ラグビーアイルランド代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラグビーアイルランド代表
原語表記 Ireland national rugby union team
クラブカラー 黄緑
コーチ デクラン・キドニー
ファーストカラー
セカンドカラー
テンプレートを表示
クローク・パークで行われたアイルランド対イングランド戦(2007年2月24日)

ラグビーアイルランド代表(ラグビーアイルランドだいひょう)は、アイルランド島アイルランド共和国および北アイルランド)を代表するラグビーユニオンナショナルチームである。アイルランドラグビー協会 (IRFU) によって組織される。南北に分かれる以前からアイルランド協会が存在していたこともあり、アイルランド共和国(南アイルランド)と北アイルランドが、政治と宗教の枠を超えて代表チームを構成している。エンブレムはシャムロック

概要[編集]

アイルランドラグビー協会の旗

初のテストマッチ1875年2月15日のイングランド戦。

ホームグラウンドは、アビバ・スタジアム。同スタジアムが改修中の時期は、ゲーリック体育協会 (GAA) が所有するクローク・パークを一時的に使用していた。

W杯の最高成績はベスト8。

シックス・ネイションズを構成しており、また、南半球強豪国への遠征用の、イングランドスコットランドウェールズとの合同チーム「ブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズ」も結成している。

試合開始前の国歌斉唱ではアイルランド共和国の国歌「Amhrán na bhFiann」(兵士の歌)を使用していたが、北アイルランド問題など複雑な背景により士気に影響するため、1995年W杯を機に、ラグビーナショナルチーム用のチーム歌「Ireland's Call」が作られている。共和国内で開催するホームゲームでは国歌「Amhrán na bhFiann」と「Ireland's Call」の両方を、アウェイゲームでは「Ireland's Call」のみを使用している。

選手層が薄いためか、展開力が弱く、上位チームとの対戦では優れたプレースキッカーによる得点で対戦相手に肉薄する。ひたむきなタックルでトライを目指す姿は「魂のラグビー」と評され、しばしば観客の心を打つ。2007年のシックス・ネイションズでは優勝候補に挙げられながらも、ホームのフランス戦で終了間際にヴァンサン・クレールに逆転トライを許し、2位に甘んじた。

2007年W杯ではブライアン・オドリスコルなどの選手を中心に上位進出が期待されたが、1次リーグでフランスとアルゼンチンに敗れ、ベスト8に進出することはできなかった。

2009年のシックス・ネイションズにおいて、1985年以来24年ぶりの優勝を果たし、1948年以来61年ぶりとなるグランドスラムで飾った。

ワールドカップの成績[編集]

  • 1987年 - ベスト8
  • 1991年 - ベスト8
  • 1995年 - ベスト8
  • 1999年 - プール戦敗退
  • 2003年 - ベスト8
  • 2007年 - プール戦敗退
  • 2011年 - ベスト8

主な選手[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Western-Europe-map.png この「ラグビーアイルランド代表」は、西ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますPortal:ヨーロッパ