和光 (商業施設)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社和光
Wako Co., Ltd.
銀座和光本店
夕暮れの和光
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:104-8105
東京都中央区銀座4-5-11
設立 1881年(小売部門独立は1947年
業種 小売業
事業内容 高級装飾品や食品の販売
代表者 代表取締役社長 村上斉
主要株主 セイコーホールディングス株式会社 100%
関係する人物 服部金太郎
外部リンク http://www.wako.co.jp/
テンプレートを表示

和光(わこう、英称:Wako)は「株式会社和光」が展開する店舗名であり、日本商業施設である。

概要[編集]

本店・本館は東京銀座の中心にあり、「銀座和光」とも呼ばれる。プライベートブランド(セイコー製)の時計やジュエリーに加え日本国内外の腕時計、ジュエリー、陶磁器バッグなど高級装飾品を扱うことや著名人が多く訪れる高級専門店として有名である。アートギャラリーの「和光ホール」が6階にあり、様々な催事が常時行われている。

本館の時計塔は、銀座のシンボル的存在である。時計台には鐘楼があり、店舗営業時間中の毎正時に時刻数の鐘とウェストミンスターの鐘を奏でる。

銀座には本館の他には「インテリアショップ」、2011年8月にオープンした「アクリスショップ」また、2012年9月に新たにオープンした「和光アネックス」がある。かつては、「並木館」、「時計サロン」、「ギフトショップ」、「メガネショップ」、「チョコレートサロン」、「ベビーギフトショップ」、「チョコレートショップ」などの店舗が存在したが、2012年9月5日現在では上記の4店舗のみが営業している。(並木館は2008年1月にオープンしたが、不採算部門であるレストラン事業からの撤退を決め、9階の「WAKO CAFE」と10階の「レストラン THE WAKO」が2011年2月に閉店。並木館全体も同年9月に閉館した。)

本館は2008年に改装工事を行い、同年11月22日にリニューアルオープンした。

小売業種であるが、かつては日曜日祝日は休館であった(2010年10月から、本館と並木館では日曜、祝日も営業するようになり、2011年2月のレストラン THE WAKOの閉店で銀座地区の全店舗が無休となった)。2008年にセイコーホールディングスから20億5000万円の増資を受ける。セイコーHDによれば、2010年時点において17億円の債務超過の状態にある[1]

歴史[編集]

1881年12月、服部金太郎が「服部時計店」(現:セイコーホールディングス)として創業。1947年4月に小売部門が独立し、現在に至る。終戦直後は進駐軍向けのPX(基地内売店)として機能していた。1894年にできた服部時計タワーは現在の和光がある場所に立っていたが、1921年に改築のために取り壊された。現在の和光本館として使われているネオルネサンス調ビルディング(渡辺仁設計)は、関東大震災後の1932年に「服部時計店ビル」として建てられたものである。時計台は、毎正時[2]2012年からは3月11日午後2時46分に、東日本大震災の犠牲者を悼んで特別に11回)、有名な「ウェストミンスターの鐘」を鳴らしている。

支店・ブティック[編集]

羽田空港大阪西心斎橋ホテル日航大阪1階に支店があり、ブティックもホテルオークラ店(東京)、名古屋観光ホテル店、松坂屋名古屋店、ホテルオークラ新潟店、札幌パークホテル店、大丸福岡天神店などに展開する。

周辺[編集]

1954年(昭和29年)公開の『ゴジラ』第1作で、時計塔の鐘の音に怒ったゴジラに破壊された。助監督の梶田興治によれば、映画を観たあとで本当にこの時計ビルが壊されているか確かめに来る人々が多かったという。また和光はこの劇中でのゴジラによる時計ビル破壊に激怒し、「銀座のステータス・シンボルを台無しにされた」として、東宝に猛抗議を入れてきた。梶田は「東宝も日劇をゴジラに壊されておりますので……」となだめにかかったが、和光側は「それは東宝さんのほうの事情でしょう」と納得せず、以後2年間、東宝作品での情景使用を絶対に認めなかったという[3]

脚注[編集]

  1. ^ MSN産経ニュース 【ドラマ・企業攻防】名門セイコーの“病巣” 血族たらい回しで統治機能マヒ (2/3ページ)[リンク切れ]
  2. ^ 銀座・和光 時計塔の歴史
  3. ^ 『キングコング対ゴジラ』DVDでの梶田助監督のコメンタリーより

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度40分18秒 東経139度45分54秒 / 北緯35.671607度 東経139.765027度 / 35.671607; 139.765027