ライアン・ロクテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライアン・ロクテ Swimming pictogram.svg
Ryan Lochte.jpg
選手情報
フルネーム ライアン・スチーブン・ロクテ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
泳法 自由形背泳ぎ個人メドレー
生年月日 1984年8月3日(30歳)
生誕地 ニューヨーク州カナンダイグア
身長 188cm
体重 84kg
テンプレートを表示

ライアン・ロクテRyan Lochte1984年8月3日 - )はアメリカ合衆国ニューヨーク州出身の男子競泳選手。

経歴[編集]

父はイングランド及びドイツ系アメリカ人であり、母はハバナ生まれのキューバ人である[1]。9歳から水泳を始める。2007年5月、フロリダ大学スポーツマネージメント専攻卒業。 2004年のアテネオリンピックの代表になり、200m個人メドレーで銀メダル、4x200mフリーリレーで金メダルを獲得する。

2005年のモントリオール世界選手権では、200m個人メドレーと200m背泳ぎで銅メダル、4x200mフリーリレーで金メダルを獲得。2007年のメルボルン世界選手権では200m背泳ぎで、アーロン・ピアソルに勝って1分54秒32の世界記録(当時)を樹立し、優勝した。

2008年の北京オリンピック代表選考会でピアソルがロクテの世界記録に並び、世界記録保持者同士の対決となった200m背泳ぎで1分53秒94の世界新記録(当時)を更新して優勝。4x200mフリーリレーでも金メダル、200m個人メドレーと400m個人メドレーで銅メダルを獲得した。

2009年05月10日に日豪対抗で日本入江陵介が、ロクテの記録を1秒08上回る破る1分52秒86のタイムを出したが、水着が非公認だったためFINAに世界記録として認定されず、ロクテの記録が世界記録のままであったが、7月の全米選手権でピアソルによって更新された。ローマ世界選手権ではロクテは200m背泳ぎで銅メダルに終わったものの、マイケル・フェルプスが出場しなかった200mと400mの個人メドレーと4x100mと4x200mフリーリレーの4種目で金メダルを獲得した。

自己ベスト[編集]

  • 100m 自由形 : 48秒16(2009年)
  • 200m 自由形 : 1分44秒44(2011年)
  • 400m 自由形 : 3分49秒25(2008年)
  • 100m 背泳ぎ : 53秒37(2008年)
  • 200m 背泳ぎ : 1分52秒96(2011年)2011年世界水泳選手権での優勝タイム
  • 200m 個人メドレー : 1分54秒00(2011年)世界記録
  • 400m 個人メドレー : 4分05秒18(2012年)

出典[編集]

  1. ^ “Ancestry details on Ryan Lochte”. Ancestry.com Inc. (2011年8月3日). オリジナル2011年8月3日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/60fP5rNlY 2011年8月3日閲覧。 

外部リンク[編集]