小郡町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小郡町
廃止日 2005年9月30日
廃止理由 新設合併
山口市、徳地町秋穂町
小郡町阿知須町山口市
現在の自治体 山口市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方
山陽地方山陰地方
中国・四国地方
都道府県 山口県
吉敷郡
団体コード 35402-3
面積 33.40km²
総人口 23,173
(2003年)
隣接自治体 山口市宇部市美祢郡美東町
町の木
町の花 サルビア
町の花木 つつじ
小郡町役場
所在地 754-8511
山口県吉敷郡小郡町大字下郷609-1
小郡町役場
特記事項 1944年 - 1949年の間、一時消滅していた
(山口市と合併後、分離)
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

小郡町(おごおりちょう)は、山口県の中央部にあった

概要[編集]

古くからの山陽道宿場町で、宇部線山口線の開通後は陰陽交通の鉄道結節点としての機能が高まり、三田尻駅(現:防府駅)から機関庫が移転し鉄道商工業の町として栄える。山陽新幹線が開通してからは、県央部唯一の新幹線駅が置かれたため、中央企業の出先も徳山駅のある周南市とともに多い。駅の新幹線口は開発されて田園風景の中にビルが林立するオフィス街となっていた。

町内には、2003年10月1日に小郡駅から改称した、西日本旅客鉄道(JR西日本)新山口駅があり、 駅名改称を条件に山陽新幹線のぞみ」が一部停車するようになった。

2005年10月1日に山口市、吉敷郡秋穂町阿知須町佐波郡徳地町と新設合併して山口市となり消滅した。

地理[編集]

山口県のほぼ中央、椹野川沿いに町域が広がっていた。合併直前は町域のほとんどを山口市に囲まれていた。

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

地域[編集]

教育[編集]

文化[編集]

小字[編集]

上郷地区[編集]

  • 岩屋(いわや)
  • 仁保津上(にほづかみ)
  • 仁保津下(にほづしも)
  • 仁保津東(にほづひがし)
  • 白土(しらつち)
  • 前畑(まえはた)
  • 奥畑(おくはた)
  • 平原(ひらばら)
  • 宮ノ原(みやのはら)
  • 宮ノ前(みやのまえ)
  • 光が丘(ひかりがおか)
  • 八方原(やかたばら)
  • 新町東上(しんまちひがしかみ)
  • 新町東下(しんまちひがししも)
  • 新町西(しんまちにし)
  • 円座東(えんざひがし)
  • 円座西(えんざにし)
  • 流通センター東(りゅうつうせんたーひがし)
  • 流通センター西(りゅうつうせんたーにし)

下郷地区[編集]

  • 柳井田(やないだ)
  • 蔵敷(くらしき)
  • 新丁(しんちょう)
  • 中央通(ちゅうおうどおり)
  • 尾崎(おざき)
  • 金堀(かなほり)
  • 山手上(やまてかみ)
  • 山手下(やまてしも)
  • 矢足(やあし)
  • 長谷(ながたに)
  • 長谷西(ながたににし)
  • 柏崎(かしわざき)
  • 津市上(ついちかみ)
  • 津市中(ついちなか)
  • 津市下(ついちしも)
  • 津市南(ついちみなみ)
  • 東津上(ひがしづかみ)
  • 東津中(ひがしづなか)
  • 東津下(ひがしづしも)
  • 明治北(めいじきた)
  • 明治東(めいじひがし)
  • 明治西(めいじにし)
  • 大正上(たいしょうかみ)
  • 大正中(たいしょうなか)
  • 大正下(たいしょうしも)
  • 元橋(もとばし)
  • 三軒屋(さんげんや)
  • 田町(たまち)
  • 金池(かないけ)

交通[編集]

道路[編集]

鉄道[編集]

主要施設[編集]

小郡町出身の有名人[編集]

物語の舞台[編集]

その他[編集]

  • 市外局番は,083(600 - 609,910 - 916,918,919,970 - 989) となっている。
    • 083(600 - 609,910 - 916,918,919,970 - 989) エリア

外部リンク[編集]