マヌエル・ゴメス・ダ・コスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マヌエル・デ・ゴメス・ダ・コスタ
Manuel de Gomes da Costa
Gomes da costa.jpg

任期 1926年6月17日7月9日

任期 1926年6月17日7月9日

出生 1863年1月14日
Flag Portugal (1830).svg ポルトガル王国リスボン
死去 1929年12月17日(満66歳没)
Flag of Portugal.svg ポルトガル共和国リスボン
配偶者 エンリケタ・ジュリア・デ・ミラ・ゴディーニョ

マヌエル・デ・オリヴェイラ・ゴメス・ダ・コスタポルトガル語: Manuel de Oliveira Gomes da Costa1863年1月14日 - 1929年12月17日)はポルトガル軍人政治家大統領

生涯[編集]

10歳の時にコレジオ・ミリタールへ入学、以降軍人の道を歩み始めた。アフリカインド植民地における反乱鎮圧や、第一次世界大戦での活躍で大いにその名声を高めた。1926年のアルヴェス・ロサダス将軍の死後、右翼過激派の後押しを受けて1926年5月28日クーデターブラガで指揮、リスボンへ進軍してクーデターを成功させた。

権力の掌握と失脚[編集]

クーデターの成功後、ゴメスはすぐに権力を握らず、大統領と首相の座をリスボンでクーデターを指揮したジョゼ・メンデス・カベサダスに委ねた。 しかし革命派はカベサダスの方針を第一共和政末期へ退行させるものとして嫌い、1926年6月17日、サカヴェンで開かれた会議においてゴメスは大統領と首相の座をカベサダスから奪った。しかし同年7月9日、アントニオ・オスカル・カルモナによる新たなクーデターでゴメスは全ての権力を失い、この政権も短命に終わった。

その後[編集]

大統領と首相の座についたカルモナによって、ゴメスはポルトガル軍元帥に任じられたが、後にアゾレス諸島へ追放された。1927年9月にポルトガル本土へ帰還したが、貧困と孤独の中、リスボンで惨めな死を遂げた。

外部リンク[編集]