スカイロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スカイロン
Skylon colour.svg
側面から見たスカイロン
基本データ
運用国 イギリスの旗 イギリス
開発者 リアクション・エンジンズ英語版
使用期間 研究開発段階
開発費用 71億ユーロ[1]
原型 HOTOL
公式ページ Reaction Engines Ltd - Space Access: SKYLON
物理的特徴
段数 1段
総質量 345 トン
空虚質量 53 トン
全長 83.3 m
軌道投入能力
低軌道 15,000 kg
300km / 0度
ISS軌道 11,000 kg
テンプレートを表示

スカイロン英語: Skylon)は、イギリスの企業リアクション・エンジンズ英語版 (REL) により設計されたスペースプレーンである。

概要[編集]

一般的な使い捨て型ロケットとは異なり、SABRE英語版 (Synergistic Air-Breathing Rocket Engine) と呼ばれる、大気中では空気を燃料に使用するエアブリージング式のロケットエンジンを使用する、200回の再使用を想定したスペースプレーンである。研究では、開発が成功すれば低軌道への打ち上げコストを2011年現在の1kgあたり1万5千ユーロから[2]、約650ユーロにまで低減させると見積もられている[3]2004年の見積もりによる開発費用は、総額約120億ドル[3]

スカイロンの離陸は、ロケットのような垂直離陸ではなく、航空機のように普通の滑走路からの水平離陸で行われる。機内の液体水素と大気中の酸素を燃料に高度26 km、マッハ5.4まで加速した後、酸素の供給を機内の液体酸素 (LOX) に切り替えさらに加速、軌道上に到達する[4]ペイロードを放出した後は、今度は大気圏再突入により地上に帰還する。飛行に乗員は必要ないが、ペイロードとして乗客の搭乗が想定されている。再突入時の熱からの保護には、セラミックス複合材料が用いられる。計画では、検査と整備の後、2日以内の再飛行を実現することが目標となっている。

2012年現在、スカイロンの開発・建造に必要な資金のうちごく一部だけが確保されている。SABRE英語版エンジンの研究・開発は欧州宇宙機関 (ESA) の小規模な支援の下進められている。2011年1月、REL社はイギリス政府に対して計画のための更なる支援を要請、4月REL社はエンジンの予冷器技術の試験成功を条件に3億5千万ドルの支援を獲得したと発表した。この技術の試験は2012年11月に成功し、スカイロンの設計は最終段階に入った[5][6]。2013年7月16日、イギリス政府はSABREエンジンの実寸大プロトタイプの作成を支援するため、6千万ユーロの出資を確約した[7]

2013年現時点でもし全ての開発計画が承認されれば、2019年には最初の試験飛行が実施され、2022年には国際宇宙ステーション (ISS) に到達する計画である。打ち上げ能力は高度300 kmの赤道軌道に15トン、ISS軌道では11トンと見積もられており、これは欧州補給機 (ATV) より約45%多い数字である[8]

諸元[編集]

スカイロンの三面図

出典: the Skylon User Manual[9]

諸元

  • 乗員: なし、地上からの遠隔操作
  • 定員: 30人(乗客用モジュールを使用)
  • ペイロード: 15,000 kg
  • 全長: 83.3 m
  • 全高:
  • 翼幅: 25.4 m
  • 空虚重量: 53,000 kg
  • 運用時重量: 345,000 kg
  • 動力: SABRE英語版 、1,350 kN × 2
  • 胴体直径: 6.75 m

性能

  • 最大速度: 軌道上まで到達可(エアブリージング時はマッハ5.5)
  • 実用上昇限度: 26,000 m(エアブリージング時)、>200 km
  • 最大推力重量比: ~1.2 – 3(大気中では ~0.768)
  • 比推力: 大気中 3500秒 (35 kN·s/kg)、大気圏外 450 s (4.5 kN·s/kg)[9]


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Alan Bond (2010年). “Video of Alan Bond Lecture”. Travelling at the edge of space: Reaction Engines and Skylon in the next 20 years. Reaction Engines Limited. 2011年3月9日閲覧。
  2. ^ Skylon Test Date”. UK Parliament (2011年). 2011年1月27日閲覧。
  3. ^ a b Skylon FAQ”. Frequently Asked Questions. Reaction Engines Limited (2010年). 2011年1月25日閲覧。
  4. ^ Hempsell and Longstaff (2009). Skylon User Manual. p. 5. 
  5. ^ Skylon spaceplane engine concept achieves key milestone”. BBC (2012年11月28日). 2012年11月28日閲覧。
  6. ^ Hypersonic Flight ‘Breakthrough’ Could Have Us in Tokyo by Lunch”. Wired (2012年11月30日). 2012年12月1日閲覧。
  7. ^ UK earmarks £60m for super-fast space rocket engine”. http://www.guardian.co.uk (2013年7月16日). 2013年7月19日閲覧。
  8. ^ Sabre rocket engine could open up access to space as never before”. ガーディアン (2013年7月17日). 2013年8月29日閲覧。
  9. ^ a b Hempsell and Longstaff (2009). Skylon User Manual. p. 3. 

外部リンク[編集]