宮松重紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

宮松 重紀(みやまつ しげき)は日本の指揮者神奈川県立柏陽高等学校横浜国立大学教育学部卒業後、1991年に東京藝術大学指揮科を首席卒業。

大野和士を始めとして、ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー山田一雄遠藤雅古等に師事。

東京混声合唱団コンダクター・イン・レジデンス。東京音楽大学指揮科、横浜国立大学講師。山梨学院大学附属小学校特別講師。

これまでに東京フィルハーモニー交響楽団東京交響楽団東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団群馬交響楽団広島交響楽団等に客演。また、小澤征爾大野和士チョン・ミュンフンリッカルド・ムーティ広上淳一等のオペラやオーケストラ公演の合唱指揮・副指揮を務めている。

カールマン:歌劇「サーカスの女王」、ペルゴレージ:歌劇「やきもち亭主」の日本初演者。


「大きな流れと繊細さを併せ持つ指揮者」「歌手を自由にさせながらオーケストラを歌わせる能力に舌を巻く」との批評を新聞・専門誌に掲載される。彼の指揮からは人間的な温かみと、シャープさを兼ね備えた音が生まれる。オペラを中心に活動している彼だが、オーケストラ公演でも、まず器楽奏者に歌わせることを徹底させる姿勢がうかがえる。上の批評の通り、楽器を歌わせる技術は他の指揮者の追随を許さない。