中島ファラン一生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中島ファラン一生 Football pictogram.svg
名前
本名 Issey Morgan Nakajima-Farran
カタカナ ナカジマ ファラン イッセイ
ラテン文字 Issey NAKAJIMA-FARRAN
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
生年月日 1984年5月16日(30歳)
出身地 カルガリー
身長 177cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム カナダの旗 モントリオール・インパクト
ポジション FWMF
背番号 17
利き足 右足
ユース
1993-1994 日本の旗 ヴェルディ川崎
1995-1997 イングランドの旗 クリスタル・パレス
2000-2002 日本の旗 東京ヴェルディ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003 日本の旗 アルビレックス新潟 0 (0)
2004-2006 シンガポールの旗 アルビレックス新潟S 45 (26)
2006-2007 デンマークの旗 ヴェイレ 44 (13)
2007-2009 デンマークの旗 ノアシェラン 46 (8)
2009-2011 デンマークの旗 ホーセンス英語版 55 (9)
2011-2012 オーストラリアの旗 ブリスベン・ロアー 23 (4)
2012-2013 キプロスの旗 AEKラルナカ英語版 10 (1)
2013 キプロスの旗 アルキ・ラルナカ英語版 (loan) 15 (3)
2014 カナダの旗 トロント 5 (2)
2014- カナダの旗 モントリオール
代表歴2
2006- カナダの旗 カナダ 30 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年6月18日現在。
2. 2014年6月18日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

中島 ファラン 一生(なかじま ファラン いっせい、Issey Morgan Nakajima-Farran、1984年5月16日 - )は、カナダカルガリー出身の同国代表プロサッカー選手モントリオール・インパクト所属。ポジションはFWMF。弟はサッカー選手の中島ファランパリス

来歴[編集]

カナダにてイギリス人日本人の両親の間に生まれる。3歳のときに日本へ移住し、少年時代を過ごす。この間にサッカーを始め、ヴェルディ川崎(当時)のジュニアチームに所属した。その後一家はイギリスロンドンへ移住し、彼自身はクリスタル・パレスFCのジュニアユースで11歳から14歳までプレーした。

2000年に日本へ戻り、ヴェルディのユースに所属していたがプロ契約には至らず、2003年アルビレックス新潟へ入団した。2004年アルビレックス新潟シンガポール期限付き移籍し、2年連続で2ケタ得点をマークして2005年の最優秀若手選手賞に選ばれるなどSリーグのスター選手となる。

2006年にはデンマークへ渡り、スーペルリーガ(トップリーグ)のヴェイレBKへ移籍。ヴェイレBKでは2006-2007シーズン、2ケタ以上の得点を挙げる活躍を見せた[注 1]。2006-2007シーズン終了後、チームの降格に伴い中島はかつて川口能活が所属したFCノアシェランに移籍することになった。そして2009-2010シーズンには同リーグからファーストディビジョン(2部)へ降格したACホーセンスに移籍し、弟のパリスと一緒にプレーする事になった。

2011年8月、ブリスベン・ロアーFCへ完全移籍[2]。同年のAリーグで優勝を果たしたが、中島は翌2012年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)には、外国籍選手の制限[注 2]により出場できなかった。

カナダ代表として[編集]

中島にはイギリス日本カナダのいずれの国籍も選ぶ権利があった[3]2005年にカナダ国籍を選択した[3]が、2006年9月の雑誌『Yeah』でのインタビューによると、まだ日本国籍であり本人も「チャンスがあれば日本代表でプレーしたい」と語っていた。しかし、2006年11月にカナダ代表に招集され、11月15日ハンガリー代表との親善試合に出場したため、日本代表としてプレーする可能性は無くなった[注 3]2008年5月31日ブラジル代表との親善試合では、先発出場を果たした。カナダ代表としての初ゴールは同年6月15日に行われたW杯南アフリカ大会北中米カリブ海予選の2次予選第1戦で、セントビンセント・グレナディーン代表を相手に決めている。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2003 新潟 27 J2 0 0 -
シンガポール リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2004 新潟S Sリーグ 22 12 2 -
2005 23 14 1 -
デンマーク リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2005-06 ヴェイレ 1.Div
2006-07 スーペルリーガ 29 6
2007-08 ノアシェラン 7
2008-09
2009-10 ホーセンス 1.Div
2010-11 スーペルリーガ
オーストラリア リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2011-12 ブリスベン 11 Aリーグ
通算 日本 J2 0 0 -
シンガポール Sリーグ 45 26 4 3 - 49 29
デンマーク スーペルリーガ 59 13
デンマーク 1.Div
オーストラリア Aリーグ
総通算

タイトル[編集]

  • 2005年 Sリーグ年間最優秀若手選手賞

脚注[編集]

注釈
  1. ^ この中島の活躍がきっかけとなり、2006年12月12日に長居第二競技場で行われた第一回Jリーグ合同トライアウトにヴェイレBKの監督であるキム・ポウルセン英語版が足を運んでスカウティングを行うなど[1]、彼に続いてデンマークで日本人が外国籍選手としてプレーする可能性が、新たに切り開かれつつある。2007年1月には中島同様にアルビレックス新潟シンガポールでプレーしていた橋本卓がヴェイレBKと契約した。
  2. ^ ACLにはAFC加盟国の選手を含めた4人の外国籍選手が出場できる。ブリスベンは、ベサート・ベリシャ(アルバニア)、エンリケ(ブラジル)、トーマス・ブロイヒ(ドイツ)、サイード・モハメド・アドナン(バーレーン)の4名を登録した。
  3. ^ FIFA規定では2カ国以上の国籍を持つ選手が、A代表に一度も招集されていない場合、以前は21歳以下の選手のみ1回だけ国籍変更が認められていたが、2009年6月のルール改定で21歳以上の選手にも同様の国籍変更の手続きを取ることが可能になっている[4]
脚注

関連項目[編集]

外部リンク[編集]