メタル・マスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メタル・マスター
メタリカスタジオ・アルバム
リリース 1986年3月3日
録音 1985年9月 - 12月
ジャンル スラッシュメタル
時間 54分49秒
レーベル アメリカ合衆国の旗エレクトラ
イギリスの旗ミュージック・フォー・ネイションズ
日本の旗CBSソニー→ソニーレコード(リイシュー盤)
ユニバーサル・ミュージック(リイシュー盤)
プロデュース メタリカ、フレミング・ラスムッセン
専門評論家によるレビュー
メタリカ 年表
ライド・ザ・ライトニング
1984年
メタル・マスター
(1986年)
メタル・ガレージ
1987年
テンプレートを表示

メタル・マスター』(Master of Puppets)は、アメリカヘヴィメタルバンドメタリカの3作目のアルバム。

解説[編集]

前作に続き、ラーズ・ウルリッヒの故郷であるデンマーク・コペンハーゲンにあるスウィート・サイレンス・スタジオにて行われた。

全米29位・全英41位を記録。彼らにとって初の全米トップ40入りを果たし、スラッシュメタルというジャンルを広く知らしめた名盤。現在までに、アメリカだけでも600万枚以上の売り上げを記録している。また、ベーシストのクリフ・バートンが参加した最後のアルバムでもある。

『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』に於いて、167位にランクイン[1]

発表から20年後の2006年、メタリカは本作をライヴで完全再現した。なお、「オライオン」が完全な形で演奏されたのは、この時が初めて。2006年8月のサマーソニックでも、同様の試みが行われた。

収録曲[編集]

  1. バッテリー - Battery (James Hetfield, Lars Ulrich)
    タイトルは野球用語から来ており、バンドを過小評価する評論家などへの怒りと、ファンとの絆、すなわちバッテリーがテーマ。静かなアコースティックギターのイントロから突如としてアグレッシヴな演奏に切り替わる。
  2. メタル・マスター - Master of Puppets (Kirk Hammett, Hetfield, Cliff Burton, Ulrich)
    人間を操る薬物依存の恐怖を描いており、「鏡の上で朝食を刻む」という一節はコカインの使用を連想させる。
    『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・グレイテスト・ギター・ソングス100』に於いて、33位にランクイン[2]
  3. ザ・シング - The Thing That Should Not Be (Hammett, Hetfield, Ulrich)
    クトゥルー神話にインスパイアされた楽曲。
  4. ウェルカム・ホーム(サニタリウム) - Welcome Home (Sanitarium) (Hammett, Hetfield, Ulrich)
    映画『カッコーの巣の上で』にインスパイアされた楽曲。サニタリウム、つまり隔離病棟に入れられた精神病患者が描かれている。
    この楽曲を発展させたのが、次回作『メタル・ジャスティス』の収録曲で、グラミー賞のベスト・メタル・パフォーマンス部門を受賞した「One」である。
  5. ディスポーザブル・ヒーローズ - Disposable Heroes (Hammett, Hetfield, Ulrich)
    タイトルを直訳すれば「使い捨ての英雄たち」。命令に盲従し、前線に駆り出される兵士を描いている。
  6. リパー・メサイア - Leper Messiah (Hetfield, Ulrich)
    カルト宗教とその教祖がテーマ。
  7. オライオン - Orion (Hetfield, Burton, Ulrich)
    クリフ・バートンのベースを主軸に据えたインストゥルメンタル。タイトルは星座の「オリオン座」からの命名。
  8. ダメージ・インク - Damage, Inc. (Hammett, Hetfield, Burton, Ulrich)

カバー[編集]

ドリーム・シアターは、ライブにおいて本作を丸ごとカヴァーし、マイク・ポートノイ主宰のレーベル『Ytse Jam Record』からオフィシャル・ブートレグとして発売した。

イギリスのロック雑誌『ケラング!』は1102号(2006年4月5日発売)において、若手・中堅バンドによる本作のカヴァー・アルバム『Master Of Puppets:Remastered』を付録とした。マシーン・ヘッドトリヴィアムブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン等が参加している。

リンプ・ビズキットは、ロック・アム・リングにてタイトル・ナンバーをカヴァーした。

演奏メンバー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 500 Greatest Albums of All Time: Metallica, 'Master of Puppets' | Rolling Stone
  2. ^ [1]