デス・マグネティック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デス・マグネティック
メタリカスタジオ・アルバム
リリース アメリカ合衆国の旗2008年9月12日
録音 2007年4月 - 2008年5月カリフォルニア州
ジャンル スラッシュ・メタル
時間 74分48秒
レーベル アメリカ合衆国の旗カナダの旗ワーナー・ブラザーズ
(上記以外)ヴァーティゴ/UMG
プロデュース リック・ルービン
専門評論家によるレビュー
ゴールド等認定

第51回グラミー賞ベスト・ロック・アルバム賞(ノミネート)

メタリカ 年表
セイント・アンガー
2003年
デス・マグネティック
(2008年)
LULU
(2011年)
テンプレートを表示

デス・マグネティック(Death Magnetic)は、メタリカのアルバム。ロバート・トゥルージロが初参加した作品である。

本作は、第51回グラミー賞の「ベスト・ロック・アルバム部門」にノミネートされている。

カーク・ハメットは、本作を「メタル・ジャスティス」の後続的作品と語っている。

マスタリングにおいて、CD版とギターヒーロー3の配信版[注釈 1]との違いが話題になった。CD版を手掛けたテッド・ジェンセンは、メタリカファンBBSコメントを寄せ、CD版のマスタリングに彼自身が満足のいくものではなかった事[注釈 2]や、「何らかの形で」このボリューム事情に対抗する良策を祈願する旨が明らかになる[3]。その後、13,000人[注釈 3]が、同アルバムのリマスタリングを要請するオンラインペティッション署名を行った[注釈 4]

収録曲[編集]

  1. ザット・ワズ・ジャスト・ユア・ライフ -That Was Just Your Life
  2. ジ・エンド・オブ・ザ・ライン -The End of the Line
  3. ブロークン、ビート&スカード -Broken, Beat & Scarred
  4. ザ・デイ・ザット・ネヴァー・カムズ -The Day That Never Comes
  5. オール・ナイトメア・ロング -All Nightmare Long
  6. サイアナイド -Cyanide
  7. ジ・アンフォーギヴン・Ⅲ -The Unforgiven III
  8. ザ・ジューダス・キッス -The Judas Kiss
  9. スイサイド&リデンプション -Suicide & Redemption
  10. マイ・アポカリプス -My Apocalypse

収録曲のうち、「スイサイド&リデンプション」がグラミー賞の「ベスト・ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス部門」に、「マイ・アポカリプス」が「ベスト・メタル・パフォ-マンス部門」にそれぞれノミネートされている。

メンバー[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ギターヒーロー3版はジェンセンのマスタリングではなく、自身の手がけたCDよりも音質が遥かに優れていることを認めている[1]
  2. ^ スターリング・サウンドに2chマスターが届いた時点で、かなりのブリック・ウォールリミッティングが掛けられていたともコメントしている[2]
  3. ^ 2008年10月1日現在[4]
  4. ^ 同アルバムは、2010年9月のメタリカ来日記念[5]の際にSHM-CD版がリリースされ、マスタリングに再度ジェンセンがクレジットされている[6]

出典[編集]

  1. ^ undercover - Metallica Recording Engineer Ted Jensen Craps On Death Magnetic
  2. ^ THE WALL STREET JOURNAL - Even Heavy-Metal Fans Complain That Today's Music Is Too Loud!!!
  3. ^ Metallicabb.com
  4. ^ The Guardian - Death Magnetic 'loudness war' rages on
  5. ^ CD Journal - メタリカ来日記念キャンペーン実施! リマスター紙ジャケやBIG4の豪華パッケージなど、強力タイトルが目白押し!
  6. ^ Discogs - Metallica Death Magnetic UICY-94674