され、劇中では「TTR東陽町駅」として登場した。

隣の駅[編集]

神戸市営地下鉄
海岸線
和田岬駅 (K06) - 御崎公園駅 (K07) - 苅藻駅 (K08)
  • 括弧内は駅番号を示す。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]