大山健二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おおやま けんじ
大山 健二
本名 大山 健治
生年月日 1904年2月8日
没年月日 1970年
出生地 日本の旗 日本 福島県田村郡三春町
職業 俳優
ジャンル 劇映画現代劇サイレント映画トーキー)、テレビ映画
活動期間 1925年 - 1969年
家族 高崎俊夫(大甥、姉の孫)
主な作品
花嫁選手

大山 健二(おおやま けんじ、1904年2月8日 - 1970年)は、日本の俳優である[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11]。本名大山 健治[2]1920年代 - 1930年代松竹蒲田撮影所松竹大船撮影所の映画において、大柄な体格に、お人よしの学生がハマリ役であり、その姿は「松竹の青春娯楽映画の好ましい彩り」と評された[1]

人物・来歴[編集]

1904年明治37年)2月8日福島県田村郡三春町に生まれる[1][3][7]。姉の孫にあたる人物に高崎俊夫がいる[12]

旧制小学校を卒業後、両親とともに日本統治時代の朝鮮京城府(現在の大韓民国ソウル特別市)に移り[2]旧制・京城薬学専門学校(現在のソウル大学校薬科大学)を卒業し、病院に勤務した[1][2][3]。同校卒業後、東京に移り[2]、1925年(大正14年)、東京の松竹蒲田撮影所が「俳優募集」をしていることを知り、これに応募して、同撮影所の研究所に入る[1][2][3]。同研究所卒業後、同社に入社、翌1926年(大正15年)3月12日に公開された大久保忠素監督のサイレント映画愛の力は雪でも溶す』に出演して、映画界にデビューした[1][2][4][5]。1932年(昭和7年)1月9日、若水絹子澤蘭子江川宇礼雄飯塚敏子富士龍子とともに準幹部に昇格[13]、同年1月29日に公開された成瀬巳喜男監督の『女は袂を御用心』で主演した[4]。1936年(昭和11年)1月15日、同撮影所は、全機能を神奈川県鎌倉郡大船町(現在の同県鎌倉市大船)に新設された松竹大船撮影所(現存せず)に移転、それにともなって、大山も異動した[1][4][5]

第二次世界大戦末期の1944年(昭和19年)には松竹を退社して、フリーランスとなる[1]。同年3月23日に公開されたマキノ正博監督の『不沈艦撃沈』が所属時の映画出演の最後であり[4][5][7][11]、同年9月に「松竹大船連」として、京都座の時局笑篇『プロペラ一家』に岡村文子とともに舞台実演したのが、記録に残る所属時の最後の仕事である[14]

戦後まもなくから東宝新東宝中心に出演する[1][4][5]。1957年(昭和32年)に大映東京撮影所に入社、脇役として多くの映画に出演した[1][4][5]。1959年(昭和34年)には、フジテレビジョンが製作・全国ネット放映した単発テレビ映画シリーズ『東芝土曜劇場』に出演しているが、その後、テレビ映画への出演は少なく、ほかには同社のテレビ室(現在の大映テレビ)が製作した連続テレビ映画『ザ・ガードマン 東京警備指令』(1965年)、『土曜日の虎』(1966年)にそれぞれゲスト出演したのみである[10]。1969年(昭和44年)4月19日に公開された臼坂礼次郎監督による『ある見習看護婦の記録 赤い制服』が、記録に残る最後の出演作となった[4][5][7][11]

1970年(昭和45年)に死去したという[12]。満66歳没。

フィルモグラフィ[編集]

生さぬ仲』(1932年)出演時、満28歳。岡譲二の下宿の隣人役、左から大山富士龍子
夜ごとの夢』(1933年)出演時、満29歳。小倉繁とともに女給の栗島すみ子のなじみの船員役。
入婿合戦』(1936年)出演時、満32歳。左から大山高杉早苗小林十九二
居候は高鼾』(1939年)出演時、満35歳、それでも学生役。左から大山近衛敏明高峰三枝子夏川大二郎日守新一

