ラグビーナミビア代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナミビア
ユニオン ナミビアラグビー協会
愛称 ウェルウィッチアス
エンブレム サンショクウミワシ
グラウンド ヘイジ・ガインゴブ・ラグビー・スタジアム
コーチ ナミビアの旗 ダニー・バーミューレン
主将 ジャック・バーガー
最多キャップ ユージン・ジャントジーズ (36)
最多得点選手 ジャコ・クッツェー (335)
最多トライ選手 ゲルハルト・マンス (27)
チームカラー
チェンジカラー
初国際試合
南アフリカの旗 南アフリカ連邦 0 – 9 ブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズ
(1955年7月5日)
最大差勝利試合
 ナミビア 112 – 0 マダガスカル 
(2002年6月15日)
最大差敗戦試合
 オーストラリア 142 – 0 ナミビア 
(2003年10月25日)
ラグビーワールドカップ
出場回数 4 (1999年初出場)
最高成績 プール戦4位 (1999, 2003, 2007, 2011)
テンプレートを表示

ラグビーナミビア代表は、ナミビアラグビー協会によるラグビーのナショナルチームである。

概要[編集]

最初のテストマッチは1955年7月5日のブリティッシュ・ライオンズ戦。

ワールドカップの初出場は1999年大会。以来4大会連続出場を果たしているが、本大会では全敗中である。(2011年大会出場国の中で、これまで全敗し続けているのは、初出場のロシアを除くとナミビアのみ。また、2011年大会出場国に限定せず、過去2大会以上出場した国をみると、ナミビアのほかで全敗しているのはジンバブエのみである)アフリカ大陸では南アフリカに次いで2位の実力を誇るが、南アフリカとの実力差があまりに大きく効果的な強化が行いにくいのが難点であり、この点では他大陸の中堅国に比してもまだまだ発展途上だといえる。

ワールドカップの成績[編集]

外部リンク[編集]