ベル・スター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベル・スター

ベル・スターBelle Starr)ことマイラ・メイベル・シャーリー・リード・スターMyra Maybelle Shirley Reed Starr, 1848年2月5日1889年2月3日)は、アメリカ西部開拓時代の女性。伝説化されたその生涯により無法者とされ、俗に山賊女王(Bandit Queen)、女ジェシー・ジェイムズ(Female Jesse James)などと呼ばれている。

来歴・人物[編集]

誕生、少女時代[編集]

ベル・シャーリーは1848年、ミズーリ州カーセッジ(Carthage)の近くにあるジャスパー(Jasper)の比較的裕福な農園主の娘として生まれた。父ジョン(John Shirley)はヴァージニア州の裕福な家庭のはみ出し者で、母イライザ(Eliza Pennington Shirley)は3人目の妻であったが、1839年にミズーリ南西部に移住して小麦・トウモロコシの栽培と馬・家畜の飼育で一財をなした。イライザはハットフィールド家とマッコイ家の争いで有名なハットフィールド家(Hatfield family)の出身であった。

1856年、ベルが8つの時に父は農園を売り払って一家を連れてカーセッジへ移り住み、宿屋と貸し馬屋と馬蹄屋を経営するようになった。ベルは町の女学校(Carthage Female Academy)へと通い、通常のカリキュラムに加え音楽と古典語を学び、優秀な成績を修めた。4人兄弟の中でも兄バド(Bud、本名John Alexander Shirley)と共に外で遊ぶことが多く、バドからは馬の乗り方と銃の撃ち方を学んだ。南北戦争ではシャーリー一家は南軍に協力し、バドはジェシー・ジェイムズコール・ヤンガーとともにウィリアム・クェントリルの指揮するゲリラ部隊で活動した。しかし1864年アジトに潜んでいたバドは侵攻した北軍に急襲されて殺された。

戦後、シャーリー一家はバドを失った悲しみと共に戦争で破壊された町と商売に見切りを付け、テキサス州ダラス南東の小村シーン(Scyene)に800エーカーの農場を買って移住した。当時のテキサスは彼らのような根無し草や無法者に開かれた最後の楽園であった。移住した当初は間に合わせの掘っ立て小屋で暮らしていたが、トウモロコシ・モロコシの栽培と肉牛・馬・乳牛・豚の飼育が軌道に乗ってくると、馬の取引や種付けも行うようになった。その内、シャーリー家は農場に逃げ込んできた元・南軍兵の無法者たちを匿い、彼らと親交を結ぶようになった。

最初の結婚[編集]

1866年11月、18歳のベルは農場に逃げて来たジェイムズ=ヤンガー一味のメンバー、ジム・リード(Jim, 本名James C. Reed)と結婚した。ジムはシャーリーの家に住み農場を手伝っていたが、翌年ベルを伴って実家の母の下に戻り、さらに1年後に娘パール(Pearl, 本名 Rosie Lee Reed)をもうけた。しかしジムはチェロキーインディアンの馬泥棒トム・スター(Tom Starr)とつるんでウィスキーの密売や家畜盗みに手を出すようになり、昔馴染みのヤンガーズ一味とも縒りを戻し始めた。

1869年、ジムが彼の兄弟を殺したと想われる人物を撃ち殺しお尋ね者となったため、一家もろともカリフォルニアへ逃亡、1871年息子エド(Ed, 本名 James Edwin Reed)が誕生するが、今度は贋金造りの疑いがかけられたため一家は再びテキサスに戻った。それから2年間仲間と共に家畜泥棒や殺人に手を染め続けたジムに逮捕令状が出されると、ベルは彼に連れられてチョクトー族の居留地へと身を隠した。1873年にジム一味がグレイソン一家(Grayson family)から3万ドルもの金貨を巻き上げた後、2人はテキサスへ帰ったが、既にジムには別の女性がいたためベルは彼と別れて両親の下へ戻った。ジムは別居後も荒事を続け、1874年8月テキサス州パリス(Paris)でかつて友人であった保安官代理ジョン・モリス(John Morris)に射殺された。

ベルは夫の犯罪の稼ぎの恩恵に預かることは無かった。何故なら夫の死後彼女は破産し、かつて2人で買った土地を売ってしばらくミズーリの亡夫の故郷で静かに過ごしていたからだ。1876年には父が亡くなり母は農場を売って再びダラスへ引っ越した。

二度目の結婚[編集]

1880年、32歳(公文書では27歳)のベルはトム・スターの息子である23歳のサム(Sam Starr)と再婚した。しかし1882年7月スター一家は馬泥棒の廉で訴えられた。さる隣人の牧場にはスター一家の馬を売れるようになるまで放してもよい約束だったのだが、スター一家はその牧場に居た別の隣人の馬まで売ってしまったというのだ。11月には起訴され、翌年3月にはアーカンソー州で「ハンギング・ジャッジ(縛り首屋)」として被告人に恐れられていたアイザック・パーカーIsaac C. Parker判事裁判を受けて有罪となったが、初犯である点が考慮され判決は軽いものだった。ベルは2つの懲役6ヶ月、サムは12ヶ月の判決を受けたが、デトロイトの更生施設では模範囚として過ごし、2人の刑期は9カ月に短縮された。

出所後のベルは荒事には関わらずに本を読んだりピアノを嗜むなどして過ごしたが、1886年に2件の犯罪で訴えられた。1件目は農場を荒らした3人組の賊の1人が彼女であったとの目撃によるものだが、証拠不十分で放免となった。2件目は誤って盗難馬を知人に売ってしまったが為に馬泥棒として訴えられたものであるが、こちらも無罪となった。2度目の裁判から家に戻ると、何と夫サムが民警団の待ち伏せを受け大怪我を負っていた。サムは出所後は他の無法者とつるんで荒事に手を染めたために指名手配となっていたのだ。ベルは怪我の処置をしながら自首を勧め、サムはそれに応じて10月に当局に投降した。サムは翌年2月に裁判を控えていたが、12月17日、クリスマス・パーティをしていた友人宅で保安官代理フランク・ウェスト(Frank West)の待ち伏せを受けて従兄弟とともに射殺された。

