処女喪失

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

処女喪失(しょじょそうしつ)とは処女を失うこと、すなわち女性が異性(男性)と性交を経験して処女でなくなること[1]

ここでの「性交」とは、へのペニスの挿入を意味する。指やバイブレーター等の異物の挿入あるいは激しい運動や事故での処女膜の損傷については処女喪失とはされないが、例外的にそれらを処女喪失と表現する例も見受けられる。男性との性交渉を行うことなく、自分自身で処女膜を破ることにより、社会生活上処女喪失とほぼ同じ効果を得ることも可能であり、処女喪失と表現されている[2]

一方、男性が初めて異性(女性)と性交を経験することを童貞喪失と言う[3]。また肛門に初めてペニスを挿入されることを、男女を問わずアナル喪失などと表現することもある。

同義語[編集]

処女喪失の同義語として、ロストバージン[4]破瓜初体験、女になる、男を知る、初エッチなどがある。破瓜は厳密には処女喪失ではなく、処女膜が損傷することを意味する。初体験は性交の初体験には限定されず、また男性の初めての性交も意味するが、他の意味を示す文脈以外で使用された場合は、概ね性交の初体験という意味である。なお、初体験は、「はつたいけん」と読むのが正しいが、性交の場合は、「しょたいけん」と発音されることが多い。

処女信仰[編集]

処女喪失は、一生に一度のことであると共に、殆どの場合、痛みと出血を伴う。 また一部の男性が処女に対して信仰心を持つ。 処女信仰の男性は女性が処女であることを喜び、価値を見出す。 処女喪失は、女性本人以上に男性の関心を集めている。

男はいつも女の最初の愛人になりたがり、女はつねに男の最後の愛人になることを望む。

オスカー・ワイルド『何でもない女』

処女喪失と結婚[編集]

日本の性文化は、時代によって大きく異なる。近世までは、多くの村において夜這いの風習があり、12~16歳前後になった女子は、一人前の女性になるための儀礼として、選ばれた村人の一人に性交を教わることさえあった。処女喪失した後は、村の不特定多数の男性と性交したり(乱交ではなく、相手が次々に変わったという意味)、年配の女性が男子の筆おろしをしたり…といった事が行なわれていた。これらは、レクリエーション的な側面や、豊作祈願などの祭りの側面などもあった。

ただし、武士や公家などの身分の高い人々の間にはこのような風習は無かったとされている。

農漁村部における夜這いの風習は、高度経済成長期直前まで残っていた地域もある。

明治時代、日本では女性は結婚するまで処女を守ることが良いとされた。都会の女性のように処女を守る事が進んでいるとされ、逆に処女を守らない田舎の女性は遅れているとされた。これは文明開化と共に当時の西洋の考え方を導入した結果である。明治の思想家の与謝野晶子も「私の貞操観」「貞操は道徳以上に尊貴である」「女子と貞操観念」などで貞操や処女性の重要性を説いた。

1970年代頃までは、女性は処女のまま結婚するのが理想的とされた。貞操と引換に結婚していたのである。その後、フリーセックスやフェミニズムなどが日本にも浸透し、徐々に結婚前に肉体関係をもつ事が広がっていった。

処女喪失に伴う痛みと出血[編集]

処女喪失の痛みは処女膜が裂けること(破瓜)によるものの他に、性交に慣れていない膣の拡張や、膣粘膜と陰茎との摩擦による刺激や傷などによって生じる。処女喪失の出血は処女膜だけでなく傷ついた膣粘膜からの場合もある。しかし、膣が十分に発達している場合、出血しないこともあり、また出血したからといって処女とは限らない。

処女喪失の年齢[編集]

財団法人日本性教育協会が2005年に行った調査では中学で性交経験がある女性は3%程度である。どの年度も2-4%でこれは昔とほとんど変わらない。まだ少数の若者の行動である。高校、大学と年齢があがるにつれて増えていく。性行動の低年齢化はどちらかといえば男子よりも女子にあらわれている。

各国の性に対する意識[編集]

日本近隣諸国との比較[編集]

結婚前は純潔を守るべきである (単位:%)
全くそう思う まあそう思う あまりそう思わない 全くそう思わない 無回答
日本 11.4 29.5 38.1 20.7 0.3
6.3 22.9 48.0 22.2 0.6
アメリカ 16.2 31.3 28.9 14.2 9.3
21.8 34.1 27.8 8.2 8.2
中国 40.2 32.7 17.7 7.7 1.7
43.6 32.9 14.5 7.3 1.6
韓国 28.5 42.7 20.5 7.8 0.5
43.1 33.5 18.7 4.2 0.6

(日本青少年研究所 「高校生の生活と意識に関する調査」2004年2月 )

2004年に日本青少年研究所が発表した「高校生の生活と意識に関する調査」によると「結婚前は純潔を守るべきである」に対して「全くそう思う」と思う日本男子高校生は11.4% で同女子はわずか6.3%と米中韓と比べ圧倒的に低い結果が出た[5]

また純潔肯定派は米中韓のいずれの国でも男子より女子の方が多いが、日本は逆で男子の方が貞操観念がある。

アメリカ[編集]

アメリカ は「古きよき時代のアメリカ」といわれた1940年から1960年代までは性の倫理面を重視していた。離婚は少なく健全な家庭生活が推奨された。1960年代後半、欧米中心に性開放の運動が広がり、フリーセックスの風潮も広がった。1990年以降は行き過ぎた性解放が見直された[6]。2000年頃には一部で純潔運動が起こった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「処女」という日本語(漢語)には時代によって意味合いに変遷があるが(処女#語源と用法参照)、ここではもっぱら「性交を経験していない女性」の意味で用いる。
  2. ^ 自分で処女喪失できる!!
  3. ^ 「童貞」という語は、元来性交経験のない男女双方に用いられたが(処女#語源と用法童貞#言葉参照)、現在ではもっぱら男性について用いられる。
  4. ^ これは和製英語であり、英語で「処女喪失」を意味する語は「defloration」。英語版の記述ではen:Virginity#Loss of virginity
  5. ^ 高校生の生活と意識調査、純潔肯定派4カ国中最低”. 2004年2月25日閲覧。
  6. ^ 米国の性意識、性行動及び性教育の動向と我が国の課題 (PDF) 四天王寺国際仏教大学紀要

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]