ロケットプレーンXP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロケットプレーンXP (Rocketplane XP) は、アメリカ合衆国の宇宙船開発企業ロケットプレーン社が開発していた弾道飛行用のスペースプレーンである。

乗客5名とパイロット1人を乗せる事ができ、[1] 機体やエンジンの多くは再利用を前提としており、既存の航空機の部品を流用、強化して用いられるものと考えられていた。

ジェットエンジンにて航空機同様の離陸を行い、高度を稼いでからロケットエンジンを使用し、高度100kmまで上昇する方式を採っており、帰還時には飛行機と同様に滑空して着陸する計画であった。

開発資金が順調に集まれば2010年にも飛行試験が始まり、2012年には観光飛行が始まる予定だった[1]。しかし2010年7月、ロケットプレーン社はChapter 7の適用を受け倒産した。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]