タデ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タデ科
Polygonum orientale1.jpg
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
: ナデシコ目 Caryophyllales
: タデ科 Polygonaceae
タイプ種
ミチヤナギ Polygonum aviculare
亜科

タデ科(たでか、Polygonaceae)は双子葉植物の目の1つである。

50–60属[3]、約1100種[3]

種数の多い属としては、約250種のエリオゴヌム属 Eriogonum 、約200種のギシギシ属 Rumex 、約130種のハマベブドウ属 Cocoloba 、約100種のイヌタデ属 Persicaria がある[1]。かつては300種を有すタデ属 Polygonum s.l. があったが、約8属に分割された[3][4]

日本には3-12属約70種が自生または帰化する。

特徴[編集]

草本または低木つる性もある)で、北半球温帯を中心に世界的に分布する。

は子房上位で放射相称、花弁の区別はなく花被片は4から6個で、花後も宿存して果実を包むものが多い。総状または穂状花序をなす。果実は偏平または3稜形で種子を1個含む。托葉があり、鞘状に茎を抱くものが多いが、広がって本物のと同じくらい大きくなるものもある。

系統[編集]

タデ科は、葉鞘のあるタデ亜科と葉鞘のない Eriogonoideae の2亜科に分かれ、亜科はそれぞれ数連に分かれる[3][4]

ただし、より基底的かもしれないが詳細な系統位置は未確定な数属があり[2][1]、新科 Symmerioideae が提唱されている[1]


タデ科
タデ亜科



Polygoneae



Rumiceae



Calligoneae




Fagopyreae




Persicarieae



Eriogonoideae






Eriogoneae



Pterostegieae




Gymnopodieae




Triplarieae




Leptogoneae




Coccolobeae




Brunnichieae




? Afrobrunchia


Symmerioideae

Symmeria




イソマツ科 Plumbaginaceae



タデ科全体は、イソマツ科姉妹群である[5]。かつてのクロンキスト体系では単独でタデ目としていたが、新しいAPG植物分類体系ではナデシコ目に入れている。

主な属と種[編集]

古い説などで唱えられていた属

  • タデ属 Polygonum s.l. - ソバカズラ属 Fallopia ・イタドリ属 Reynoutria ・ミチヤナギ属 Polygonum (s.s.) ・ソバ属 Fagopyrum ・チシマミチヤナギ属 Koenigia の一部・オンタデ属 Aconogonon ・イブキトラノオ属 Bistorta ・イヌタデ属 Persicaria に相当していた属。多系統であり分割された。
  • ミズヒキ属 Antenoron - タデ属ミズヒキ節 sect. Tovara を分割する説。系統的にイヌタデ属内に位置する[6]
  • ツルドクダミ属 Pleuropterus - タデ属ツルドクダミ節 sect. Pleuropterus を分離する節。イタドリ節 sect. Reynoutria と近縁であり、合わせてイタドリ属となる[4]
  • カンキチク属 Homalocladium - カンキチク単型属。系統的にミューレンベッキア属内に位置する[4]

利用[編集]

最も経済的に重要なものは、穀物ソバである。また野菜香辛料とされるルバーブヤナギタデ(普通タデと呼ばれる)、また漢方薬などの薬用にされるダイオウ(大黄)やツルドクダミ(何首烏)がある。

雑草とされるものの中にも、ヨーロッパで野菜とされるスイバや、山菜イタドリがある。

アイはかつて染料として使われた。

またミズヒキやタデ類の一部などが観賞用に栽培される。

出典[編集]

  1. ^ a b c d Burke, Janelle M.; Sanchez, Adriana (2011), “Revised subfamily classification for Polygonaceae, with a tribal classification for Eriogonoideae”, Brittonia 64 (4): 510–520, http://link.springer.com/article/10.1007/s12228-011-9197-x 
  2. ^ a b Sanchez, Adriana, Evolutionary Relationships in Polygonaceae with Emphasis on Triplaris, Wake Forest Univesity, http://wakespace.lib.wfu.edu/bitstream/handle/10339/33474/Sanchez_wfu_0248D_10065.pdf 
  3. ^ a b c d Galasso, G.; Banfi, E.; et al. (2009), “Molecular phylogeny of Polygonum L. s.l. (Polygonoideae, Polygonaceae), focusing on European taxa: preliminary results and systematic considerations based on rbcL plastidial sequence data”, Atti della Societa Italiana di Scienze Naturali e del Museo Civico di Storia Naturale di Milano 150: 113–148, http://www.researchgate.net/profile/Gabriele_Galasso/publication/257029473_Molecular_phylogeny_of_Polygonum_L._s.l._%28Polygonoideae_Polygonaceae%29_focusing_on_European_taxa_preliminary_results_and_systematic_considerations_based_on_rbcL_plastidial_sequence_data/file/60b7d5243dcbdf2e06.pdf 
  4. ^ a b c d Schuster, Tanja M.; Setaro, Sabrina D.; Kron, Kathleen A. (2013), “Age Estimates for the Buckwheat Family Polygonaceae Based on Sequence Data Calibrated by Fossils and with a Focus on the Amphi-Pacific Muehlenbeckia”, PLOS ONE 8 (4): 1, doi:10.1371/journal.pone.0061261 
  5. ^ Missouri Botanical Garden: Caryophyllales
  6. ^ Kim, Sang-Tae; Donoghue, Michael J. (2008), “Molecular phylogeny of Persicaria (Persicarieae, Polygonaceae)”, Systematic Botany 33 (1): 77-86 

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他編『日本の野生植物 草本II離弁花類』、1982年、平凡社