三度目の結婚、そして急死[編集]

1889年、ベルはサムの弟(貰い子でクリーク族の出身)で15歳年下のジム(Jim July Starr)と結婚した。夫サムの死によってスター一家の所有である保留地(Reservation)のヤンガーズ・ベンド(Youngers' Bend 、名はジェイムズ=ヤンガーズ一味にちなむ)がチェロキーの有力者の手に戻ることとなり、チェロキーの指導者と話し合った結果、ジムとの結婚と無法者を匿わないという2つの条件でベルの所有が認められたからである。

しかしその年の2月3日、彼女は何者かに殺された。友人たちと楽しく過ごした帰りの途中立ち寄った隣家から出た後、彼女は何者かの襲撃を受けて馬から転げ落ち、立ち上がろうとした所をショットガンで肩周りと顔面を撃ち抜かれていた。41歳の誕生日を2日後に控えた日曜の朝の出来事であった。

ヤンガーズ・ベンドの家から2マイル離れたユーファーラ湖(Lake Eufala)の近くに立つベルの墓には「彼の女の死を嘆く勿れ、無用な情けを掛ける勿れ、此処には棺の他に無く、耀き満ちる珠も無し("Shed not for her the bitter tear, Nor give the heart to vain regret, 'Tis but the casket that lies here, The gem that filled it sparkles yet.")」という言葉が刻まれている。もし南北戦争がなければ、彼女はメイ(家庭での愛称)として良家にでも嫁いで平凡な一生を送っていたかも知れない。時代に翻弄された女性の波乱万丈の生涯であった。

ベル・スター殺しの犯人[編集]

容疑者として最も有力なのは、物納小作人の一人であるエドガー・ワトスン(Edger J. Watson)である。彼が実はフロリダの指名手配殺人犯であるとベルが知ったのは土地を貸した後であり、チェロキーの指導者の出した条件を守るためにワトスンとの契約を打ち切ったのだが、彼は土地を手放そうとしなかった。そこでベルは、自分が既にフロリダの当局に居場所を通報した事を仄めかして、どうにかワトスンを別の土地へ追い出すことに成功した。そして事件の朝、ベルが隣家に立ち寄ると客の中に座を立った者がいたが、この客こそワトスンであった。事件現場では彼の足跡が発見され、彼自身もショットガンを所持していたので一旦は逮捕されたものの、傍証となる目撃証言が無かったために証拠不十分として釈放された。ワトスンは事件から21年後の1910年10月24日、フロリダへ舞い戻った際、チェロキーの民警団にショットガンで射殺された。

容疑者には、3人目の夫であるジムや2人の子供も含まれる。娘パールは結婚の計画を台無しにしたりパールの娘を孤児院に預けるよう立ち回ったりした母を恨んでいたし、息子エドは母の馬を虐待した廉で母に牛用の鞭で折檻された際に「殺してやる」と息巻いた事があるという。いずれにせよ、真相は歴史の闇の中である。

ベル・スターの伝説[編集]

ベル・シャーリー・スターはその波乱に満ちた人生と衝撃的で謎に満ちた死から、早くから多くのゴシップや憶測を産み伝説化されてきた。代表的なのはリチャード・フォックス(Richard Fox)の『山賊女王ベル・スター、人呼んで女ジェシー・ジェイムズ ~生き急ぐ女馬賊の真実の全生涯~』(Belle Starr, the Bandit Queen, or the Female Jesse James: A Full and Authentic History of the Dashing Female Highwayman)など。しかし、それらには脚色も多く含まれるため注意が必要である。例えば、以下のようなものである。

  • ベルはかつてコール・ヤンガーの恋人であった。さらに、娘パールの実の父親はヤンガーである。
(二人が子供時代から友人であった所から出た風評)
  • ベルはジム・リードとの結婚を両親に反対され、二人は駆け落ちした。さらに、馬でギャング仲間の元へ向かい馬上で結婚した。
(実際には両親は反対せず、彼を家に住まわせた)
  • グレイソン一家の金貨を巻き上げた時、ベルは男装して共犯者として事件に加担した。
(彼女が事件に関わったという確かな証拠は見つかっていない)
  • ジムの死後、ベルはグレイソン一家の金を元手に子供たちとダラスで暮らした。さらに、上物の衣服や2丁拳銃用のホルスターを身に着けていた。
(実際のベルはジムの死後に破産し、土地を切り売りして田舎で静かに暮らしていた)
  • ダラスでの彼女は酒場で博打や飲酒に溺れ、街中で馬を乗り回しながら拳銃を撃ちまくった。
    あるいは、男装して店に放火したり銀行を襲ったり、銃で脅してポーカーの掛け金を巻き上げたりした。さらに、馬賊を率いていた。
(当時の新聞、報告書、裁判記録などの公的な記録には、これらの事実は見当たらない)
  • ジムの死後、ベルはコール・ヤンガーの係累ブルースとカンザスで一時期一緒に暮らしていた。さらに、1880年に二人は結婚した。
(ブルースとの関係はゴシップの域を出ない。それに1880年6月、彼女が結婚したのはサム・スターである)

ベル・スターに関連する作品[編集]

映画[編集]

  • 『Belle Starr』(1941年/アービング・カミングス監督)

漫画[編集]

外部リンク[編集]