マリアーノ・ラホイ・ブレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スペインの旗 スペインの政治家
マリアーノ・ラホイ・ブレイ
Mariano Rajoy Brey
Mariano Rajoy en Bilbao2.png
マリアーノ・ラホイ・ブレイ
生年月日 1955年3月27日(59歳)
出生地 サンティアゴ・デ・コンポステーラ
出身校 サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学
所属政党 国民党
配偶者 エルビラ・フェルナンデス・バルボーア[1]
サイン Firma de Mariano Rajoy.svg

任期 2011年12月21日 - 現職
国王 フアン・カルロス1世
フェリペ6世

任期 2004年10月16日 - 現職

スペインの旗 第一副首相
任期 2000年4月27日 - 2003年9月4日

スペインの旗 首相府相
任期 2002年7月10日 - 2003年9月4日

スペインの旗 内務相
任期 2001年2月27日 - 2002年7月10日

その他の職歴
スペインの旗 首相府相
(2000年4月27日 - 2001年2月27日)
スペインの旗 教育科学相
1999年1月18日 - 2000年4月27日)
スペインの旗 公共行政相
1996年5月6日 - 1999年1月18日)
テンプレートを表示

マリアーノ・ラホイ・ブレイMariano Rajoy Brey1955年3月27日 - )は、スペイン政治家。現在、スペイン首相(第6代)、与党国民党の党首を務める。ホセ・マリア・アスナール政権では、公共行政大臣(Ministro de Administraciones Públicas)、教育文化大臣(Ministro de Educación y Cultura)、内務大臣(Ministerio del Interior)他を歴任。2000年から2003年にかけては第一副首相(Vicepresidente primero del Gobierno)を兼任した。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

サンティアゴ・デ・コンポステーラに判事の息子として生まれ、サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学で法律を学んだ。スペインでは高度な法律専門職である登記人の資格試験に最年少の23歳で合格、不動産登記人としてのキャリアをスタートした。

ガリシア州時代(1981 - 1991)[編集]

1981年、当時の国民同盟(現国民党の前身)に入党。同年10月20日に行われた第一回ガリシア自治州議会選挙に出馬し、史上最年少で当選する。1983年5月8日実施の自治体選挙でポンテベドラの自治体評議員に当選、ポンテベドラ県県議会議長に選出される[2]。1986年の総選挙ではポンテベドラ県のスペイン国会下院議員候補者リストの筆頭になり、当選するが、11月に辞任し、ガリシア自治州政府の副首相に就任(1986-87年)。1991年7月まで国民同盟のポンテベドラ県代表に就き、そして約2年間にわたって同党のガリシア州総書記を務める。

1989年1月に国民同盟から国民党に変り、それ以降同党全国委員会のメンバーとなる。同年10月の総選挙でポンテベドラ県選出下院議員に当選した

アスナール政権の閣僚(1996 - 2004)[編集]

1993年6月の総選挙で再選。続く1996年3月の総選挙においても再選された。同選挙では国民党はフェリーペ・ゴンサーレス率いる社会労働党に勝利、ホセ・マリア・アスナール政権が誕生した。

同年5月5日公共行政大臣に就任、1999年1月には批判の矢面にさらされていたエスペランサ・アギーレに替わって教育文化大臣に就任し、職業教育新プランを可決させた。そして同月に実施された国民党第8回党大会において、同党副総書記に再任された。

2000年の総選挙では選挙の指揮を執り、過半数を獲得、ラホイは第一副首相と首相府相(内閣官房長官に相当)を兼務することとなった。

2001年2月には首相府相を辞任、バスク州首相候補となったハイメ・マジョール・オレハの後任として内務相に就任した。

2002年7月内務相から内閣の広報担当スポークスマンである首相府相に就任。

2004年3月の総選挙前にアスナール首相が勇退を表明していたため、ラホイは首相候補として選挙戦を戦った。好調な経済などから事前の世論調査では勝利が確実視されていたが、投票日直前の3月11日にマドリッドで起きたテロに対するアスナール政権の対応のまずさで、前回より35議席減の148議席獲得にとどまり、164議席を獲得した社会労働党に敗北。サパテーロ政権の誕生となった。

野党党首 (2004 - 2011)[編集]

ラホイは、敗北の責任をとって党首を辞したアスナールに替わり、野党国民党の党首に就任した。 2008年総選挙でも政権奪還に失敗したが、議席・得票率・得票数いずれも前回を上回り、党首を続投した。

3度目の挑戦となった2011年の総選挙では経済危機で政府与党に対する批判が強まる中、過半数を大きく上回る186議席を獲得し、社会労働党に76議席の差をつける歴史的な圧勝を果たした。

スペイン首相 (2011 - )[編集]

12月20日、下院にてナバーラ住民連合(UPN)とアストゥリアス市民フォーラム(FAC)の支持をも得[3]、第6代首相に指名された[4][5]