すべてクレジットは「出演」である[4][5]。公開日の右側には役名[4][5]、および東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)、マツダ映画社所蔵等の上映用プリントの現存状況についても記す[11][15]。同センター等に所蔵されていないものは、とくに1940年代以前の作品についてはほぼ現存しないフィルムである。資料によってタイトルの異なるものは併記した。

松竹蒲田撮影所[編集]

特筆以外すべて製作は「松竹蒲田撮影所」、すべて配給は「松竹キネマ」、特筆以外すべてサイレント映画である[4][5]

  • 花嫁の寝言』 : 監督五所平之助、トーキー、1933年1月14日公開 - 落第生大久保、57分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 涙の渡り鳥』 : 監督野村芳亭、サウンド版、1933年2月15日公開
  • 応援団長の恋』 : 監督野村浩将、トーキー、1933年3月1日公開 - 副團長 藤田、78分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 泣き濡れた春の女よ』 : 監督清水宏、トーキー、1933年5月11日公開 - ぐず安、96分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 彼女と金魂』 : 監督斎藤寅次郎、1933年6月8日公開
  • 夜ごとの夢』 : 監督成瀬巳喜男、1933年6月8日公開 - 船員、64分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 天竜下れば』(『天龍下れば』[11]) : 監督野村芳亭、サウンド版、1933年7月6日公開 - 大学生野々村剛、71分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 男やもめの厳さん』 : 監督斎藤寅次郎、1933年7月27日公開 - 主演
  • さすらいの乙女』 : 監督野村芳亭、サウンド版、1933年8月10日公開
  • 東京音頭』 : 監督野村芳亭、サウンド版、1933年9月29日公開 - 大山太雄、87分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 嬉しい頃』 : 監督野村浩将、トーキー、1933年10月19日公開 - 社員大村、83分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 理想の良人』 : 監督重宗務、1933年10月26日公開
  • 大学の若旦那』 : 監督清水宏、サウンド版、1933年11月1日公開 - 柔道部主将堀部、85分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 愛撫』(ラムール) : 監督五所平之助、1933年11月9日公開 - 英夫の学友、113分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 箱入娘』 : 監督小津安二郎、サウンド版、1935年1月20日公開 - 若旦那
  • 母の恋文』 : 監督野村浩将、トーキー、1935年4月18日公開 - 社員斎藤、106分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 若旦那 春爛漫』 : 監督清水宏、トーキー、1935年5月16日公開 - 学生
  • 輝け少年日本』 : 監督佐々木恒次郎・佐々木康、トーキー、1935年5月24日公開 - 大工善さん
  • 彼と彼女と少年達』 : 監督清水宏、サウンド版、1935年5月30日公開 - ドン公の父
  • 春琴抄 お琴と佐助』 : 監督島津保次郎、トーキー、1935年6月15日公開 - 若旦那B、100分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 大学の赤ん坊』 : 監督深田修造、サウンド版、1935年9月5日公開 - 主演
  • 吹けよ恋風』 : 監督五所平之助、トーキー、1935年9月12日公開
  • あこがれ』 : 監督五所平之助、サウンド版、1935年10月1日公開 - 運ちゃん留さん、「スタヂオF」版のみが10分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 永久の愛 前篇』 : 監督池田義信、サウンド版、1935年10月15日公開 - 夫 嘉助
  • 永久の愛 後篇』 : 監督池田義信、サウンド版、1935年10月15日公開 - 夫 嘉助
  • 人生のお荷物』 : 監督五所平之助、トーキー、1935年12月10日公開 - 夫 小見山哲雄、66分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 若旦那 百万石』 : 監督清水宏、トーキー、1936年1月30日公開 - 茶園の若旦那・玄太郎
  • 感情山脈』 : 監督清水宏、トーキー、1936年2月15日公開 - 永藤
  • 大学よいとこ』 : 監督小津安二郎、サウンド版、1936年3月19日公開 - 河原

松竹大船撮影所[編集]

すべて製作は「松竹大船撮影所」、特筆以外すべて配給は「松竹キネマ」のち「松竹」、特筆以外すべてトーキーである[4][5]

