宮本文昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

宮本 文昭(みやもと ふみあき、 1949年11月3日 - )は、日本の元オーボエ奏者で、東京音楽大学教授。2007年3月31日にオーボエ奏者を引退した。東京都港区出身。ジャパン・アーツ所属。指揮者としても活動している。

来歴・人物[編集]

桐朋女子高等学校音楽科卒業後18歳でドイツに渡り、北西ドイツ音楽アカデミーに学ぶ。エッセン市立交響楽団、フランクフルト放送交響楽団を経て、ケルン放送交響楽団の首席オーボエ奏者を務めた。日本でもオーボエ奏者の第一人者として知られている。父は名テノール、宮本正。桐朋高校での師は鈴木清三、ドイツでの師はヘルムート・ヴィンシャーマン

日本でのデビューは1972年末に行った、クラリネットの村井祐児その他のグループでの室内楽演奏会。翌1973年夏に初のリサイタルを行い、その後ドイツ在任中も頻繁に日本でのリサイタル、室内楽、ポップ・ライヴなどを続けた。サイトウ・キネン・オーケストラの主要メンバーでもあった。

NHK朝の連続テレビ小説あすか』のテーマ曲「風笛(かざぶえ)」の演奏や、数々のCM曲の演奏、CM出演でも有名。ソニークラシカル他より25枚以上のアルバムをリリースしており、しかもその半分以上は純粋なクラシックではなく、ヒーリングミュージックに近いものであり、他の奏者とは一線を画している。

CMでは、1989年JT(日本たばこ産業)の「ピース・インターナショナル」のイメージキャラクターを務めた。その際、CM曲として「ボヘミアン・ダンス」(原曲は、ドビュッシー「ボヘミア舞曲」)、「メディテイション」(原曲は、マスネタイスの瞑想曲」)の演奏を手掛けた。

2007年3月31日を最後にオーボエ奏者としての活動を終了した。その後、指揮者としての活動などを行っており、2012年4月より東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の初代音楽監督に就任する。

ヴァイオリニストの宮本笑里は次女。ヱビスビールのTVCMでは親子共演している。また心理学者富田隆は小学校時代からの友人で、トークショーなどで共演している。

著書[編集]

CM出演[編集]

ラジオ出演[編集]

  • ミュージックバード「宮本文昭のNEXTAGE」(2007年4月~2011年3月)レギュラー
  • ミュージックバード「宮本文昭の音楽・雑学・人生楽」(2011年4月~)レギュラー

テレビ出演[編集]

  • タモリ倶楽部(不定期)主にクラシック関連のテーマで出演
    • (2011年4月23日)「フルトヴェングラー生誕125周年記念 クラシック名盤『(秘)音』鑑賞会」
    • (2013年5月4日)「昔のスーパースターもゴシップまみれ!? クラシック作曲家のスキャンダルな素顔に迫る」
    • (2013年6月8日)「キッチンシンフォニー 名曲!家電音楽の夕べ」
    • (2014年3月29日)「春の重低音フェス2014 愛と哀しみのコントラバス大集合」

外部リンク[編集]