2013年2月2日、国民党本部前で起こった市民デモ。汚職疑惑に抗議している。

2013年1月31日、スペイン紙エルパイスがラホイを含む与党国民党の汚職疑惑を報じた。企業献金から、不正な支払いがラホイ首相など国民党幹部に支払われていたというもので、ラホイには11年にわたって年間2万5200ユーロ(3万4200ドル)が支払われていたとされる[6]。ラホイは不正を否定しているが、野党は政治家の信頼回復のために首相に辞任を要求している[7]

この汚職疑惑が原因の一つとなって、2013年2月4日にはスペインの国債が下落、ユーロが主要16通貨の過半数に対して値下がりした[8]。国民の間では抗議デモが起きている[9]

2013年10月1日に来日。

人物[編集]

穏和な人柄で調整型の政治家とされる。葉巻好きでレアル・マドリードの熱狂的なファン[10]。夫人と2人の息子がいる。

脚注[編集]

  1. ^ La desconocida vida de la mujer de Rajoy” (スペイン語). Tiempo de Hoy. 2011年11月17日閲覧。
  2. ^ PRESIDENTES DA DEPUTACIÓN” (ガリシア語). Deputación de Pontevedra. 2011年11月17日閲覧。
  3. ^ 信任投票結果:支持に回ると予想された集中と統一(Ciu)は不支持に、そしてアマユールは棄権した。支持票は国民党(PP)、ナバーラ住民連合(UPN)、アストゥリアス市民フォーラム(FAC)の187票。反対票は、社会労働党(PSOE)、集中と統一(Ciu)、統一左翼(IU)、連合進歩民主(UPyD)ガリシア民族主義ブロック(BNG)、Geroa Bai、Compromís-Equoの149票、棄権票はアマイユール、バスク民族主義党(PNV-EAJ)、カナリア同盟(CC)の14票であった。
  4. ^ Rajoy es investido presidente del Gobierno” (スペイン語). RTVE(スペイン国営放送). 2011年12月20日閲覧。
  5. ^ Rajoy, presidente con 187 'síes', el 'no' de CiU y la abstención de Amaiur” (スペイン語). El País. 2011年12月20日閲覧。
  6. ^ “スペイン首相、企業献金から不正に資金受領との報道否定”. ニューズウィーク. (2013年2月1日). http://www.newsweekjapan.jp/headlines/business/2013/02/92886.php 2013年2月5日閲覧。 
  7. ^ Andrew Blackman (2013年2月4日). “ラホイ首相批判収まらず、野党は辞任要求-不正疑惑否定で”. ブルームバーグ. http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MHODFU6JTSFD01.html 2013年2月5日閲覧。 
  8. ^ Dave Liedtka (2013年2月4日). “NY外為:ユーロが下落、政情不安で-円は対ドル一時93円台”. ブルームバーグ. http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MHOUHU6KLVS401.html 2013年2月5日閲覧。 
  9. ^ “スペイン首相に不正資金疑惑 辞任求める声も”. 産経新聞. (2013年2月4日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/130204/erp13020419210002-n1.htm 2013年2月5日閲覧。 
  10. ^ “スペイン 7年半ぶり政権交代”. 産経新聞. (2011年11月21日). http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/europe/535865/ 2012年8月30日閲覧。 


公職
先代:
フェデリーコ・シフエンテス
Escudo de Pontevedra.svg ポンテベドラ県議会議長
1983 - 1986
次代:
フェルナンド・ガルシーア・デル・バジェ
先代:
ホセ・ルイス・バレイロ
Escudo de Galicia.svg ガリシア自治州副首相
1986 - 1987
次代:
ホセ・ルイス・バレイロ
先代:
ジュアン・レルマ
スペインの旗 公共行政相
1996 - 1999
次代:
アンヘル・アセーベス
先代:
エスペランサ・アギーレ(es)
スペインの旗 教育科学相
1999 - 2000
次代:
ピラール・デル・カスティージョ
先代:
フランシスコ・アルバレス・カスコス
スペインの旗 第一副首相
2000 - 2003
次代:
ロドリーゴ・ラト(es)
先代:
フランシスコ・アルバレス・カスコス
スペインの旗 首相府相
2000 - 2001
次代:
フアン・ホセ・ルーカス
先代:
ハイメ・マジョール・オレハ(es)
スペインの旗 内務相
2001 - 2002
次代:
アンヘル・アセーベス
先代:
フアン・ホセ・ルーカス
スペインの旗 首相府相
2002 - 2003
次代:
ハビエル・アレーナス
先代:
ピオ・カバニージャス
スペインの旗 政府スポークスマン
2002 - 2003
次代:
エドゥアルド・サプラーナ
先代:
ホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテーロ
スペインの旗 スペイン首相
第6代:2011 -
次代:
党職
先代:
ハビエル・アレーナス
People's Party (Spain) logo.svg 国民党幹事長
2003 - 2004
次代:
アンヘル・アセーベス
先代:
ホセ・マリア・アスナール
People's Party (Spain) logo.svg 国民党党首
2004 -
次代: