利賀村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
とがむら
利賀村
廃止日 2004年11月1日
廃止理由 新設合併
福野町城端町平村上平村利賀村井波町井口村福光町南砺市
現在の自治体 南砺市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 富山県
東礪波郡
団体コード 16404-6
面積 177.58km²
総人口 855
(2005年国勢調査)
隣接自治体 八尾町山田村庄川町城端町平村井波町井口村白川村飛騨市
村の木 ササユリ
村の花 トチ
利賀村役場
所在地 939-2595
富山県東礪波郡利賀村利賀171番地
座標 北緯36度27分27秒
東経137度1分35秒
利賀村の県内位置図
特記事項 人口は住民基本台帳人口
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

利賀村(とがむら)は、かつて富山県東礪波郡におかれていた2004年11月1日に周辺町村と合併南砺市の一部となった。

村名は、の初代藩主である前田に由来する。

演劇の村として知られる。

地理[編集]

富山県の南西部に位置し、岐阜県に接する。標高1,000mを越える山々に囲まれた村域は南北に細長く、庄川の支流である利賀川、神通川の支流である百瀬川が縦断する村。

非常に急峻な峡谷地形であり、河川の間は険しい山塊に遮られる。同じ村内でも別流域間のアクセスは困難であり、新楢尾トンネルにより村としての一体性が保たれている。村外へのアクセスも峡谷を抜けるために困難で、県内で唯一アクセスが困難な自治体である。

村の中心部は利賀川流域である。

隣接していた自治体[編集]

行政[編集]

歴代村長[編集]

初代 小谷吉太郎 1890年5月-1893年5月
2代 野村市郎 1893年5月-1894年5月
3,4代 谷内有元 1894年5月-1901年4月
5代 高倉十平 1901年4月-1902年5月
6代 吉田清左衛門 1902年5月-1906年4月
7代 高倉彦九郎 1906年4月-1907年9月
8代 岡部平千 1908年5月-1909年5月
9代 高藤覚五郎 1909年5月-1913年5月
10代 岩腰義保 1913年6月-1915年2月
11代 高桑正吉 1915年4月-1917年3月
12代 宮崎作郎 1917年3月-1921年3月
13代 村井粂次郎 1921年4月-1925年4月
14-17代 須河信一 1925年10月-1940年3月
18代 城岸和市 1941年3月-1945年3月
19代 池田傅藏 1945年4月-1946年12月
20,21代 高田耕 1947年3月-1951年4月5日
22,23代 宮崎博至 1951年4月24日-1959年4月29日
24,25代 田中盛好 1959年4月30日-1967年4月29日
26,27代 野原清治 1967年4月30日-1975年4月29日
28-30代 野原啓藏 1975年4月30日-1987年4月29日
31-33代 宮崎道正 1987年4月30日-1999年4月29日
34,35代 米澤博孝 1999年4月30日-2004年10月31日

経済[編集]

産業[編集]

  • 産業人口(2000年国勢調査)
    • 第一次産業就業人口 36人
    • 第二次産業就業人口 269人
    • 第三次産業就業人口 400人

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

利賀村出身で武蔵野市助役(のち市長)を務めた藤元政信の仲立ちにより都市・農村交流が始まる[2]
提携当時、日本一の高さを持つ林道橋(龍天橋、100m)と、日本一長い林道トンネル(新山の神トンネル、1430m)を持っていた縁から[3]

国外[編集]

1985年7月、利賀村で開催していた利賀フェスティバル世界演劇祭を訪問したギリシャ側(デルフィ世界演劇祭委員長ら)より、ともに「世界演劇祭」を開催していること、自然環境が似ていることから提携を提起。1986年6月にデルフィ市で姉妹都市盟約書調印。7月30日にはデルフィ市長らが来村し[4]、利賀村野外劇場で同様に調印式を行った[5]
1986年6年、「そばの郷」建設のために世界のそば産地の資料を収集する際に、氏原暉男(信州大学教授)の仲介でツクチェ村に協力を依頼したことが縁。1989年1月、ツクチェ村の寺院で友好村盟約調印[5][7][8]
そば産地で「ソバの花の祭り」が開催されている平昌郡から、利賀村の「そば祭り」に視察がおこなわれたのが契機。2002年、友好協力に関する議定書に調印。

地域[編集]

教育[編集]

  • 南砺市立利賀小学校
  • 南砺市立利賀中学校

交通[編集]

道路[編集]

一般国道

都道府県道

道の駅

船舶[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

演劇による地域活性化の取り組み[編集]

典型的な過疎の村であったが、1976年演出家鈴木忠志が率いる早稲田小劇場が拠点を利賀村に移したことに、村は様々な側面から支援を行った。1982年から毎年、世界演劇祭利賀フェスティバルを行うことになり、内外の演劇界から注目を浴びるほどのイベントとなった。これらの演劇を中心とした事業が、高い成果を上げ、過疎の村が世界的知名度を得たことから、過疎地域の活性化モデルとして有名になった。

出身有名人[編集]

政治家[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 砺波地域市町村合併協議会 協議項目別調整方針 (PDF) - 砺波地域市町村合併協議会
  2. ^ 武蔵野市・一般交流 - 南砺市友好交流協会
  3. ^ 宮崎きょうの歴史 - 宮崎日日新聞
  4. ^ a b デルフィ市 - 南砺市友好交流協会
  5. ^ a b c d 姉妹提携情報 - 自治体国際化協会
  6. ^ 富山県南砺市 (旧利賀村)-デルフィ市 - 在ギリシャ日本国大使館
  7. ^ 姉妹自治体優良事例紹介 - 自治体国際化協会
  8. ^ ツクチェとの交流 - 利賀ふるさと財団「そばの郷」
  9. ^ 平昌郡 - 南砺市友好交流協会

外部リンク[編集]


このページはウィキプロジェクト 日本の市町村のテンプレートを使用しています。