タイスの瞑想曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タイスの瞑想曲(タイスのめいそうきょく)は、ジュール・マスネが作曲した歌劇タイス」(1894年初演)の第2幕第1場と第2場の間の間奏曲。その甘美なメロディーによって広く知られている。本来はオーケストラと独奏楽器(ヴァイオリン)にコーラスの形であるが、室内楽編曲も多い。

楽曲[編集]

Andante religioso

簡単な三部形式ヴァイオリンが独奏楽器をつとめる。Fis-D-A-D-Fis-H-Cis-Dの旋律が有名。

中間部は平行調ニ短調におさまらない複雑な部分。再現部は形式通りであるが、コーダはヴァイオリンのフラジオレットなど優美なもの。

オペラでは娼婦タイスが修道士アタナエルによって改悛するシーン。演奏記号のとおり崇高な美をたたえる。

原作[編集]

オペラ「タイス」の原作はアナトール・フランスの『舞姫タイス』(en:Thaïs)である。

外部リンク[編集]