小樽短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小樽短期大学
画像募集中
画像募集中
大学設置/創立 1967年
学校種別 私立
設置者 学校法人共育の森学園
本部所在地 北海道小樽市入船4-9-1
学部 英語・経営実務科
ウェブサイト 小樽短期大学公式サイト
テンプレートを表示

小樽短期大学(おたるたんきだいがく、英語: Otaru Junior College)は、北海道小樽市入船4-9-1に本部を置く日本私立大学である。1967年に設置された。大学の略称はOJC。2006年8月4日、学校法人小樽昭和学園は札幌地裁民事再生法の適用を申請した。負債総額は約3億7800万円。学生数が減少し、2005年度と2006年度は学生数が定員の半数を割り文部科学省からの私学補助金が受給できない状況になっていた。徳島市に本社を置き四国地方で「高川予備校」を運営するタカガワの支援を受け、経営再建を目指した。しかし学生募集の見通しが立たず、債権整理が困難などの理由から短大の存続を断念した。2007年度の新入生募集を停止し、2008年3月で閉校した。

概要[編集]

大学全体[編集]

教育および研究[編集]

  • 小樽短期大学は、英語をベースにビジネスに関する専門科目が置かれ、「観光学」と称した科目ではJR北海道の企業研修が取りいれられていたところに教育の特色があった。
  • 「放送コミュニケーション演習」と称した科目ではエフエム小樽放送局の協力が得られた。
  • 外国語科目にはハングル語があった。

学風および特色[編集]

  • 小樽短期大学では、オーストラリア語学研修やハワイリゾートホテルでのホテル実習ほかニセコ研修が執り行われていた。
  • 新入生歓迎会にダンスパーティーが採り入れられていた。

沿革[編集]

  • 1967年 小樽女子短期大学(おたるじょしたんきだいがく)として開学。英文科を置く[1]
  • 1990年 経営実務科を増設する。
  • 1999年 小樽短期大学と改称。共学となる。
  • 2004年 英文科と経営実務科を統合してビジネスコミュニケーション総合学科となる。
  • 2006年4月 学科名を英語・経営実務科とする。
  • 2006年8月 学校法人小樽昭和学園、民事再生法適用を申請。タカガワが再建スポンサーとなる。
  • 2006年10月 学校法人小樽昭和学園を学校法人小樽高川学園に名称変更。
  • 2006年11月 再建を断念。
  • 2007年10月 学校法人小樽高川学園を学校法人共育の森学園に名称変更。
  • 2008年3月 閉学[2]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 北海道小樽市入船4-9-1

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 英語・経営実務科
学科の変遷[編集]
  • 英文科
  • 経営実務科
設置計画のあった学科[編集]
  • 保育科
  • 介護福祉科[3]

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

附属機関[編集]

  • 附属図書館

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 小樽短期大学の学園祭は「聖丘祭」と呼ばれていた。

スポーツ[編集]

  • 1999年、男女共学になった際にバスケットボール部が創部され、「北海道地区大学体育大会」に参加していた。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

施設[編集]

キャンパス[編集]

[編集]

  • 小樽短期大学には「ひじり寮」と呼ばれる学生寮があり、収容定員は20名程度となっていた。

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

オーストラリア[編集]

カナダ[編集]

アメリカ[編集]

系列校[編集]

社会との関わり[編集]

  • かつて、深川駅留萌駅を走行していたSL「すずらん号」において、本短大の学生による客室案内や車内販売が行われていたことがある。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当初の在学者数は59人となっている。
  2. ^ 但し、ホームページによると附属図書館は開放されているらしく、キャンパスも残っており、廃止認可はまだなされていないようなので正式には休校状態である
  3. ^ 2008年度を目途に設置計画がなされていた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]