ジョルジェ・サンパイオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョルジェ・サンパイオ
Jorge Sampaio
Jorge Sampaio.jpg

任期 1996年3月9日2006年3月9日

出生 1939年9月18日(74歳)
ポルトガルの旗 ポルトガルリスボン
政党 社会党

ジョルジェ・サンパイオJorge Fernando Branco de Sampaio1939年9月18日- )(Pt-Jorge Sampaio.ogg 名前の発音[ヘルプ/ファイル]) は、ポルトガル第三共和政第5代大統領(任期:1996年3月9日 - 2006年3月9日)。所属政党は社会党

リスボンで医師の家庭に生まれる。母方の祖母Sara Bensliman Bensaúde(1976年没)はモロッコ出身のポルトガル系ユダヤ人だが[要出典]、ジョルジェ・サンパイオ自身は無神論者であり、自らをユダヤ人と見なしていない。父の仕事の関係で、家族でアメリカ合衆国およびイギリスに数年滞在した。

サンパイオはリスボン大学法学部に学び、1961年に卒業した。サンパイオの政治への参加はリスボン大学在学中からである。ファシズム独裁に反対する学生運動に参加し、1960年から61年にかけて、学生運動のリーダーを務めた。1961年に卒業後は、弁護士として政治犯の弁護に尽力した。1974年4月25日カーネーション革命以後、自ら政党MES(社会左翼運動)を創立したが、これはほどなく政党活動を停止した。1978年社会党に入党し、現在も党員である。翌年にリスボン選挙区から出馬して当選、同党国会議員となった。1989年リスボン市長にも当選し、1993年再選された。

サンパイオは1995年に大統領選に出馬する意向を表明、立候補し前首相アニーバル・カヴァコ・シルヴァを破り当選した。1996年1月14日に大統領に就任した。

サンパイオは堅実な政局運営で知られる。政策の主軸は社会政策および文化政策におかれている。1期目は無難にこなし、2000年の大統領選挙でも再選された。

現在は、国連事務総長結核撲滅担当特使(2005年5月~)、「文明間の同盟」国連高等代表(2007年4月~)を務めている。