マスターオブウェポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マスターオブウェポン
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 アーケード[AC]
メガドライブ[MD]
プレイステーション2[PS2]
開発元 タイトー
発売元 タイトー
人数 1〜2人交互プレイ
発売日 [AC]:1989年
[MD]:1991年9月27日
[PS2]:2007年3月29日
その他 PS2版はタイトーメモリーズII 下巻に収録
テンプレートを表示

マスターオブウェポン』 (MASTER OF WEAPON) はタイトーから1989年にリリースされたアーケードゲーム。ジャンルは縦スクロールシューティングゲーム

ゲームのルール[編集]

8方向レバー、2ボタン(対空ショット、対地フルオートバルカン)でプレイヤー機を操作する。オプションウェポンは、右下のゲージが溜まっているときに二つのボタンを同時押しすることによって使用することができる。ゲージは時間で回復する。

全6ステージ、1週エンド。コンティニュー4回以内でクリアした場合は真のボスが出現する(ランキング画面でもコンティニューの回数が表示される)。 全体のスピードが速いため難易度がかなり高い。

当時のアーケードゲームとしては珍しく、コンティニューしてもそれまで獲得したスコアがそのまま引き継がれる。

プレイヤー機[編集]

ディップスイッチ設定により、プレイヤー機を飛行機タイプまたはバイクタイプに変更することが可能である。タイトーメモリーズII 下巻ではオプション設定で変更できる。どちらのプレイヤー機でもゲーム的な違いは一切ない。

当時調整等で関わった仙波隆綱は、「バイクタイプは開発当初『AKIRA』をモチーフとしていた名残で、営業サイドからの要望で飛行機に変更した」と語っている。ちなみに搭乗しているパイロットの名前はユキヲ(YUKIWO)であり、当初のタイトルも『YUKIWO』だった。

アイテム[編集]

空中弾パワーアップ
  • F (FIRE)
    取るたびに対空ショットのパワーが1段階アップする。
スピードアップ
  • S (SPEED)
    取るたびに最大4段階まで自機のスピードがアップする。同時にバックファイアが撃てるようになる。
オプションウエポン

以下の文字の書かれたパネルを取得するとオプションウエポンが変更できる。ミスすると初期状態に戻る。

  • P (PIERCING)
    初期状態で持っている武器。照準に向けて誘導ミサイルを撃つ。
  • W (WIDE)
    地上に着弾した弾が炸裂し広範囲に広がる弾を発射する。
  • G (GUIDE)
    地上に着弾した弾が炸裂し、さらにそれぞれの弾が敵を追尾する。強力な武器。
  • L (LASER)
    地上に向けてレーザー攻撃をする。
  • H (HYDROGEN)
    一度しか使えないが地上物を全滅させる強力な武器。

外部リンク[編集]