偽果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イチゴでは、いわゆる「種」の1つ1つがそれぞれの花の雌蕊に由来する痩果である。

偽果(ぎか、Accessory fruit)は、子房ではなく、その隣接組織に由来する果実状の器官である。

イチジクイチジク状果と呼ばれるタイプの偽果である。リンゴナシのようなナシ状果は、芯の部分が真の果実である偽果である[1]

英語ではfalse fruit、spurious fruit、pseudocarp等とも呼ばれるが、不適切であるとして[2]今日の植物学界では使われていない。

出典[編集]

  1. ^ Merriam Webster Collegiate Dictionary entries for syconium, accessory fruit, core, and strawberry, Merriam-Webster, Inc., 2006
  2. ^ Esau, K. 1977. Anatomy of seed plants. John Wiley and Sons, New York.