  • 家族会議』 : 監督島津保次郎、1936年4月3日公開 - 取引員、71分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 愛の法則』 : 監督清水宏・佐々木康、1936年4月29日公開 - 西田
  • 朧夜の女』 : 監督五所平之助、1936年5月14日公開 - 学生、111分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 自由の天地』 : 監督清水宏、1936年6月25日公開
  • 入婿合戦』 : 監督野村浩将、1936年7月15日公開
  • 大当り八百屋先生』 : 監督中村敏郎、製作松竹下加茂撮影所、1936年8月7日公開
  • 人妻椿 前篇』 : 監督野村浩将、1936年10月4日公開 - 映画社撮影所長、80分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 新道 前篇朱実の巻』 : 監督五所平之助、1936年11月30日公開 - 青野飛行士、64分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 青春満艦飾』 : 監督清水宏、1936年12月10日公開 - 大山

フリーランス[編集]

下記の通りである[4][5][7]

大映東京撮影所[編集]

特筆以外すべて製作は「大映東京撮影所」、すべて配給は「大映」である[4][5][7]

  • 大都会の午前三時』 : 監督西条文喜、1958年1月22日公開 - 早川剛造
  • 春高樓の花の宴』 : 監督衣笠貞之助、1958年1月29日公開 - 間宮新助、111分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 手錠』 : 監督阿部毅、1958年2月12日公開 - 捜査一課長
  • 土俵物語』 : 監督村山三男、1958年3月5日公開 - 大岩
  • 氷壁』 : 監督増村保造、1958年3月18日公開 - 時松専務、96分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 愛河』 : 監督田中重雄、1958年4月22日公開 - 専務
  • 巨人と玩具』 : 監督増村保造、1958年6月22日公開 - 北、95分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 赤線の灯は消えず』 : 監督田中重雄、1958年7月13日公開 - 三津の客
  • 不敵な男』 : 監督増村保造、1958年9月7日公開 - 立花警部、85分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 一粒の麦』 : 監督吉村公三郎、1958年9月14日公開 - 役名不明、112分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 母の旅路』 : 監督清水宏、1958年9月21日公開 - 松木、92分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 白鷺』 : 監督衣笠貞之助、1958年11月29日公開 - 役名不明、97分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 嫌い嫌い嫌い』 : 監督枝川弘、1960年2月24日公開 - 角田社長
  • 女は抵抗する』 : 監督弓削太郎、1960年3月8日公開 - 由紀子の父
  • 勝利と敗北』 : 監督井上梅次、1960年4月27日公開 - 真島、116分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 偽大学生』 : 監督増村保造、1960年10月8日公開 - 裁判長、94分尺で現存(NFC所蔵[11]
  • 』 : 監督島耕二、1960年10月8日公開 - 君立産業社長
  • 犯行現場』 : 監督阿部毅、1960年11月9日公開 - 神崎

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j キネマ旬報社[1979], p.112.
  2. ^ a b c d e f g 明潮社[1929], p.38.
  3. ^ a b c d 大山健二jlogos.com, エア、2013年2月15日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 大山健二日本映画データベース、2013年2月15日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 大山健二、日本映画情報システム、文化庁、2013年2月15日閲覧。
  6. ^ 大山健二、映連データベース、日本映画製作者連盟、2013年2月15日閲覧。
  7. ^ a b c d e f 大山健二KINENOTE, 2013年2月15日閲覧。
  8. ^ 大山健二allcinema, 2013年2月15日閲覧。
  9. ^ a b c d 大山健二、映画データベース、東宝、2013年2月15日閲覧。
  10. ^ a b 大山健二テレビドラマデータベース、2013年2月15日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr 大山健二東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年2月15日閲覧。
  12. ^ a b 清水宏と大山健二高崎俊夫清流出版、2013年2月15日閲覧。
  13. ^ 松竹[1985], p.244.
  14. ^ 国立劇場[2005], p.161.
  15. ^ 主な所蔵リスト 劇映画 邦画篇マツダ映画社、2013年2月15日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]